「そうだ!土壁だ!」

と閃いた時には本当にドキドキして、
それからみそらの二人に相談をして、
そしてワークショップにしようと決まったときには本当にうれしかったです。

土壁に塗り替えられることも、
それをたくさんの人と共有できることも、
人として一番大切なことにまるごと飛び込んで挑戦を始めているみそらの二人、たっちゃんめぐちゃんの生き方を、作業を通して他の人に伝えられる機会が作れることも。




8月11日


豊田から荷物をたくさん積んで、みそらの天ぷらカーが到着。

     IMG_2821_convert_20120820005004.jpg


これが天ぷら油を動力に変える装置だそうです。

     IMG_2820_convert_20120820004939.jpg




そして続々
朝からたくさんの方に集まっていただいて、土壁塗りがスタートしました。
いいお天気。
私が一番心配していた蚊も、アロマで手作りしたスプレーと蚊取り線香とでいなくなり、大丈夫そう。

まずは外で土練りから始まりです。

     IMG_2825_convert_20120820005043.jpg


     IMG_2834_convert_20120820005122.jpg




今回の土は、みそらのおうちの近く、お地蔵さんの並ぶ山の入り口から少し入ったところからとってきてくれたそうです。
自宅の土壁塗りをするときに、いろいろな場所の土を試したけれど、ここがいちばんよかったって。

お地蔵さんに守られた土地の土です。
きっといい土に違いない。うれしいです。


固く締まった土を手でほぐしていって、そこに小さく刻んだわらともみ殻と石灰を混ぜ、
水を加えながら練っていきます。
土なのにだんだんねっとりしてくるのが不思議。


     IMG_2841_convert_20120820005302.jpg



みそらの天使、羽音ちゃんはお部屋で赤ちゃん交流です。
遊びたくて手を伸ばすんだけど、泣かれてしまって困った困った。
みんな可愛い。


     IMG_2833_convert_20120820005101.jpg


     IMG_2822_convert_20120820005023.jpg




土を作り終えたら一休みしてお昼御飯です。

本当はおにぎりくらいで~なんて思っていたのに、やってるうちにいろいろ作りたくなっちゃって、テーブルにのりきらないほどになっちゃいました。
持ちこみ大歓迎と告知に書いたら、参加者の方がお漬物やちいさなご飯のお伴を作って持ってきてくださっていました。
そして、みそらの畑でとれたジャガイモをオーブン焼きに。


     IMG_2836_convert_20120820010215.jpg


豪華豪華。

どう考えても作りすぎちゃった。
なんて言っていたのに、みんな屋外での肉体労働でお腹ぺこぺこ。
ほとんど余らず平らげてくれてびっくりしました。


食後はメグちゃんお手製の梅ジュースを!
シャキッと引き締まる。

     IMG_2840_convert_20120820005244.jpg



午後からはいよいよ壁塗り。
たっちゃんのデモンストレーション。


     IMG_2844_convert_20120820005352.jpg

感動の瞬間です。


みていると簡単そうに思うけれど、いざやってみるとすごく難しい。
たっちゃんはあっという間に一枚仕上げちゃったけれど全然そうはいきません。

床はもちろん、窓も全部養生シートで覆っちゃっているので、灼熱のサウナ状態。
みなさんの体力が心配。


     IMG_2852_convert_20120820005409.jpg



ビタミンCの爆弾。ローズヒップとハイビスカスのジュースで一休み。
みそらのおうちの写真を見ながら暮らしの話を聞きます。


     


ここで、6月に棘でライヴをしてくれたAki-ra Sunrise、アキラくん登場。
ライヴのために名古屋入りしていて、ふらりと遊びに来てくれたのでした。
アキラくん参戦で再び作業。

土が足りなくなって土づくりの追加です。
急に雷が鳴って大嵐。
みんなガレージの下に身を寄せ合って、わらをチョキチョキ、土を練り練りしていると、
なんだか昔話だかウルルン滞在記だか、とにかく現代日本とは思えなくなってきます
(とくに作務衣姿がさまになってるメグちゃんなど。笑。)

