日本で1300年もの間使われていた旧暦。

太陰暦に二十四節季などの季節変化をあらわす要素を組み合わせた
そこにはそれぞれ美しい日本語の名前が付けられています。

以前から旧暦や季節を敬い、楽しみながらおもてなしの会を催している
空間コーディネーターのTomomiさん、和歌のEriさん、
そしてSachiブランドでも有名な日本茶インストラクターの成田幸世さん
の三人を主催にお迎えし、年に四度あるお節句の中から
旧暦7月7日にあたる8月13日(火)、たなばたのお節句会を開催します。





古い暦で 水無月を迎えました。
(新暦 7月8日~8月6日)

夏が満ち、秋のはじまりに向かいます。

昨年の秋、菊の節句会として、
みなさまとゆるやかな満ち足りた時間を
ともに味わい、ほんとうに幸せでした。

ありがとうございました。


今年もまた、同じ仲間たちが集い、
お節句会を開催することとなりました。


旧暦7月7日(新暦8月13日)

笹の節句 たなばた。


お裁縫や書の上達を願うお節句日として、
古くより祝い、過ごされてきた、

大切な、大切な一夜。


一年に一度、

やっと巡り逢える

彦星と織姫星に想いを寄せながら、

季節の移ろいや自然の時の流れに
目や耳や心を傾ける夕べ。

ご一緒できましたら、
とてもうれしいです。

みなさまのご参会、
心よりお待ち申し上げます。




tanabata01.jpg


たなばた お節句会

8月13日(火)(旧暦7月7日)
開場 18:00/開始 18:30

会費 3,000円

*定員10名
*予約締切は7月末を予定。
 ご予約くださった方には、美しい招待状をお送りします。
 ご住所も併せてお教えください。
*お洋服でも構いませんが、季節にちなんだ浴衣やお着物で
 来ていただいたら大変うれしいです。


旧暦と共に、歴史の中で日本人が慈しみ続けた日本茶と共に、
この七夕のお節句会の世界を、より深く味わっていただけるように、
選んだお茶をご皆さんにご用意致します。



お申込みは 棘 まで

薬草labo.棘
052(880)7932
yakusoulabotoge@live.jp

----
昨年行われた"菊の節句を楽しむ会"の様子はこちらから。

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/241-26de52e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)