上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 暑い暑い7月半ば。
私は東京に行っていました。

高尾の7月はまぶしい。
昨年と同じ場所。

えみおわすの自宅展です。
(この後、岡山へ引っ越してしまったので、これが高尾で行われる最後の展示会でした。)

えみおわすとは、、なんでしょうか。

HPの説明にはこうあります。

~えみおわすは自然素材と手仕事にこだわった服屋です。
 タイ北部の小さな村で作る草木染め、
 手織りの木綿布を使った
 手縫いの洋服やバッグやストール。
 インドヒマラヤ地方の手紡ぎ、
 手織りのショールなどを作っています。~


まぶしいまぶしい高尾の日差しを手でさえぎりながら、バスを降り、テクテク歩き、
ある小さなおうちにたどりつきました。

     110717_1041~01

     110717_1126~01


新宿からかれこれどのくらいかかったかな…って思うような辺鄙な場所にも関わらず、たくさんのたくさんのステキな雰囲気のお客さんが次々次々やって来て、あっという間にわいわいわいわい。

     110717_1101~02

     110717_1102~01

     110717_1103~01


 えみおわす市

世の中には布に魅せられてしまう人というのがいます。
洋服のデザインとか、柄とか、そんなんじゃなくて、布そのものに。

えみおわすの服は、
私たちが普段なじんでいる「服」という概念をもう一度考え直したくなるような、そんな特別な気配を放っています。

動物である私たちが、生きて、食べて、空気を吸って、そして、植物からできた何かを身にまとう。
例えばそれだけの存在だとしたら、その身にまとう何かは、きっと体の一部であり、自然の一部であり、それらを繋ぐ大切なものだと思うのです。

 そんな気にさせてくれるような、そんな布、
そして、布の持つ力を理解しているからこそ生まれるそのデザイン。

 用の美という言葉がありますが、そんな言葉がピッタリあてはまりそうな。

 それそのものであることはなんて美しいのだろうって。


 そんな衣服を身につけて暮らせる幸せ。

 えみおわすに出会うということは、そんなことです。

     110719_1123~01





 実はえみおわす、直樹君とは高校の同級生です。

 穏やかで優しくて趣味のよかった男の子は、15年ぶりに再会したらもっともっと別の何かを身につけていました。
 それはさながら高い高いところに登って柔らかな先をこちらにユラユラ垂らしてくれる、小さなクレマチスのような蔓の植物みたいな。
 近くにいて言葉を交わしているだけで、何だか自分がいいものになったような、そんな優しい気持ちになるのです。

     100716_1409~01

     100716_1414~02
(上の2枚は昨年の自宅展の時のもの。お料理する直樹君。
 ランチは優しく深い野菜の味がとってもおいしかった。)




 えみおわす。

きっとその優しい名前を聞いたこともある人はいるのでは。


 展示会は東京と京都で定期的にやるほかは、まれに地方でやることもあるけれど。
名古屋は初めて。
東海地方は初めてです。

 お互い名古屋を離れて得たものを、ひょんな再会から何かが始まって、
そしてこの棘という場所でそれを持ち帰ることができた。
そんなことができたことを本当にうれしく思っています。

 えみおわす展。

素敵なお洋服や小物がいっぱいです。
ぜひぜひ足を運んでくださいね。

    蜀咏悄+3_convert_20110916014419

    蜀咏悄+4_convert_20110916014446

  
 えみおわすHP

  えみおわす 薬草labo.棘を紹介してくれてる記事

 

********************************************

えみおわす展

9/23(金・祝)~10/2(日)
 23・24・25は直樹君も在廊です。ぜひぜひお話ししてみてください。

会期中 無休
金土日は営業時間を11:00~20:00まで延長します。
ランチ営業は限定12食。お席も少し少なくなりますので、心配な方はご予約して頂くことをお勧めします。
また、平日ランチは通常通り前日までのご予約でお受けいたします。
















 

 





スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/60-90783e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。