暑いですね。

棘のキッチンは、風が抜けにくいので本当に暑い。
もう滝のような汗をかきながら、お仕事に励んでおります。


HPでは既にお知らせしておりますように、棘は8月1日から12日まで長い夏休みをいただきます。
ご迷惑をおかけします。

この間は、三重県美杉町で、岡田桂織さんのやられる三重・福島キャンプと滞在ネットワーク「のびのびサマーキャンプ」のお手伝いに行かせていただいたり、
あと、私の第2の故郷、穂高養生園に命の洗濯をしに行ったり、
どうしても毎年行きたい、清里のフィールドバレエを観にいったり、

の他は、ほとんど秋のアロマインストラクター試験に向けて講座を集中して受け、この試験が本当に難しそうなので、まとまった時間を作ってきっちり勉強したりといった感じで過ごします。

そして、夏休み中最後の週末は、とっておきのイベントを開催します。
ひとつは前回お知らせしました12日(日)の「私をみつめる水墨画&ヨガ」。
もうひとつは…



棘×みそら


「いのち育む 暮らしと家~土壁塗りワークショップ~」


豊田にたっちゃん、メグちゃんという夫婦がいます。
たっちゃんは畳職人でパーカッショニスト。棘の一周年でミナミナで出演してくれた彼です。
そしてメグちゃんは、「つきあかり」の名前でマクロのお菓子を作っています。棘でも最初の頃、妊娠する前は時々お菓子を届けてもらっていました。

     
     IMG_1072_convert_20120730223928.jpg
一周年のお祝いに持ってきてくれたブーケは、おうちの横の沢から摘んだワサビのブーケ。


ふたりは宮の空というステキな土地の名前からとって、「みそら」という夫婦ユニット名をつけました。
「みそら」は音楽を奏でたり、きっと他にも何かやりそう。


豊田、といってももうほとんど恵那に近いような山奥です。

山道をどんどん進んでいって、ポッと現れる小さな集落。
木立に守られたその集落は、平和で光溢れる、澄んだ空気を感じるところ。


     IMG_2400_convert_20120730224152.jpg


彼らはそこを自分たちの場所と定め、もう本当に一つ一つ自分たちの手で暮らしを作っていっています。
おうち、畑、仕事、
自然の中で、時間を自分たちの手のうちにおいて、暮らしを楽しみながら紡いでいっています。


     IMG_2387_convert_20120730224013.jpg

     IMG_2384_convert_20120730223953.jpg



食の自給、
そしてソーラーによるエネルギーの自給、
そして最近、天ぷら油で走る車を作ってもらって、ガソリンの自給にも取り組んでいっています。


それから、命。

今年の冬、彼らは一人目の子供を自分たちのおうちで夫婦二人だけでとりあげました。

命を生み出すという一番大切なことを、自分たちの暮らしの中で、自分たちの手で。


     IMG_2395_convert_20120730224132.jpg





そんな彼らのおうちを1年ぶりに訪ねて行ったら、お台所が素晴らしく生まれ変わっていました。
壁から天井まで土壁に塗り替えられ、オクドさんが作られ、
そしてそのかまどの熱が通るところにベンチが作られています。


     IMG_2392_convert_20120730224058.jpg


     IMG_2393_convert_20120730224115.jpg


そこは本当に包まれているような、生き物の中にいるような、そんな特別な空間になっていました。

棘の2階のアロマの施術室。
ここがもしこんな空間だったら…受けてる人も施術する私も、心から気持ちよく身を任せられる場所になるんじゃないか。
その想いから、彼らに依頼をして、土壁塗りを教えてもらうことにしました。


土壁塗りというのは面白いと思います。
まず土を練るところから始まるのです。
今回の土は、二人のおうちの近くの山の土を掘ってきてくれます。そして、棘の土もちょこっとになるだろうけどこれも混ぜ込もうと思っています。
それに、藁やら何やらを混ぜて、壁に塗っていくのです。

これを自然素材といわず何と言うか…。


こんなチャンスはなかなかないので、ぜひ興味ある方に集まっていただいて一緒にやれたら楽しいなと思いまして、ワークショップ形式にしました。

土壁を教えてもらって実際に塗り塗りすること。
そして、
彼らのこの一年の暮らしを作っていった軌跡を、スライドを見ながら話してくれます。

自宅出産の話。
赤ちゃんの命はもちろん、お母さんの命、お父さんの命、
きっと全てと向かい合った体験。

土壁はもちろん、
これからの時代にどう生きるのか、暮らすのか、
そして家族のあり方についても、
彼らが先だって取り組んでくれていることは、古くて新しい、とてもとても重要なことだと思うのです。



定員はだいたい10人くらいかな。

きっと楽しくて心に何かを残してくれる、そんなイベントになると思います。


8/11(土)  10:00~ 夕暮れ頃まで

ワークショップ代2100円
(お昼ごはんは棘からおにぎりとお汁もの。そして、みそらの畑でとれたお野菜を使ってシンプルなおかずをちょこっとお出しします。何か持ちよりたい方大歓迎。でも手ぶらでももちろん大丈夫です。)

持ち物: 軍手、 汚れてもいい服装(ただしカッパなどを上から着る作戦は相当暑いと思います。)


①説明
②土を練ったり藁を切ったり、土壁の準備
-お昼タイム-
③壁ぬりぬりスタート
-お茶タイム-
④お山での暮らしのお話し&スライド
⑤みそらミニライヴ(たぶん初披露だと思います!!)

お楽しみに。



みそら

110609_0732~01


2011年より愛知県にある山村で
古民家を再生・
自然農畑で作物を作りながら
暮らす3人家族。

木と共に
火と共に
土と共に
水と共に。。。
自然からの恩恵をいただき
持続可能な
日本古来の丁寧な暮らしを目指す。

日々の暮らしから感じる想いを
表現しシェアします。

2012年1月に
夫婦2人きりでの自宅出産を体験し
命の素晴らしさに目覚める。

ブログ http://ameblo.jp/tu-ki-a-ka-ri/





ご予約は棘まで。
052(753)4967
yakusoulabotoge@live.jp
お休みに入りますと電話がつながりにくくなります。留守電に入れていただくか、メールの方が確実です。






スポンサーサイト
  
コメント

子連れで参加させていただいた者です☆
土の感触や香り、
ご飯、
楽器の音色・・・
すべてが心地よく素敵な時間でした。
是非また参加させていただきたいです!
ありがとうございました。
ホラアナURL│08/13 22:54│編集
Re: ほらあなさん
壁塗りワークショップ、ご参加いただきましてありがとうございました!
暑いし、予想以上にハードだったんではと心配しておりましたが、
そう言ってくださって本当にうれしく思います。

それにしてもほらあなさんのスタミナには驚きました。
また完成した壁をぜひ見に来てくださいね~!
薬草labo.棘│URL│08/28 21:28│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/159-7a805c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)