     
     IMG_2854_convert_20120820005447.jpg


     IMG_2853_convert_20120820005429.jpg




水を操る音楽家、
アキラ君が現れて、嵐になって、
なんだか龍神降臨といった感じです。

そういえば、そもそもは、
6月のライヴの時、
アキラくんといろいろお話ししていた時、玄関を見回して、「漆喰とか塗ったらもっとよくなるんじゃない」と言ってくれたのが本当にそもそもの始まり。
キレイな壁だし、壁を塗るということは全く頭に浮かんでいなかった私が初めて「壁かぁ」と思ったのです。
漆喰を塗るというのはそこまでピンとこなかったのでそのままになったのですが、壁を塗るというアイデアは何となく頭に残ったまま、
而今禾さんの壁をみて、そしてみそらの壁をみて、
土壁だ!
って。

だから、なんだか、言い出しっぺのアキラくんが責任もって作業するためにふらりとやってきたみたいだねってみんなで笑っていました。


休憩時間に誰ともなしに始まった音楽。
アキラくんのならすカリンバにたっちゃんが緩くリズムを重ね、
そして羽音ちゃんにささやくようにそっと口ずさむめぐちゃん。

まるで天上界からひらりと降り注いできたような音でした。


     IMG_2859_convert_20120820005509.jpg



暗くなる前にと一気にがんばって壁をほとんど終わらせて、
いよいよ最難関。
エアコンのところです。
エアコン自体は外れるんだけどどうやらホースが外れずしかも短いので、作戦としては「誰かが少し持ち上げておいてそのすきに塗る」ということに。
とはいえ、エアコン、実はすごく重い。
中途半端な高さなので抱えるのも力が入りにくく、すぐに腕がプルプルしてきちゃう。
そこで、男たちがみんなで抱えたりギブアップしたら少しづつ休憩したりしながらたっちゃんがサササッと塗ってっくれました。


     IMG_2864_convert_20120820005526.jpg



いよいよ完成!
一日がんばったから、感動もひとしお。

本当にみなさまありがとうございました!


土壁塗りは、面白いけど想像以上に大変でなかなか進まずで、
参加してくださった方も暑い中本当に疲れたことと思います。

みなさん驚くくらいのがんばり屋さんばかりで、
「ちょっと体験してみた~い」なんてレベルを越えて、こちらが休んでくださいと声をかけても手をとめたくない、ここは完成させたいとばかりに黙々と作業してくださって驚きました。
そして、時間がかかって夕方までに終われなかったのですが、帰らなければいけない方たちが
「途中で帰ってごめんなさい」だなんて言ってくださって。

こちらこそこちらこそ。

灼熱のサウナのような部屋で、重労働していただいて、
時間が押したせいでみそらの演奏も聞いていただけず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、そんな一日を共にしたからこそ、なんだかチーム土壁とでもいうような連帯感も感じていて、
ぜひこのチームで今回体験していただけなかったみそらの演奏や、
今回間に合わなかったみそらの暮らしをドキュメンタリーでまとめた映像も見ていただく機会を作りたいなと思っています。
そしてみんなで豊田のみそらの暮らしを見に行くツアーとかね。

もちろんチーム土壁以外の方、今回たくさんの方に参加したいけどこの日は無理なんですと言っていただいたので、そんなみそらの暮らしや土壁に興味持ってくださっている方も、ぜひ。



一晩おいて、
朝、2階をすぐに見に行ったなら、
乾き始めた土壁のお部屋に朝日があたって、何とも神々しい気配が漂っていてしばし言葉を失いました。


     IMG_2872_convert_20120820010240.jpg


本当に素晴らしい空間になったと思います。

みなさまぜひ、
新しいこの空間でのアロマの施術を受けに来てくださいませ。
きっと、身体と空間がつながって大きく息ができるようなそんな時間になると思います。






スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/161-a03b053a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)