本日より、
「木の道具 古い道具 弥哉  出張フルイモノ展」始まりました。

昨日ポカポカ春の陽気の中、窓を開けて、弥哉さんのお二人が搬入に来てくださいました。

できました~という声に、お部屋のふすまを開けてみると・・・

おぉ、そこは弥哉さんの世界。


IMG_4656_convert_20130308212206.jpg


IMG_4658_convert_20130308212231.jpg



可児にある弥哉さんの古民家のお店は、まさに私のとっての宝の山で、店内をワクワクと一か所一か所見ていくのが本当に楽しいのです。

木やガラスや陶の味わいのある質感。
ヘンテコなもの。
それらがまじりあって独特の楽しさを生み出しています。


私の思う弥哉さんの古道具の楽しさは、
モノそのものの味わいを感じられるところ。

鑑定云々といった世界の楽しさというよりは、
ふと隣につながって来ている、いまではない時代の「モノ」

私は、以前の時代のモノはどの時代のものも総じてなんだかエレガントに感じます。
今のモノが、エレガントさや上品さが失われているのか、それとも過ぎた時代がよく見えるのか、はたまた年月を経ることで、そのものにエレガントさが加わるのか、
いったいなぜだかわかりませんが、

でも、理由の大きな部分として、自然素材の持つ力、と、手で作られた力。

そしてもう少し時代が進んで工業製品だったとしても、今ほどものにあふれておらず、それがまだ新しい時代を感じさせるものであった時の、そのモノへの憧れや敬意、うれしさなどが伝わってくるからではないかな、と。


そんなものたちに囲まれていると、
心が豊かに満ち足りた気持ちになってきます。


弥哉さんはさすが、
世にあるたくさんのフルイモノの中から、「あぁいいなぁ…」と心にしみじみくるものをセレクトするセンスに溢れている。
さすがの古道具やさんなのです。


IMG_4655_convert_20130308212123.jpg



IMG_4661_convert_20130308212258.jpg



弥哉さんの
「出張 フルイモノ展」
本日より20(水・祝)までです。
期間中はアロマはお休みで、13(水)以外は木曜日も日曜日もランチ含めてカフェ営業しております。
普段、日曜や木曜に来たいけれど来られないと思っていらした方、
どうぞ遊びにいらしてください。





出張 フルイモノ展


IMG_4606_convert_20130228222127.jpg



3/8(金)~3/20(水・祝)
11:00~18:00 *3/17(日)は水墨画教室のため12:00~オープン
期間中は3/13(水)のみお休み
ランチは通常通り11:30~14:00 平日は前日までの要予約
棘 tel 052(880)7932 yakusoulabotoge@live.jp

弥哉さんについての紹介記事 http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/blog-date-201302.html




スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/209-1962b31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)