さわやかな風が吹いています。

でも、もうすぐ6月。梅雨が近づいています。

今年はいつにもまして季節の変化を感じる気がします。
空気が変わって、花が咲いて、暑かったり寒かったり、日々変化しながら確実に季節が移ろいで行っているのを、
瞬間瞬間感じているような…



6月の季語を見ていても、くらくらするくらいにしっとりうっとり。

六月、皐月、花菖蒲、アイリス、グラジオラス、あやめ、杜若、著莪、一八短夜(みじかよ、明易し)、競馬(賀茂競馬、競べ馬、ダービー、勝馬、負馬)、花橘、蜜柑の花、朱欒の花、橙のの花、 オリーブの花、柚の花、柿の花、紫陽花額の花、葵、紅の花、鈴蘭、入梅(梅雨に入る、ついり)、梅雨(つゆ、ばいう)、五月雨(さみだるる)、出水、五月闇、黒南風(白南風)、黴(黴の香、黴の宿)、苔の花、魚梁(やな)、鰻、鯰、濁り鮒、蟹(磯蟹、山蟹、川蟹、沢蟹)、蝸牛蛞蝓、蚯蚓、蝦蟇、雨蛙、河鹿、さくらんぼ、ゆすらうめ、杏、実梅(青梅)、紫蘇、辣韮、玉葱、枇杷、早苗、代田、田植、早乙女、植田、火取虫アマリリス、ジギタリス、ベゴニア、 蛍(源氏蛍、平家蛍、初蛍、蛍火・蛍合戦)、蛍狩、螢籠、蛭、田亀、源五郎、あめんぼう、目高、浮草水草の花、藻の花、藻刈、手長蝦、田草取、草取、夏の川、鮎(鮎釣り、鮎狩、鮎掛、鮎の宿)、・・・wikipediaより


水が満ちてきますね。

私は、お店を始める前から、6月の水が満ちる時に演奏を聴いてみたいと思っていたアーティストがいます。

「AKI-RA sunrise」

水の人です。


私は初めて彼の演奏を聴いたのは、以前勤めていた、長野の穂高養生園で行われたライヴでした。

自作の水楽器や、水そのものの音を織り交ぜたその世界は、身体に何の抵抗もなくす~っと響いて、
ユラユラ、ポコポコ、
小さく小さく共鳴し、調整されていくのを感じました。


彼が見つめる水、
彼が音を響かせると、水の表面がざわざわとさざなみ立ちます。
それをカメラで切り取って見えるもの・・・

逕サ蜒・041_convert_20120516231326


視覚に現れたそれは、デジタルなような、生命や宇宙や、壮大なものを感じさせるような。

逕サ蜒・037_convert_20120516231345







ライヴがあった次の日、
AKIRA君も一緒に原生林にお散歩に行きました。

RIMG2572_convert_20120516231651.jpg


修験道であり、信仰の山、有明山の登山道は、手付かずの自然が循環とバランスの中で成り立っている森です。
AKIRA君は、大きく息をしながら、自然にカリンバを取りだして、歩きながら奏で始めました。
森の音や気配を感じて、それに応えていくように…。

     RIMG2577_convert_20120516231114.jpg

     RIMG2582_convert_20120516231056.jpg


原生林の中の一本の木の前で、
私は「そういえば、以前、フランスの植物療法士の方をご案内した時に、この森にドラゴンがいるという話しをしていた」ということを思い出していました。

ドラゴン…竜…

竜と水とは不可分な、むしろ水そのもののような、
そんな解釈もあるようです。


水を携えて、人に何かを伝えていく。

AKIRAくんの音楽、役割、


そういえば、人の体は60%は水でできているのですよね。



水が満ちる6月。
AKI-RA sunriseのライヴが行われることになりました。

神社仏閣で奉納演奏などもしているAKI-RA。

たまりにたまったお庭の水を抜くための工事を終えたばかりの棘、
淀んだものが少しづつ流れていっているこの場所に、
水を携えて奏でに来てくれます。

どんな夜になるのか。


楽しみです。

みなさまぜひご一緒に。
身体に響く素晴らしい音です。





AKI-RA sunrise + Holly Smoky LIVE

6/15(金) 19:00 open 19:30 start
投げ銭+1ドリンクオーダー制



(もう一組、Holly Smoky のご紹介はまた次回。)



AKI-RA sunrise

辟。鬘契convert_20120516230752


京都在住。
小学校の時には和太鼓に出会い、演奏し低音の響きの洗礼を受ける。
後、高校生にドラムセットを始め、卒業後、スペインに旅に行った際にアフリカの打楽器ジャンベに出会い、様々な人種の人々と言葉を超えたところで音楽で繋がれることを体感しストリートライブを始める。

自作水楽器、 リサイクル楽器(浮きドラム、チャカポコetc)製作、演奏。多種多様な新古の楽器を織り交ぜ独自のスタイルで演奏する。

地球上、7割の海、3割の陸、人体、7割の水分、血液、3割の肉体、臓器、骨。水を感じる、それは地球を感じること。そして様々な(意識)によって水の変化が生まれる。 当たり前にある水をもう一度その美しさ、おもしろさを音や視覚で意識しなおしてもらえたらとライブやワークショップで活動している。
打楽器、自作水楽器を中心とした即興音楽、体感即興演奏ワークショップ、水をテーマにしたサウンドインスタレーション、様々な種類のダンサー、ペインターとのコラボレーション等でを国内外で活動中。昨年はカメルーン、フランス、中央アジア4カ国に招かれ演奏し大成功に収めてきた。現在2ndCD(HEART)をリリースしツアー中。楽器、音そのものが持つ可能性、原理、源を探求し音楽を活動をしている。


AKI-RA sunrise BLOG   http://akirise.exblog.jp/




 

    










  
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/136-f7b12140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)