上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年もご注文いただいた方におせちをお届けすることができました。

    15780926_1281217561925182_1086848106006714971_n.jpg


今年は、以前からの念願の風呂敷をおつけすることができました。
昨年たくさんやった、枇杷の葉染めで、淡い紅白。

     15781170_1281217381925200_5982991932701566450_n.jpg


そして、お重も今年は国産杉のものに変更。

     15823395_1281217585258513_1684202217166492658_n.jpg


おせちの内容は、畑でとれたサツマイモや菊芋を使ったり、
白バルサミコ酢のおなますやら、
スーパームーンに収穫された宮古島の月桃の葉でカーサムーチーのようなものを作ったり。
いただいたスペシャルなそれを、フレッシュなうちに使うことができて良かった!
中の羽二重は、砂糖の代わりに米飴で練ってみました。

他にも、限りなく無農薬に近いリンゴづくりに取り組んでいる、青森の神さんの黒豆を届けていただいたり、
以前影絵ライヴをしてくださった影絵師SAKURAさんのご縁で、築地吹田商店の切り絵昆布やとても肉厚の昆布を使わせていただいたり。

昨年もっとこうしたいなと思っていたことが実現できたし、
新しい出会いのものを取り入れることもできたし、
もちろんまた新たなもっとこうしたい!もうまれてきたし、
とても大満足のおせちになりました。

あぁ、とてもここには書ききれないので、興味ある方にはまた改めて。
普段できない、じっくりお料理を捻ったり研究したりするのはとても楽しい時間で、
それもこれも「欲しい」といってくださる方あってのこと。
感謝でいっぱいです。

今年もまた、元気に楽しく、
やっていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします。



【棘の菜食おせち】

今年もあと2ヶ月足らず。

2016年もたくさんのみなさんと、お料理やアロマや音楽や、いろいろなものを通して幸せな時間を重ねて来られました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今年もおせちのご予約受付を開始しました。
ご縁のあった生産者さんより、とびっきりのお野菜や海産物などを届けていただいて、
新しい年の始まりに向けて、心を込めて作らせていただきます。

毎年たくさんご注文をいただいて、全部お受けしたい気になってしまうのですが、
今回は予定数を10セットに区切らせていただいて、
そのぶんじっくり手をかけて作っていこうと思っています。
ご希望の方はどうぞお早めにお申し込みください。

棘の菜食おせち

2〜3人分 6.5寸 二段 12,000円
1〜2人分 6.5寸 一段 6,000円
3〜4人分 6.5寸 三段 18,000円
それ以外の大きさをご希望の方はご相談を。
*12/31 12時から18時まで店頭で引き渡し、代金はその際現金にて
*配送ご希望の方はクール便でお送りします。(到着は31日以降でご希望をお伝えください)
*アレルギー食材対応いたしますので、ご予約時にお伝えください。
*限定10個
*ご予約は12/16締め切り

  IMG_7288.jpg

  10897812_756145134438693_1474174696941731435_n.jpg








今週から、アロマ基礎講座の第一回が始まります。

アロマテラピーを通してみる世界の素晴らしさ、
どこにその最初の一歩を踏み出すか。

ずっと身近にあったものでも、よく知ること、見方が変わることで、突然世界が開けることがあるものです。

私の大きく広がったこの年月のあれこれの、真ん中の奥の奥にすーっと入っていって、
愛おしくなるようなそれを丁寧に差し出すような。
基礎講座の前はいつもそんなワクワクで背筋が伸びます。

5期目となる今年は初めて、夏にアドバンス講座をしたことで、また基礎に戻った時にどんな表現でアロマを伝えることができるのか、とても楽しみにしています。

私自身、アロマを学んでちょうど10年。
最初の説明会で聞いた植物の話に心惹かれ、
タッチの持つ力、
人や植物の根源的なことを体感で伝えてくれた、素晴らしい先生に最初に出会えたことで人生が変わったなぁという思いがあります。

今になって、先生方が当時書いていた本や雑誌の寄稿文を読む機会があると、
さらにうなづくことばかり。
経験のない当時の私は表面的なことをなぞるので精一杯だったけれど、
先生が伝えてくれていた言葉の奥にはちゃんと本質が詰まっていたし、
どこかで感じ取っていたからこそ魅了されたんだろうなぁと、あれから10年アロマと様々な形で接してきて思うのです。

アロマを通して学んだ、世界と接する大切なエッセンス。
それを、アロマの入り口に立ったお一人お一人にどう共有体験として伝えていくことができるかな。
基礎講座がそれぞれのこれまでの人生に重なっていく瞬間に出会えること、
講師というのはとても幸せな時間です。

