4年ぶりに棘でバーンロムサイ展を開催することになりました。

第一回目の展示がとてもよかったので、またぜひ!と思っていながら、出産などを挟み早くも4年も経ってしまいました。
以前の展示のことをご存じない方もいるかと思いますので、改めてご紹介させていただこうと思います。

バーンロムサイは、タイ・チェンマイにあるエイズ孤児院です。
日本人の名取美和さんという方が、エイズで親を亡くし自身もHIV感染している小さな子供たちを受け入れて、1999年に始められ、今年で17年にもなります。
院の運営資金を寄付だけで賄うのではなく、また、こどもたちにお金はただもらえるものではないということを見せるために、手仕事のプロダクツを販売、
さらに2004年には隣接する地に素敵なプール付きのゲストハウスができあがりました。

まだまだ差別や偏見のあるなかで、子どもたちが大人になって社会に出ていく、そのプロセスを大切にしているからこそ生まれた様々なものたち。
多様な仕事を知ること、そして希望すればそこで働くこともできる。
名取美和さんやスタッフの皆さんの、親のような愛情がたっぷり詰まった場所なのだと思います。

もともとアンティークの買い付けなど畑違いのお仕事をされていた美和さん。
彼女の手がけるバーンロムサイのお洋服や小物たちは、タイのまぶしい太陽を思わせる色彩にあふれた本当にセンスの良いものばかりです。
(棘を始める前に初めて六本木の展示会に行ったとき、あまりの素敵さに「会場ごと買い占めたい!」と気絶しそうでした。)

タイの少数民族の古布を使ったお財布やポーチ、その色の配列。
シンプルだけれどさらりと気持ちよく、さらにきれいに着られる工夫が凝らされているお洋服。
デザインから縫製まで、丁寧に子供たち同様愛情を注がれて作られているのがよくわかります。
ぜひゆっくりと見に来ていただけたらと思います。

そして、お二階の展示室では、チェンマイのバーンロムサイの様子や美和さん、スタッフさんのインタビューなど、40分程度の映像作品を常時上映しています。
こちらもとても見ごたえがありますのでたくさんの方にみていただきたいです。
(二階に小さなテーブルとイスも設置していますので、注文されたお茶などを飲みながら見ていただくこともできるようにしたいと思っています。)

私自身、第一回目と二回目の間に子供を授かり、
いま改めてバーンロムサイのことを見ていったとき、
ピッカピカの魂で生まれてくる子供たちが、例えば両親が亡くなって、自分もすでにウィルスに感染していると考えるととても悲しい気持ちになります。
どんな子どもたちも幸せで、輝く将来をもって育っていってほしい。
子どもは未来で希望そのもの、心からそう思います。

バーンロムサイのwebsiteには、「買って支援 泊まって支援」という言葉が書かれています。
確かに遠い海のこちら側の私にも、何か応援してるよ、というささやかなことができたなら。

そして支援ということでなくても、小さな子供たちが元気なって、自分の人生を生きていくことができる、そういう温かい場所で生み出されたものを手にすることができる、ということだけでも、こちら側にとってもなんて幸せなことだろうと思います。

愛情込めて作られたお野菜やお米に力をもらえるように、
愛のやり取りの中で生み出されたお洋服や小物たちを身に着けることができたなら。

たくさんの方に届きますように。

どうぞお運びお待ちしています。



150410DSC_4772.jpg

バーンロムサイ展
7/1(金)~7/10(日)
11:00~18:00
期間中無休
*最終日7/10(日)は午前中アロマ講座のため12:45オープンとなります。
*7/7(木)は18時よりコトリネLIVEのため、早めに一度閉めさせていただきます(詳細はまた後日)
*期間中のランチは棘風タイカレーを中心としたものとなります(こちらもまた詳しくお知らせします)。

期間中無休ですので、水木日で普段来られない方もぜひお待ちしています。

BAN ROM SAI

2012年の第一回のバーンロムサイ展の記事(プロダクツは今回は同じではありません。どんなものが届くかはお楽しみに)
・7/7 バーンロムサイ展
7/9 バーンロムサイ展 その2
7/19 バーンロムサイ展はじまってます
7/24 バーンロムサイ展を終えての追記 社会問題に手を付けることについて
 ↑この頃はいっぱい書いてますね…。







スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/351-972c591c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)