私はお料理にかかわる仕事をしていながら、
そこまでおいしいもの情報には関心がないみたいで、よいのか悪いのか、
最近ではほとんどあまり外食もしていません。

しみじみおいしいなぁと思えればよくて、メニューの開発や、何かに挑戦なんてことも全然なく、
自分で作るものはとことんシンプルで、特別なものでは決してないです。

自分は玄米菜食を主にしていて、お店でも出しているけれど、
これはもう、長いこと肉や魚を使った料理はしてきていないので、できる気がしない、
お野菜だけなら自信もっておいしいと思えるものが作れるんだけど…
ということや、周りにベジタリアンが多いせいで外食するときにお店探しが大変だから、
こういうお店であれば誰でも一緒にテーブルが囲めるから一番いいじゃない、という、自然な流れに過ぎません。

そんなわけで自分を「料理人」という意識はなく、レストランという感じでもないと思うのです。


でも、だからといって何でもいいかというと、決してそういうわけではなく、
やっぱり食べた人が目が覚めるほどに体が震えるほどに、おいしい…と思えるものを出したいと常に思っています。
食べた瞬間、体中の細胞が喜んで次々に喜び、よみがえるような、そんなお料理をここで出していきたいと。


そんな感じでオープン以来マイペースにやってきたのですが、
最近なんだか周囲で
「あそこの〇〇がすっごくおいしい」「あそこのあれは・・・」という情報をよく聞くようになり、
別に棘と比べてどうと言われたわけではないのだけれど、
味そのものを比較するような価値観の中に棘もエントリーしているのかと思うとにわかに心乱されて仕方ありません。

私は自分を料理人とは思っておらず、じゃあ何かといえば、やっぱり「棘主」というのが一番あっているように思うのです。

この棘という場所でお客さんをお迎えして、足を一歩踏み入れた瞬間から扉を閉めてお帰りになるそのときまで、
私にできる最高のことをして、その限られた時間に魔法がかかったように幸せに幸せに包まれる。
そのためにできること、
空間作り、お料理、会話や心寄せること、アロマ、
私にできることがそれだから、だからそれをする。ということ。

だから、味だけを切り取ったグルメ的な評価など、全然意味がないと思うのです。
そしてきっと、心あるお店はどこもそうで、そういう一面的な評価にいい場合も悪い場合もどちらもちょっと心をひっかかれたような気持ちになるんじゃないかと思います。

棘は幸せなことに本当に本当にいいお客さんばかりで、
皆さん棘のすべてをトータルで受け取り、全身で味わい、
こちらの今の精一杯に対して、その至らないあれこれではなく、
心を向けたことを感じてくださって、そこに敬意と感謝で応えてくださるのだと思うのです。


あぁ、ここまで書いたらちょっと心がしっかりしてきて落ち着いた。
わかっていながらやっぱり心が乱れるのが心情というものなので・・・。


それで、というわけではないですが、
棘は全面的に座敷席を廃止したいと思います。

これまでもテーブル席のみで座敷席が作ってあったわけではないのですが、
「古民家、畳」、ときたらイコール「座敷がある」と思われるのか、特にお子さん連れなどは
下に座っていいですか?と座敷席を希望されることがたびたびあり、そのときにはちゃぶ台と座布団を出してきて対応しておりました。

ですが正直に言ってしまうと、やっぱりあの空間は床に座る空間ではないと思うのです。
座敷席でくつろがれてる方とテーブル席できりりと座られてる方が同じ空間にいるのはとっても違和感があり、
さらに座敷席は安心するのか、ご自分のおうちのようなくつろぎ方をされることが多いので。
(これはもう完全に私の個人的な美意識で、こたつも好きでなければ、ソファの下でソファにもたれて床に座るという、茶の間でよくありがちなあれもとっても気持ちが悪いのです。)

ここは家ではなく、棘という場所を楽しむために来られている他のお客さんにとって、ご自分も景色の一部となっていることぜひ意識していただきたいと、思います。

ですので、お子様連れは、大変申し訳ありませんが、
ソファーに横に寝かせたり抱っこしていられる乳児か、もしくは大人用のいすに座ってきちんと食事ができる年齢のお子さんに限らせていただきたいと思います。
そしてその際も、この場所で景色の一部として他のお客様にご迷惑がかからず絶対大丈夫と思えた時にお越しください。
お子様によってもとても違いますし、こちらでは分かりかねますので。

走り回り、泣き叫び、テーブルをがんがんたたいたり…といったことは、お子さんがいる方からしたらいつもの光景かもしれませんが、そうでない方にとってみたらそれはあまりにもハプニングともいえるほどの出来事である可能性がありますので。
お子さんが小さい期間はは人生のうちでそう長くはないので、ぜひ外で食事ができる時が来るのを楽しみに、子育てされたらいいと思います。
(子育て経験がないので、どうも文章が配慮の足りないきつい言い方になってるんじゃないかと心配にはなりますが、私は私の立場から感じることを伝えるしかないので・・・)


子育て世代の方によいものを受け取ってもらいたいという気持ちも強くあるので、いままでご遠慮いただくということはしてこなかったのですが、
お母様はお子様に翻弄される日常の一部にここを使っていただくのではなく、
たまにお子様を預けてほっとご自分ひとり、大人の時間を取り戻す時間に使っていただきたいと思います。


棘という場所が、いつきても確実にいい時間を過ごせる場所であるように、こちらもよりいっそうの努力をしていこうと思っていますので、
お客様のほうでもご協力いただければと思います。

棘が長く続くように・・・。



話が途中でずれたようなそうでもないような、という感じですが、
座敷席の廃止と、お子様連れさまへのお願いでした。


どうぞご了承くださいませ。


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/180-b2e40fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめ【座敷の廃止と、お子様】
 私はお料理にかかわる仕事をしていながら、そこまでおいしいもの情報には関心がないみたいで、よいのか
まっとめBLOG速報│11/15 19:46