いやいや、テレビを観たという方からたくさんメッセージなどいただきました。
ありがとうございます。

 私はまだ番組を観ることができていないので、果たしてどんなふうに映っているのやらなんですが、
お問い合わせいただいたりお食事しに来ていただいた方々が、とっても期待に胸膨らませていらっしゃることを思うと、よい感じで映してくださっていたのでしょう。感謝です。
早くどんな感じか観たいものです。


 今日は立春ですね。

 私は最近本当に春が待ち遠しい。
冬も長くなってくると、「この世界には植物が溢れていて、右を見ても左を見てもその息吹にとり囲まれてもう幸せ!」という、他の季節があったことなど忘れてしまいそうになるのですが、

 冬至から確実に日は長くなり、地面は確実に温められ始めていて、春の準備は進んでいるのだということにここ数日ハッと気がついて、うれしいうれしい。

 ここのお庭も2年目になる今年は、ハーブを使った講座などいろんなことをしていきたいなと思っています。


 さてさて。

 立春も迎え、ここから棘で行われるイベントは小さな春を感じるようなものばかりです。
街中であったとしても、そっと耳を済ませ、目をこらし、その息吹を大切にすくいあげるような、そんな時間を皆さんと共有できたらと思っています。


 2月はこちら。



 棘茶会

 1月のケルティックハープの演奏会で素晴らしいお料理を担当してくれた、今村桂子さんによるお茶の会です。

茶道に日常的に縁がある方はそうは多くはないと思います。
だから何となく手が伸びない、というかたも。

そんな方はぜひこの会にご参加してみていただいたらいいと思います。
この世にお茶という世界があることを知ってみると、本当にこの世界や時間の見え方が変わり、
おおげさじゃなくうっとりと幸せに生きていく一つの手段を知ることになると思うのです。

なんて、私は全然茶道には詳しくないです。
ただ桂子さんのお茶会に一度出ただけです。
そのたった一度のお茶会が、今も今も毎日の瞬間にとっても影響を及ぼしていると思います。

畳敷きの和室でもない、丸太をそのままでんと利用した森の中のカフェで行われたそれは、決めごとだらけなんて先入観の入りこむすきはどこにもなくて、お茶の真髄だけがまっすぐに伝わるようなものでした。

窓からのまばゆい光に
まっすぐに湯気が立ち上り
窓の外にはハラリハラリと落ち葉が舞い降りていて
茶筅のシャシャという音や、柄杓で湯を注ぐチョボチョボという音

この場所は確かに世俗のいつもの場所であったはずなのに、
お茶を頂くという時間のためだけに用意された時間と空間は、
全く生活のどこからも切り離されて美しく中に浮いているような、
うっとりとこの世の美しさを感じるような時間でした。

     123.jpg

     IMG_4412_convert_20120204202751.jpg

     IMG_4417_convert_20120204202555.jpg

     IMG_4423_convert_20120204202728.jpg

     IMG_4426_convert_20120204202450.jpg

     IMG_4432_convert_20120204202634.jpg
     * 写真:穂高養生園キトヒトカフェでのお茶会の様子



場所があって、
お茶をふるまうという純粋な時間がある。
  

いろいろな場所で行われるそれは、その場所その場所、そしてその人たちに中にいつでもあるはずの美しいものを浮かび上がらせて、皆で共有するような、そんな会なのだと思います。


棘で初めて行われる今度の茶会は一体どんな時間になるのか。
お時間のある方はぜひご一緒に体験しましょう。

桂子さんの言葉でのご案内を載せておきますね。
桂子さんのブログではフランスでの茶会の様子なども書いてくださっていますので、ぜひぜひそちらも読んでみてください。

 
  棘茶会

茶の湯はおもてなしの心や気くばりを大切にした素晴らしい日本文化のひとつです。

お茶やお菓子のいただき方、簡単な茶文化のお話も交えながら、初めての方、初心者の方も楽しんでいただけるお茶会にしたいと思います。

茶道と聞くと敷居が高いとなかなか手を出せないでいる方も、日頃のちょっとした作法のもとを見つけていただけるかもしれません。お抹茶と手作りの身体に優しい和菓子をお出しします。
日常とはちょっと違う空気の中で、すっとした気持ちいい時間を過ごしてみてください。

 
 
   日時:2月28日 火曜日 19時~21時

   参加費:2200円(お抹茶・お菓子付)
   
   持ち物:ある方はお懐紙(ない方はこちらで用意します)
        きれいな靴下か足袋
     (できれば白がいいですが、なければ何でもいいです。お座敷にあがる時にお使いください。)

    ☆服装は何でもいいですが、ゆとりのあるパンツやスカートの方が足が楽です。
     お着物での参加も大歓迎です。

   定員:10名(5名に満たない場合は日時を延期させていただく場合もございます)
   
   
    ☆要予約:棘または桂子さんまでお願いします。


   

  表千家講師 今村桂子

IMG_4431_convert_20120204202358.jpg


愛知県生まれ。
学生時代からフランスと食に興味をもち、フランス留学により日本の素晴らしさも再確認。
茶道を心のよりどころに、日仏の昔ながらの良さを食にも暮らしにもいかしていきたいと思う日々。
いくつかの飲食店の経験後、「ティス茶房」を名古屋で友人と営む。
その後長野のオーベルジュ、名古屋の和食店、安曇野のホリスティックリトリートの宿の料理担当、箱根の料理旅館の板前などと料理を続けつつ、自然の恵みをありがたくいただける、身体にも優しいおもてなしをしたいと料理も場所も模索中。

桂子さんブログ 和敬清寂 http://tijs777.blog.fc2.com/











スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/96-c3bbce2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)