上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何で棘という名前なんですか?

と良く聞かれます。
聞かない人も、きっと何で棘なんだろうと思っている人は多いのかも。

私は、棘という名前は別に変ってるとも思わず、普通にいいかなと思ってつけたので、変わってますねといわれると、変わってるかぁ…と逆に驚いてしまいます。


理由はいろいろ、
あってないようなものですが、

一番のポイントは「棘」というその形。
その形が、人が二人クルクル踊っているような。
またはひょろひょろ弱弱しい門番が、ぐっと肩を張って踏ん張って何かを守っているみたいな感じにも見えたり…。
絵としていい感じだな、好きだな、とその頃思っていたというのが大きな理由。

「この漢字が好きだったから」ということですね。


なので、棘って悪いイメージがあるじゃないですか、と言われると、あぁ、と思ってしまう。


そう。 
私、思うのですが、
世の中にたくさんたくさんの言葉があって、なにかを表すのにどの言葉を使用するかは本当に無限の可能性とパターンがある。
なのに、あるものを表すのに使える言葉はこれかこれ。
あるいは、この言葉はこういうイメージだからこういう時に使う。
とか、パターンがもう一つか二つに決められてしまっている。

世の中、予定調和で言葉を選ばなきゃいけない場面はたくさんあって、その時はそれで仕方ないと思うのですが、自由に何かをとりだせるときは、それこそ思いっきり自由に言葉を捕まえてみたい。


言葉はいっぱいいっぱいあるのだから、その中でどの言葉を選んで、どんな並びにして、ってするだけで、目の前の世界はもっともっと面白く美しく見えて、その作業はとっても楽しいことなのに、もったいないなって思うのです。

だから、一つの漢字を、その漢字自体の形で選ぶのもあり。


そして、

植物は決して花がきれい、とか、香りがよくていやされる、とか、そんなイメージだけの存在ではなくって、
知れば知るほど複雑で、したたかで、たくましくって、面白い。
そして人間の癒しのために生きてるわけではもちろんない。

そんなことを、ちゃんと含めた言葉にしたい。


イメージだけでなんとなくで流れないで、よく見て、
そして自分の中から出てくる言葉を無限の中からとりだしていく。

薬草や植物や、お料理、空間、
名前はそれらすべてを表す言葉になるわけだから、
私の目に映って、心を通して出てきたもの、みなさんに届けたいものはこれ、って、一言で表すとこの言葉ですっていうものを選んだんだと思う。

と、いうことで、棘という名前はついています。


本当に、
小さな草を毎日ながめること、
言葉を丁寧に選ぶこと、
それだけで、
毎日はすごく豊かになると思います。


棘という名前、どうぞかわいがってやってください。



告知もいろいろしなきゃなのですが、ふと今、このことを伝えてみたくなりました。


6_convert_20120611002952.jpg

お友達が書いてくれた看板のこの文字は、何だか高速スピンしてるみたいで、さながらフィギアスケートのペア演技、ってとこかな。





     












スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/143-eb136ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【棘という名前】
何で棘という名前なんですか?と良く聞かれます。聞かない人も、きっと何で棘なんだろうと思っている人は多いのかも。私は、棘という名前は別に変ってるとも思わず、普通にいいかなと思ってつけたので、変わってますねといわれると、変わってるかぁ…と逆に驚いてしまいま...
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。