どの回もまだ空きはあります。
単発でも大丈夫。

ご興味ある方はぜひご一緒くださいね。
お待ちしています。


アロマ基礎講座


全5回
 ① 10/13(木)10:00~12:30頃 10/16(日)10:00~12:30頃  10/25(火)19:00~21:30頃
 ② 10/27(木)10:00~12:30頃 10/30(日)10:00~12:30頃  11/8(火)19:00~21:30頃
 ③ 11/10(木)10:00~12:30頃 11/13(日)10:00~12:30頃  11/22(火)19:00~21:30頃
 ④ 11/24(木)10:00~12:30頃 11/27(日)10:00~12:30頃  12/6(火)19:00~21:30頃
 ⑤ 12/8(木)10:00~12:30頃  12/11(日)10:00~12:30頃  12/20(火)19:00~21:30頃

受講料 各回3,800円 (ハーブティ付き、実習材料費すべて含む)

*できるだけ全5回通しての受講をお勧めしますが、ご都合で受講できない日程もあるかと思いますので、各回または歯抜けでのお申し込みも可能です。(アロマとは、精油とはをお話しする初回は、できれば受講していただけるといいなぁと思います。)
*同一回の火木日は同じ内容になりますので、無料で振替していただけます。また、次回以降の基礎講座で振替していただいても構いません。
*受講料は毎回講義の際に現金にてお支払いください。

     
     14611000_1195001190546820_1436952842061620236_n.jpg



夏真っ盛り。
棘の畑は、忙しくしている間に背丈近く草がボーボーになってしまいましたが、
そんな草の中でもトマトやオクラなど、美味しくできてくれていて感動。
草と共生という自然のやり方が少し納得いった気がしました(とはいえ収量とるならもう少し草刈しないとだめですが・・・)

秋からの棘の講座の日程と内容のご案内です。

みなさんといっしょにやりたいこと、勉強していきたいことがたくさんで、わくわくしています。
どうぞご参加お待ちしていますね!




つきいち講座

8月 「女性のトラブル 夏の冷え」 
   夏の終わり、体をしっかり整えて、来る秋冬への体づくりの準備をアロマやハーブでしていきましょう
     <実習> 目的に合わせたインフューズドオイルづくりとその活用法
  8/18(木)10:00~12:30頃  8/25(木)19:00~21:30頃   8/28(日)10:00~12:30

9月 「香のたしなみ」
   日本は古来より香道という、香りを楽しむ文化がありました。そんな歴史とともに手作りのお香を楽しんでみましょう、
     <実習> お香づくり
  9/15(木)10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  9/25(日)10:00~12:30頃

10月「植物の色の不思議」
   植物の色はどんなふうに生み出されるのか、科学の世界をちょこっと覗いてみようと思います。
   昨年できなかった琵琶の葉染めも。楽しみです。
     <実習>   琵琶の葉染め
    10/6(木)10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  10/9(日)10:00~12:30頃

11月「新しい精油 珍しい精油の世界」
   アロマの広がりとともに、新しい技術によって抽出された新しい精油の世界や、珍しい植物の精油などご紹介していきます。
     <実習>   目的に合わせた香りのスプレー作り
  11/17(木)10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  11/20(日)10:00~12:30頃

12月「Herb X'mas Party」
   一年の終わりに。ハーブを使った食卓で,、楽しい時間を過ごせたら。
     <実習>  レモングラスのしめ縄づくり
  12/15(木)10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  12/18(日)10:00~12:30頃

1月 「足のセルフアロマトリートメント」
   プロに受けるトリートメントもいいけれど、自分で自分を慈しむ時間は大きな回復をもたらしてくれます。
     <実習>  セルフアロマトリートメント
  1/26(木) 10:00~12:30頃  19:00~21:30頃   1/29(日)10:00~12:30頃

2月 「ハーブの力」
   2017年はハーブの基本を一つ一つ丁寧に、シリーズでお伝えしていけたらと思います。その第一回目。
     <実習>  ブレンドハーブティづくり 他未定
  2/23(木) 10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  2/26(日)10:00~12:30頃

3月 「春の野草料理」
    昨年とは少し時期を変えての野草お料理教室。また違ったお花や植物を使って楽しくお料理してみんなでいただきましょう。
     <実習>  お料理
  3/23(木) 10:00~12:30頃  19:00~21:30頃  3/26(日)10:00~12:30頃

*一回ごとのお申し込みが可能です。
*各テーマ 3回の開催の内容は同じものとなります。ご都合に合わせてお申し込みください。
*講座代 3500円 (お茶つき)
*お申し込みはお電話またはメールで(メールでお申し込みの方は
当日ご連絡が取れるお電話番号も添えてお申し込みください)。
yakusoulabotoge@live.jp 052(880)7932
*講座代は当日現金でお支払いください。
*キャンセルは、皆様楽しみにしてくださってる中のやむを得ない事情かと思いますので、
今のところは特にキャンセル料はいただいておりません。


