FC2ブログ

9/18 漂いの調べ

   tadayoi_no_shirabe.jpg
↑photo by 篠原智之


私たちの瞳が、脳が、経験が、
分かりやすく見せている世界を超えて、奥の奥へ。

音、薫り、炎の揺らぎと揺れる影、
暮れゆく刻の速度の速さ、
それらを丁寧に丁寧に重ね合わせることで、
初めて姿をあらわす世界へ。

西森さんの奏でる音は、曲であるけど曲ではなく、
歌と伴奏というのではなく、
体内を確実に揺らすピアノという豊かな楽器の音色と、
ヒトという、制約を抱えた存在の放つ声という音色と、
それらが不思議な化学変化を起こすようです。

漂い -- ただ、良い

奏でられる音は私たちを誘い、そして、ヒトである哀しさを赦してくれる。

音に身を浸し、
薫りを感じ、
各々の内側を慰める香り(香水)を作り、

その頃いつの間にすっかりと日が暮れていて、
おもむろに灯されるキャンドル、
切り絵の影の表情が変わる。

そして再び音に誘われる。

素晴らしい刻になりました。

  39985647_1908764592503806_7584128816931405824_n.jpg


漂いの調べの音をイメージして作ったお茶のブレンドは、
ジャスミン
カモミール
マーシュマロウ
エルダーフラワー

柔らかく柔らかく、
そして軽やかに許されて浮かんでいくような。

  39953546_1908765172503748_804794407898316800_n.jpg


そしてマロウとジャスミンの冷たいデザート。
移りゆくマロウの青を閉じ込めたかったけれど、
やっぱり移ろっていってしまう。
ほんのり赤紫のゼリーに。
あぁ、
時を止めることはできないし、瞬間で定義してしまうことなんて何もできないんだ、と、
おやつを作りながらすでに始まっていました。

Masaqi さんも、漂いの調べをイメージしたオリジナルキャンドルを。
心の内面が混ざり合ったような色合いが四角に閉じ込められて、
3つの炎で解き放たれる。
どんな想いが込められていたのかな。

  39883579_1908764679170464_1150872581868355584_n.jpg


そして、いわまともこさんによる切り絵モビール。
旧暦七夕、星を見上げるような。
あちらの世界と影が通じるような。
打ち合わせでカササギ と名前が出て、銀河鉄道の夜をお互い思い浮かべていたのですが、
それを知らないはずの西森さんが、流れる奏での途中に、宮沢賢治の星めぐりの歌を歌われて、
あぁ…となりました。

  39952085_1908764775837121_3283251001687015424_n.jpg



お越し下さったみなさま。
西森さん、masaqiさん、いわまさん。
そして、大阪から駆けつけてくださいました、
イメージphotoを快く引き受けてくださった、写真家、卉奏の篠原さん。
ありがとうございました。

モビールはそのまま棘でお預かりして、販売しております。
ぜひ揺れる姿を見にいらしてください。


そして、イベントのために書き下ろされた、西森千明さんの「漂いの調べ」
西森さんのHPでしばらく全曲聴いていただけるそうです。
当日録音されたものです。
こちらからどうぞ。
http://chiaki-nishimori.info/archives/1319




  39944344_1908764939170438_529228356999184384_n.jpg


   39942254_1908765072503758_8026766080577896448_n.jpg


  39883541_1908765155837083_5332302494708006912_n.jpg

 
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/385-ad358a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)