21日より始まった kumonoの鞄と革小物展 。
そろそろ折り返しとなりますので、今回は店内に並ぶ
kumonoの作品たちをちょこっとご紹介します。

もちろん実際にお客様ご自身で手に取ってみてもらうのが
一番なのですが、お買い物は作戦を立てなくては始まりません。
作戦を立てるにはまず情報収集です。

ですが、情報過多になるとかえって迷ってしまう方も多いと思いますので
できるだけささやかなご紹介のみとさせていただきます。

IMG_0104.jpg
まずは小粋なコインケース(小)。
ふたを開けばkumonoの文字が。

IMG_0067.jpg
お財布ずらり。サイズはlongとsmall。
どちらもカラーパターンが豊富です。
本体は牛革で、タンニンなめしの革を使用。
日々使用し手に触れる事で、柔らかくつやも出
色も濃く変化していく、とのこと。
特にお手入れは必要ないようです。
水濡れのみご注意を。

IMG_0071.jpg
人気の外ポケトート(赤)。
各色大小2サイズをご用意。
ポケットに入れるものの重さや形で、ふくらみ方も変わります。
うれし楽しさ無限大。

IMG_0078.jpg
こちらはきれいな青色の外ポケトート。
特徴ある外ポケットはひっくり返して中にしまうこともできます。
あらあら不思議。すっきりしたデザインに。

kumono05.png
こちらはキーケース。さりげないデザインですが、


kumono06.png
中には長めの革紐が通してあるので、鍵を使うときは中から伸ばし、
逆に鍵をしまって外へ延ばせば首からかけることもできます。機能的。


kumono07.png
小さい長方形。使い方いろいろ。

IMG_0072.jpg
がま口(小)。紐の長さは鞄の内側で調節可能です。

IMG_0076.jpg
2階には、かばんがずらり。
手前から外ポケトートの大、と同じ容量の外ポケショルダー。

中央は前にポケット。前にポケットがあるので「前にポケット」です。
ポケットの留め金はボタン式とマグネット式があり、好みで注文できるようです。

奥のかばんは、うすいトート。薄いので「うすいトート」です。
わりとkumonoさんのネーミングセンスは私好みです。
ひしひしと伝わる職人気質。

なお、革のかばんは、ご注文をお受けしてから制作となります。

以上、駆け足でご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
お、これは?と少しでも気になりましたら、ぜひお時間を作って
お店にいらして確かめてみてください。

特別なことではなく普段の生活に、そっと馴染む。
作り手の顔が見え隠れする素敵なkumonoの鞄と革小物。

展示は12月9日(火)までです。

--------

kumonoの鞄と革小物展
2014年11月21日(金)-12月9日(火)
  営業時間:11:00 ~18:00
  水曜定休。木曜はアロマトリートメントの日のため、カフェ・ランチ営業はなし。
  期間中、展示に合わせ、11/16(日)23(日)12/7(日)は、ランチカフェ営業いたします。


[ kumono くもの ]

 二年間、鞄メーカーで職人の元、鞄作りを学び独立。
 2012年大阪で kumono を始める。
 祖母が、穴の開いた靴下を縫ってくれたように、
 kumono の鞄も特別な事ではなく、生活の中での
 素朴で丁寧な作業と変わらない気持ちで作っています。

 www.facebook.com/kumonokaban

   


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/309-601d6c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)