上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新潟から、谷帽子の谷さんがやってきました。

新潟の仲良しのお友達から、「谷さんってとってもステキな人のおうちに行ったの。まさに用の美って感じでね…!棘のイメージがすぐ浮かんだの! おつなぎしたいなぁ」と興奮気味のメールがあり、
そしてつづいて、谷さんに棘の話をしたらぜひ行きたいって。って。

静岡の展示の後、金沢へ行く途中、名古屋に足を延ばしてくださいました。


 「帽子屋さん」ってかわいい言葉。
そのまさに絵本に出てきそうな「帽子屋さん」は、「谷です」と顔いっぱいの人懐っこい笑顔で現れました。

 その人懐っこい様子のまま、お店を「へ~素敵だなぁ」なんて楽しそうにうろうろされたあと、
そんな流れのまま、静岡どうでした?なんて話を振ると・・・、
静岡や静岡の展示会がどうだったか、ではなく、その滞在での自分の心の動きだけを静かに丁寧に丁寧に説明してくださいました。
私はそれにちょっとびっくりしました。

 あぁ、この方はけっして予定調和で生きてる人ではなく、自分の内面を見つめて表現する人、物を作る人だなぁと。
そのやりとりだけですっかり彼の作るものを信頼する気持ちになりました。


 谷さんの帽子。

柳行李から次々飛び出す楽しい帽子。
本当に絵本に出てくるみたいな帽子屋さん。
大はしゃぎで片っ端からかぶる私たち。

     111122_1017~01


 彼の帽子はまず面白い。楽しい。
そして、その次に考えられたデザインやステッチや、空気穴などの工夫に感心し、
そしてそして、並べてある時には何か「作品」のように見えたそれが、かぶってみるとすっとなじんで顔をとっても美しく見せてくれる。

     111122_1019~01

     111122_1031~01

     
それはとっても土や自然によりそっているのに、洗練されているのです。
この帽子ならどんな服を着ようかな、そして靴は?バッグは?
すごく心がワクワクしてくる。オシャレってとっても楽しくて、自分をそして自分の日々を大切なものに変えてくれるそんなことだったって思い出させてくれるような、楽しい楽しい帽子でした。

     111122_1024~01

     111122_1020~01

     111122_1014~01


 母と私は選びに選んだ末、一つづつ帽子を注文。
次の展示会で売れ残ればそのまま回ってくるし、売れてしまったら作ってもらう。

 いつ届くのかなって楽しみ楽しみ。


 せっかく街に来たから生地屋さんに行きたいと言われたので、私もまだ噂にしか聞いていない「布伝説」というお店をお教えしました。
意気揚々と出かけて行って、そして帰ってきたかと思ったら・・・二階に籠ってドンドンドンドン。
1時間ほどしておりてきたら、「これどうぞ」と。
布伝説で買ってきた革を使ってコースターを作ってプレゼントしてくださいました。

     111122_1638~02

えぇ~!って。こんなすてきなコースターみたことない。
ビックリするやら感激するやら。
もう本当に本当に、作ることが好きなんだなぁ、と、また感心。


 谷さんの帽子展、ぜひやりたいな。

 新潟のお友達いわく「仙人みたいな、会った人みんな大好きになってしまうような」谷さんとその帽子に出会う会をこの棘で開けたら素敵だな。

 また新しいワクワクが浮かんできました。

 ぜひぜひスケジュールを調整して谷さんの帽子ともちろん谷さん本人にも来てもらわなきゃとたくらみ中、どうぞお楽しみに。

 
   谷さんブログ 「五大の響き」


 

 

 
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/82-52c084bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。