音が終わって、一斉に窓の外でセミが鳴き始めたようでした。

はっとして窓に目をやると、車の走る音、どこかの誰かが何かをパンパンとはたいている音。

それらは確かになっていたはずなのに、私は完全に別の世界の中にいました。

momo椿の音の世界に。


momo椿という可愛い二人組。
boy&girlと呼びたくなってしまうような、そんな二人組。


自己紹介にはこうあります。


momo椿

2007年東京に誕生。アコーディオンデュオ。

もてあます程の美しさや、
横切っていってしまった名付けようのないなにかを、
短い音楽につくりかえて歌って、演奏します。






音と音の隙間にあるもの
そこに耳を澄ますことで、取り戻せるものがある。

音が終わって、蝉の大合唱を聞きながら、
私はいったい何を悲しくなったり怯えたり、自分を見下げたりしていたんだろう。
胸にじわじわと小さな音の響きの余韻を感じながら、ここにいて、一生懸命生きてる。
そのことに愛おしい気持ちになりました。





《扉、ありもしない》音楽会

場所 薬草labo.棘

日時 9/2(日)   

   14:00開場 14:30開演  2500円+1drinkお願いします。

出演  ull glas
    momo椿
    


オープニングアクトは、3月に棘でライヴをしてくれたアイリッシュull glasです。
趣の違ったふた組の演奏をたっぷりお楽しみいただける豊かな会です。
お席限りがありますので、ご予約はお早めに。


薬草labo.棘  
052(753)4967
yakusoulabotoge@live.jp




momo椿


pf_momo.png


mau(accordion, vocal)
annie(accordion, guitar, vocal)

2007年東京に誕生。アコーディオンデュオ。

もてあます程の美しさや、
横切っていってしまった名付けようのないなにかを、
短い音楽につくりかえて歌って、演奏します。

momoはミヒャエル・エンデの時間のお話。
椿はふたりがそれぞれ想う花。

カフェや喫茶店、映画館、美術館、教会、縁日、結婚式などでの演奏のほかに、
現代音楽、ファッションショー、舞台芸術の世界にも登場します。

音楽が物語を導いていく世界を「音楽劇」と捉えて、制作します。
また、人形作家や型染め作家など、ものつくりの人と一緒にちいさな舞台を制作します。


HP: http://www.momotsubaki.com/

e-mail: info@momotsubaki.com








ull glas

meijimura1-2_convert_20120310020559.jpg

Modern Irish Music Band "ull glas"

ull glas blog http://ullglas.blog.fc2.com/

棘でのライヴのレポート記事  
棘ブログ3/22 アイリッシュライヴ







スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/162-db2fc1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)