一昨日、たまたま名古屋に戻ってこられている、屋久島の優子さんとお会いしました。

優子さんは、3年近く前に屋久島に移住、仲間とともにやわら香という会社を立ち上げ、屋久島の地杉や柑橘をつかった精油を製造、販売、そして併設されたspa kiokuにてトリートメントも行っているセラピストさんでもあります。

    やわら香HP

ちょうど11月のつきいち講座で日本のハーブやアロマのことをテーマにしているので、お久しぶりに会いたいなと思い、お声をかけたんです。

屋久島の雄大な自然に身を置いている優子さん。
その滋味あふれる水のように、淀みなく、ゆったりとして、とても気持ちのいい空気を纏っていました。
そして笑顔がとてもかわいらしい!
本当に素敵な方です。



yuukosan.png



優子さんにやわら香のこと、いろいろお聞きしました。

私もかねてから、食同様、アロマもできるだけ地産地消、国内の生産者さんを応援していけたらと思ってきました。
そしてちょうど、最近読み終えた「里山資本主義」という本。
こちらに書かれていた、再生のカギは地方が握っているという内容に大きくうなずいて、さらにその思いを強くしていたところ。

日本は水も森も土も豊富でで、それは私たちの命をずっと十分に育んできてくれたもの。
豊かな豊かな島に私たちは暮らしている。
よく、日本という尺度でも、地方という尺度でも、資源がない、産業がない、食料自給率が低い、不景気でお金が回らない、ない、ない、ない、・・・
といわれてしまうけれど、どうしてそんなことになってしまっているんだろう。
この国は中央からの施しに頼らなければやっていけないような、そんな国なのかな。

温暖で綺麗な空気と水があって、北から南まで多様な植物が育ち、先人たちの努力で様々な種類の作物がどんな山奥まで地形を生かして育てられいていて、
豊かな国で、心も身体も豊かに幸せに生きていきたい。

私も微力ながら少しづつ、そういった方に力を注いでいきたいな、とそんなふうに思っています。

屋久島の森を守りながらそこに暮らす人たちの暮らしも守っていく、
「やわら香」の精油を棘でも扱うことにしました。
まずは11月のつきいち講座から。

     IMG_9533.jpg


ほかにも一宮のハーブ農家、坪内さんから立派な立派な春ウコンが届きましたので、これで染物をしようと思っています。

     ukon.png




つきいち講座は日曜日は定員となってしまいましたが、木曜の昼の部と夜の部はどちらもまだ空きがあります。
どうぞお待ちしています。

     IMG_9497.jpg



11月 「和のハーブ、森のアロマ」

日本は緑あふれる島。そして古来からの薬草(ハーブ)が今も生活に息づいている島。
和のハーブや森のお話、そして国産精油を使った香りのスプレーづくり。
そして茜や春ウコンを使った染物も行います。

11/16(日)10:00~12:30頃 *定員となりました
11/20(木)10:00~12:30頃 / 19:00~21:30頃
3500円 材料費込



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/306-ba547e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)