3月に入り、日差しに温かさを感じるようになりました。

棘の大きな窓からお庭をふと見ると、
秋から徐々に弱まっていった気配が、メキメキと湧きあがり、
「色づいていっている」 まさに。
といった様子です。

いよいよ来週からチムグスイ展が始まります。

「春の色 草の色」と題されたこの展示。
春分を迎える新月の日から始まるのですが、
植物の緑の気配がよりハッキリと見て取られるようになるころではないかと思い、
さまざまに形を変えた植物たちの姿がどうその気配の中に配置されるのか、
とてもとても楽しみにです。

そんなチムグスイ展二日目にあたる3/21(土)
ちょうど春分の日。
チムグスイの七重さんのワークショップに続いて、
午後に一江うたかさんのライブが行われます。

前回ご紹介した七重さんを大樹だとすると、
うたかさんは大樹の周りでさえずる美しい鳥のよう。
大きな瞳はどこまでも優しく澄んでいて、
彼女の動作には色とりどりの羽が弧を描くのが見えるようでした。

お二人そろって棘に来てくれた時、
隅の席に座ったお二人の醸し出す空気に、平和な光を見たような思いがしました。

西洋東洋ともに「はじまり」の大切な日である春分の日。
うたかさんの奏でる音が溶け合うこの場所に。
ぜひご一緒していただけたらと思います。



一江うたか&wataruライヴ

3/21(土) 13:30~15:00ごろ
料金 \2000 + 1オーダー

当日は、ドリンクやスイーツに加え、スペシャルランチを1000円でご用意しております。
予約も可能です。内容はまた決まりましたらお知らせいたします。


[ 一江うたか ]

ウタカさん



大陸を吹き抜ける風を連想させる
透明感あふれるハイトーンボイスはどこか懐かしく
聴く者の心を打つ。
もうひとつの声である笛は息吹となって大地にタネをまく。
自然と対話する中で生まれたその音楽は
人と自然とを結ぶかけ橋となっている。

Vo,utalele,native american flute,percussion,synth,etc...

2009年実妹 城戸久枝著"あの戦争から遠く離れて"原作
NHK土曜ドラマ『遥かなる絆』に『植樹歌』が起用される。

一江うたかHP : http://utakazoku.jimdo.com




ワークショップ、ライヴのご予約は棘まで
*ワークショップは残席わずかとなっています。
052(880)7932
yakudoulabotoge@live.jp
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/317-eb63dffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)