13754449_1121372817909658_7325617771080117112_n.jpg


12046686_886397584746780_4951935175369006228_n.jpg


12373385_988486744531600_8404386970603763328_n.jpg


1931227_988486801198261_3614523379747992692_n.jpg


14040149_1036543076398896_8593236187959920408_n.jpg


13912312_1036543156398888_4113438296686613895_n.jpg






秋のアロマ基礎講座

棘のアロマ基礎講座です。
精油をいい香り~で終わりではなく、そこに込められた植物の持つ力を日常に幅広く生かしていけるようになれるように。
また、植物など他の生き物にたいして、自分自身に対して、
アロマテラピーの視点に立つことによって、世界とのつながり方が変わってくる。
そんな講座にしていきたいと思っています。
新しく扉を開けるみなさんの、感動や驚きにともに接することができることを、毎回幸せに思っています。
この秋はどんな時間になりますか。
どうぞご参加お待ちしています。

全5回
 ① 10/13(木)10:00~12:30頃 10/16(日)10:00~12:30頃  10/25(火)19:00~21:30頃
 ② 10/27(木)10:00~12:30頃 10/30(日)10:00~12:30頃  11/8(火)19:00~21:30頃
 ③ 11/10(木)10:00~12:30頃 11/13(日)10:00~12:30頃  11/22(火)19:00~21:30頃
 ④ 11/24(木)10:00~12:30頃 11/27(日)10:00~12:30頃  12/6(火)19:00~21:30頃
 ⑤ 12/8(木)10:00~12:30頃  12/11(日)10:00~12:30頃  12/20(火)19:00~21:30頃

受講料 各回3,800円 (ハーブティ付き、実習材料費すべて含む)

*できるだけ全5回通しての受講をお勧めしますが、ご都合で受講できない日程もあるかと思いますので、各回または歯抜けでのお申し込みも可能です。(アロマとは、精油とはをお話しする初回は、できれば受講していただけるといいなぁと思います。)
*同一回の火木日は同じ内容になりますので、無料で振替していただけます。また、次回以降の基礎講座で振替していただいても構いません。
*受講料は毎回講義の際に現金にてお支払いください。


12687812_1014855048561436_8662941783153173194_n.jpg


11159459_882586551788287_1716058567173901769_n.jpg


13895314_1036543083065562_9207898841550080524_n.jpg


8/8から始まりました、いわまともこさんの 絵本「スクナの森」展が、本日最終日となります。

真っ白な紙に映し出されたスクナのものがたりが、この棘の空間に置かれることで、
瑞々しい呼吸をはじめたような。

時間をかけて大切に紡ぎだし、
そしてそれをたずさえて人々のもとへそっと送り出していく。
作者のいわまさんのスクナの森に寄せられる丁寧な愛情と信頼を私も受け取って、
今回そこに参加させていただけたことをとてもうれしく思います。

13903343_1132337660146507_5533213926811212094_n.jpg


今回は棘とのコラボとして、
絵からイメージされる香りをひとつひとつ添えさせていただきました。

絵とともに香りがその世界をこちら側にふわりと届けてくれて…
とても豊かな場ができあがりました。

     13912860_1132337630146510_7083684392282047990_n.jpg



そして、会期中8/11の山の日には、
幻灯朗読会と題しまして、スクナの森の朗読会が行われrました。

大きなスクリーンに映し出されたスクナの森。
そしていわまさん自身によって発せられる言葉。
そして私、棘店主により、場面ごとに香りを漂わせ、
作中の歌を子どもたちが歌ってくれて。

光をとらえる目と、
香りを感じ取る鼻と、
そしていわまさんの確かな声という音と、

まさに五感で味わうスクナの森、
目だけで滑るように紙を追って読むのとはまた違い、そこにいる人たちすべてが一体となり、その世界を受け取ることのできた特別な時間となりました。

第二部では、作中歌を担当してくれたスクナの森音楽隊による夏の歌。
大人の一歩手前の少年たちの歌声は、
本当に一瞬神様が与えてくれたような、曇りなくまっすぐにお空に届くようで、
その歌声だけで心が振るわされるようでした。


     13882098_846885432112680_1861697006763533350_n.jpg



そしてもうひとつ、
ガラス棚にひっそりと飾られた鉱石たち。
外国のものに混ざって、いわまさんご家族自ら愛知や岐阜など近郊で採取してこられたものも。
こんなに美しいものが、この足元の大地に隠されているなんて、本当に驚きでした。


     13886249_1137129526333987_4047881120269105651_n.jpg



いわまさん自身の手によって紡ぎだされた「スクナの森」という絵本は、
ご本人が言われていたように、誰しもの共有意識にあるもの。
そこに響いて、伝わって、伝わり広がった先でじわりじわりと変化が起こったらいいな。
ご自身のペースを出ない足取りの中、丁寧に差し出していくやり方が朗読会、第二部の歌の会、そして一緒に飾られた鉱石たち、すべてに通じているようで、

そう、私たちは、自分の歩みの範囲の中で、遠いところまでちゃんと伝わっていくことを信じていかなくてはいけない。
そのことをとてもとても思いました。

みなさんの中にはどんなものが響いたでしょうか。

本日18時までです。




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。