宮城愛さんという、一人の女性の歌が、

 この、棘という名前の、この場所を満たしていました。

 棘ができて4カ月。

 ここを好きになってくださって、ここの場所に足を運んでくださっているステキな人たち。

 この場所ができたからこそ知り合った人たち。

 昼または夜 この場所に身を置いて、彼女の歌声に満たされた空間で、確かに誰もが心を揺らしていました。
 たくさんの人の涙を見ました。


 おひさまの光の中で
お庭の緑は信じられないくらいに光を放ってチラチラと揺れ続けていて、
たくさんのチョウチョや蜂やセミや鳥や、
たくさんのたくさんの生き物が集まってきて、
それは本当に楽園でした。

     ___10003.jpg

  ・・・ 愛と感謝の心ひとつに 生きる喜び あふれる笑顔 ・・・



 夜の光の中で
自分の心と、歌う彼女の姿しかこの世にないんじゃないかと思えるくらい。
暗闇に浮かび上がる歌声。
温かさ。

     ___30001.jpg
 
 ・・・空に瞬く星は 数えれば数えられるけれど あなたがくれた愛は 数えきれなくて・・・


 
 お友達と、両親に捧げます。

静かにそう言うと、彼女はしっかりとご両親の目を見ていました。


 前日に初めてお会いした愛ちゃんとご両親。
本当に本当に何の距離もないまっすぐな笑顔で私に笑顔と言葉をかけてくれました。
そして、たくさんの贈り物。
自然農で作られた信じられないくらい立派なお野菜たち
そして、徳島の黒潮町で作られた、加熱処理を一切せず、天日だけで一日に二度手揉みを繰り返し作られたというお塩。

     110730_1727~01


このお野菜を使ってお料理を作らせていただき、
また、お塩は、おむすびにしました。
エミちゃんの結んだおむすび。
一口食べて思わず顔をあげて一呼吸おきたくなってしまうほどに美味しかった。

     110730_1237~01

そのままみなさんと夜を過ごし、朝を過ごしました。

     写真+3


しっかりと見る 優しい言葉をかける そして触れる
家族のあり方。

例えば、もしかしたら、家族というものは、こんな風にものすごく強くて確かな何かを与えあえる、
そんなものとして、とてつもない機能を果たすのかもしれない。

なんだか、ちょっとびっくりしてしまいました。

きれいな言葉ではいくらでも言われていることですけどね。

それを目の前で見て、本当だったのかもしれない。
なんて、呆然と思っていました。


オブリガードタイムよ!と明るく笑いながら、
宮城家のみなさんは、朝早くからあちこちピッカピカにして、
ピッカピカの笑顔で小さな車にみんなで乗って、次の場所に旅立って行きました。

     110731_0900~02



  everything's gonna be alright

  everything's gonna be alright

優しくうたう彼女の声が、まだ体や心のあちらこちらに残っています。

     110730_0917~01






スポンサーサイト
  
コメント

みわちゃん。

読んでるだけで いろんなことを感じました。
しっかりと見る やさしい言葉をかける しっかりと触れる・・・

わたしもそんなひとでありたいと
心からおもいました。

どうもありがとう。
花│URL│08/15 13:45│編集
花ちゃん
 ありがとう。

しっかりと見る やさしい言葉をかける しっかりと触れる・・・

 きっと簡単なことだよね。きっと。きっと。

 そして、それができたらもう絶対に大丈夫たと思うのです。
薬草labo.棘│URL│08/20 19:38│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/47-ccd45e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)