昨土曜日は、臨時休業をいただきまして、ご迷惑をおかけしました。

先日お知らせしましたように、アロマの試験を受けに大阪まで行っていました。

アロマは、私はすでにAEAJでアロマインストラクターからアロマセラピストまでとっているのですが、
長野の穂高養生園でアロマの仕事をしている中で、蓼科ハーバルノートの萩尾エリ子のワークショップなどで関わらせていただく機会に恵まれて、
エリ子さんから生み出されるアロマやハーブの世界にさらに魅了され、
もっともっとアロマを深めていきたいなと考えるようになっていきました。


     IMG_2262_convert_20120706014907.jpg


養生園で扱っていたプラナロム精油の品質がとってもよかったこと、
そして、種類がたくさんたくさんあることもあって、
プラナロム社の研究教育機関であり、エリ子さんの所属している団体でもあるNARDで再び勉強を始めました。

NARDはまたAEAJとは切り口が違っていて、どちらのほうがいいということではなく、AEAJとはまた違った部分が深められるので、とても勉強になり、
さらに久しぶりにアロマの基礎の基礎から学ぶのは、アロマを知って夢中になったころの魅力や喜びを再び知るということでもあり、
思いがけず本当に楽しいことでした。

NARDで昨年無事にアドバイザー資格を取り、
そうしたら、今度はこのアドバイザー資格をとれるように導いていくことがこの棘でしていけたらな、
そう考えるようになりました。
アロマを本気で学びたい人に、資格までつながった講座が開けるように。

アロマは、成分の化学、体の仕組み、長い長い香りと人との歴史、そしてボディワーク、人に触れることで反応しあう不思議な世界、
あらゆるところに広がっていける奥が深い療法で、

さらりと精油を好みで楽しむのももちろんよいけれど、深く知って暮らしに取り入れていくと、
本当にジャストのタイミングでちゃんと助けてくれる、いいパートナーになると思うのです。

それを望んでいる人に、その世界をちゃんと伝えていけるように、
認定校をひらくべく、この1年取り組んできました。


今回はそのインストラクターの第1次試験。
正確にいうと、本当は半年前に試験を受けるはずだったのですが、
お恥ずかしいことに申込期限をうっかり過ぎてしまったという失態を犯したために受けられず、
半年待っての今回になりました。


試験勉強


細かな知識をしっかりしっかり頭に叩き込んで、
直前はかなり切羽詰っていましたが、
なんとかこの日を迎え、
大阪で試験を受けてきました。

しばらく遊びも諦めて、お休みもこもって勉強していたので、
久しぶりに外の世界に出たみたい、
そうしたら、すっかり桜も満開。
ぽかぽか陽気。

駅の外の広場で、フリーマーケットが開かれていた片隅で、
テキスト片手におにぎりを食べて。


     試験大阪おにぎり



     試験大阪フリマ



一次の結果はまだ4月後半にしかわかりません。
受かってるか落ちているか、
手ごたえとしてはどうかなぁ…という感じで、
こんなブログを書いていながらもしかしたらということもあるかもだけれど、
思い煩っていても、もう提出してしまったものは仕方ないので、
受かっている前提で、また張り切って二次試験(口述なのです!)の準備を始めていこうと思います。


早く講座を開いて、みなさんにアロマやハーブの素晴らしい世界をお伝えしていける日が来るのを楽しみにしています。

どうぞみなさまも楽しみにお待ちいただければ!





スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/217-6ed54f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)