上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~~~!!!

またさらに、大変なものを作ったなぁ、彼らは。



初めて馬喰町バンドのライブを聴いたのが昨年の1月。
せ~ので最初の一音が鳴った時から、もうがっちり掴まれて、いっときたりとも離れられない。
聴こうと耳を向けなくても、そのメロディーや音の全てがあちらからぐいぐいとはいってきて、
私はすっかり虜になってしまいました。


お店を始める時からずっと念願だった、「馬喰町を棘で」という夢が、とうとう叶います。

6/22(金)19:30~ 馬喰町バンドLIVE @棘




これは、彼らの2nd Albumのレコ初ツアーなのですが、
先ほど初めてその新しいアルバムを視聴してみて、それで、冒頭の感想です。



今、このページを開いて、馬喰町バンドというもののことを知ったあなたは本当に幸運です。
(なんて、怪しげな勧誘みたいになっていますが、本心です。)
棘というものが気になってこのページを開いた方は、きっと近い感性を持っていて、
そんな方には、これは本当に幸せな出会いですよ。
(ますます怪しげですが、怪しくないです。笑)

もうね、「何だかよく分からないけれど、棘主さんがスゴイ鼻息だし、この日都合がつけられそうだから行ってみるか」で十分!
本当に体験してほしい。


このレコ初ツアーは、
彼らのホームである、東京の馬喰町ART+EAT(これがまた素敵なお店なのですよ)を皮切りに、ぐんぐん南下して沖縄まで行って、そしてNYへ行くそうです。

東海地方は今のところ棘だけ。
もう本当に、こんなに小さなキャパで東海地方の皆さんごめんなさいといいたい。
なので、東海地方の人口を考えたら、ほんとうに一握りの人しか来られないのですよっ。
もうね。

音楽を言葉で表現するのは難しいけれど、
人間の本能の部分が知っている心地よさや沸き上がるものに、彼らの音はつながっていて、
それだけじゃなく、すごく洗練されてもいる。
それがこの武君のジャケットにもよく表れていると感心しているのですよね。

umar0001_jacket_m_convert_20120527014328.jpg
new album 「ヒトのつづき」


cd1_convert_20120527014311.jpg
1st album「自由落下」



絵は人を、音は人を表しますね。
そして武君は間違いなく音でなにかを示し伝えられる力を持った人で、
彼ら3人は奇跡みたいな出会いで成り立った、バンドだと。

まずとにかく、official websiteに貼り付けられている、新しいアルバムを視聴してみてください。

こちらを!→http://bakurochoband.com/disc.html



そして、CDでなく、ライヴはまちがいなくこの10倍以上はいいと思ってください。

7月発売のこのアルバムを、ライヴでは先行発売してくれるようです。
それから、品切れ中になっている1stアルバム「自由落下」。聴いてみたい方はおかけしますのでお声掛けてくださいね。



ライヴは要予約で、早いもの順、20名様です!。
ぜひぜひお早めに~~~~!!




余談ですが、彼らのNYツアーが、池田将氏によってドキュメンタリー映画になるようです。
池田さんは、大学で映画製作を勉強していたという私のお友達の大学の同級生で、そのお友達の結婚式でお会いしたことがあります。
彼はスライド(という名のあれは完全に短編ドキュメンタリー映画でした)を上映していたのですが、
新郎と新婦にインタビューするというシンプルな内容ながら、やっぱり素人ではないそのクオリティ! 
切り口やら編集の仕方やら、
とにかく素晴らしくっって。
こういうものでここまでできるということに本当にたまげた。というあの方でした。偶然にも。
いやいや。
このドキュメンタリーも、私はものすごく楽しみです。
ちょっとおおっ!と思ったもので。余談でした。






馬喰町バンドライヴ 
6/22(金) 
食事つき (限定10名様) 18:00~ 3,000yen
ライヴのみ         19:00 open 19:30 start 1,500yen

お食事は、棘のお料理に、彼らの民族な音楽のイメージのテイストをプラスして、この日限りのメニューを楽しんで考えたいと思っています。乞うご期待!!







馬喰町バンド


bkc2012-6_convert_20120527014248.jpg


guitar : 武徹太郎 / bass : 織田洋介 / percussion : 土生"らぶみちる"裕

音楽の根源を探求する、ギター・ベース・パーカッションから成るトリオバンド。記憶の底に触れるように、グルーヴするライブをモットーとする。民俗音楽の進行形、ジャパニーズソウルミュージック!!

2007年10月「馬喰町ART+EAT」のオープニングパーティを機に結成。以降「馬喰町バンド」という名前でこの町を拠点に活動していくことになる。

2010年ドラマー土生裕と出会い、インドネシアでの現地研修などを通じて音楽的探究心が一気に加速。現在は訪れた土地の文化を直接体験することの繰り返しにより自らの音楽の根を掘り下げていくことを意識して活動している。

2011年からは不定期イべント「馬喰町音楽会」を主催。第一回目は日本廃品楽器協会会長「山口とも」氏をゲストに招いた。今後も不定期開催予定。

2012年からは、バスキングジャパン主催の投げ銭制ストリートライブを頻繁に行なっている。また、1月には、グラミー賞ノミネートの超絶フィドラー、ケイシードリーセンの初来日ツアー鎌倉公演においてオープニングアクトを務めた。

今後は、5月に長野県松本市で行われる野外フェス「りんご音楽祭」の出演が決定。6月からは馬喰町ART+EATを皮切りに全国各地でのツアー企画が進行中。
また、ニューヨークツアーを7月に行い、この様子は「池田将」氏によりドキュメンタリ映画化予定。この渡米以降も中東、アフリカなど世界各地をツアー予定。














スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/140-862b8a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【楽しみすぎる!!馬喰町バンドライヴ!!】
いや~~~!!!またさらに、大変なものを作ったなぁ、彼らは。初めて馬喰町バンドのライブを聴いたのが昨年の1月。せ~ので最初の一音が鳴った時から、もうがっちり掴まれて、いっときたりとも離れられない。聴こうと耳を向けなくても、そのメロディーや音の全てがあちらか...
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。