上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 温かな想いとワクワクを持ち寄ったなら、そこには天使が宿る。

 そんな気がしました。

 
 1/21(土)やなぎのなみだによるケルティックハープの演奏会と、今村桂子さんのお料理会、「新春を祝う宴」が行われました。

 本当に様々なつながりの方たち、やなぎのなみださんのお友達、桂子さんのお友達、私のお友達、そして常連のお客さんや、棘での催しに関わってくださってる方たち、初めて来てくださった方・・・
きれいにいろいろいろいろ。

 そのいろいろなみなさんで、新春を祝う宴をかこんで、そして、みなさんで音に耳を澄ませたのです。

 私と桂子さんとやなぎのなみださんの小さなワクワクで始まったそれは、集まったみなさんのワクワクでさらに大きな波を起こして、そして、天使が宿ったのだと思います。

 まずは桂子さんのお料理。
お品書きを読んだだけでヨダレがじゅるり。
お野菜はほとんどがおうちで育てたお野菜。
そしてお魚は直前に見て選んだもの。
(普段の棘は動物はお出ししていませんが、和食の世界に通じ、美味しいお魚とその扱い方を心得ている桂子さんですので、特別に動物も)
なのでメニューも直前まで確定していないのでした。

     IMG_0094_convert_20120125205602.jpg


     005_convert_20120125202128.jpg

     IMG_0101_convert_20120125205525.jpg

     IMG_0102_convert_20120125205449.jpg


     002_convert_20120125201948.jpg


 そして、私はお酒は全然わからないので棘では普段お酒は全く扱っていないのですが、
お酒の美味しさをよく知っている桂子さんのプロデュースですので、この日はお酒も登場しました。

     IMG_0095_convert_20120125205656.jpg


 桂子さんのお料理は、毎回口にするごとに「あぁ~、違うなぁ」と、その深さにため息ついてしまうのです。

 とってもシンプルだけど、少し小ワザが効いていて、それが尖りすぎたり主張しすぎずあくまでそっと。
まさに上等の茶道具に見られるような、「ちょっと可愛らしい遊びを盛り込んだ」みたいな心くすぐる感じなのです。
  
 お料理ってその人そのものが出ますね。本当に。気をつけなくっちゃ。







 もうこのお料理だけで皆さん満足の満足の大満足なのがひしひしと伝わってきたわけですが、このあとはケルティックハープの演奏。

 着物に袴をしめ、おもむろにライトの下に現れた澤田さんは、まるでまるで、本当に熱田神宮の森の中からやってきたかのような、神性を感じさせました。

     010_convert_20120125202333.jpg


 生で伝わるハープの音は、ちょっと耳を澄ます、くらいで聴く感じです。(決して小さくて聴きづらいということではなく、ハープの音色の特性上です。)

     012_convert_20120125202853.jpg


 耳をすませて音を聴く。というのは、ライヴ!というのではあまりないんじゃないかと思うのです。
たいてい、しっかり聴こえるように音響は調整してあって、右をむいていても左をむいていてもぐんぐん音が入ってくるというのが常だからです。

 でも、耳を澄ませるというのは、聴く側にどう向かい合うのかを要求されるという感じがあって、いってみれば
音を奏でる側、そして聴く側、双方が同じだけの努力を持ってその演奏会が成り立つというのか。
努力というのがあまりいい言葉でないなら、一緒に音を見守るというのがよいでしょうか。

 そんな風に進んでいった演奏会は、一曲一曲重ねるごとに、会場全体が温かい何かでひとつになっていく感じがして、これは決して錯覚ではないと思います。

     008_convert_20120125202213.jpg




 お伝えしていたように、この日の演奏は、この日のために熱田神宮の特に清水社からインスピレーションを受けて作ってくださった曲を演奏してくださいました。
曲目の一つ。「椿姫」

 演奏会の数日前に熱田神宮を参拝した私。
あいにくもう椿の花は落ちていませんでしたが、
清水社は美しい清水が湧き出ており、この日はイチョウがハラハラと散らばっていました。
その光景を目に浮かべながら・・・

    1.jpg

     4.jpg
     
     3.jpg

     2.jpg





 そして、詩吟をやっていらっしゃるご主人のコボさんの歌声も。
澤田さんの世界にこれほどあった歌声があるのかと。
ある人の世界を表現するのに、一番近くにいる人が一番ふさわしかったというのは本当に驚くことで、パートナーってそういうことなんだなぁ・・・と、すごく感心してしまったり。

     015_convert_20120125202551.jpg






 やなぎのなみだの澤田さんは、数年間は演奏活動を控えていて、内側にこもっていたといいます。そしてこの演奏会の前くらいから少しづつ外に向かって開いていくのを感じ始めていて、そのタイミングでの棘での演奏会でした。
 
 やみくもにただただ呼ばれれば演奏する。のではなく、「自分の内側と対話し、外に向けて音が出てきた時に初めて演奏会というものを行う。」という、真摯にご自分とご自分の音に向き合っておられる彼女の奏でる音は、聴く者の心の一番神聖なところに真っすぐに届く音でした。

 演奏会に参加してくださった方何人もが、感想として「お人柄が表れる演奏でした」とおっしゃっていました。

 本当に私もそう思います。


 新年はじめの棘のイベント。

 すばらしいものになりました。



 
 桂子さん、やなぎのなみださん、お手伝いしてくれたノリちゃん。
来てくださった皆様。
本当にありがとうございました。



今村桂子さんブログ 「和敬静寂」 http://tijs777.blog.fc2.com/

やなぎのなみだHP   http://homepage3.nifty.com/muscat/saille/index.htm 



 

 
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/94-3738b725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。