上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/14(月) 14:00~
棘にて、ローズウィンドウ作りのワークショップが行われます。

講師は城田幸保さん。

     IMG_0805_convert_20120504230505.jpg
写真が縦にできなくて…ゴメンナサイ

実は棘は、3月末から幸保さんに月替わりで一種類ずつケーキを届けてもらっています。
元々製菓学校を出たパティシエさんで、いろんな経験を経て、今は身体に優しいお料理やス
イーツを作ったり教えたりしている彼女。
お菓子を作るのが大好き!、楽しくて楽しくて仕方ない!といったふうにお菓子を作る彼女のお菓子を、ぜひみなさんに届けたいなと思って。

5月はニンジンケーキ。です。

楽しみにしていてくださいね。


そんな幸保さんのもう一つの大切な活動が、このローズウィンドウ作り。

ローズウィンドウって知っていますか?


ローズウィンドウとは、よくヨーロッパの教会で見かける円を基調にした
幾何学的な図形によって構成されているステンドグラスのことをいい、
形がバラの花に似ているところから、薔薇窓(rose window)と呼ばれているのだそうです。

     写真


棘の大きな窓越しに新緑の光を透かしながら、
自分だけのローズウィンドウを作りませんか。


幸保さんからのご案内文です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




はじめてのローズウインドウ @薬草labo.棘





ローズウインドウとは、薄紙でつくるステンドグラスのような紙細工です。



色を選び、切り、重ね合わせる。

自分の内側と向き合い、対話するひととき。

選んだ色彩は、今のこころの状態を映します。



ひとつひとつのパーツを組み合わせ、ローズウインドウの全体が見えたときの感動。

ひかりにかざしたときの、ため息がでるような美しさ。



この感動を、あなたと共有できたら、とても幸せです。





~つくり手 Profile ~

城田幸保(しろたさちほ )

三重県桑名市生まれ。 8人家族の農家に生まれる。

奇跡のようなご縁が重なり、ローズウインドウに出会う。



今でも、初めてつくったときの感動を覚えています。

つくる間は静かで地道。一転、できあがったとき、ぱぁっと花が開くような、蝶が羽化するような美しさ。すっかり虜になりました。



この度、薬草labo.棘 さんの生命あふれるお庭と、やわらかな陽のひかりが射し込む素敵な空間で、 ワークショップを開催させていただけるなんて!感謝の気持ちでいっぱいです。

平日のお昼間。もしご都合が合いましたら、どうぞ遊びにいらしてください♪





開催日時

5/14(月) 14:00~



参加費:1800円 +お好きなお飲み物をオーダーください♪



持ち物

・はさみ

・のり

・デザインカッター(切り絵などに使うものです。100均などでもお買い求めいただけます。)

・ カッターボード



どなたさまでも、ご参加いただけます。

出来上がりまでのお時間はおひとりおひとりちがいますが、ゆったりすすめて1時間半程度だと思います。

できあがったあとも、もしお時間が許しましたら、 ゆったりとお茶の時間をご一緒しましょう。色の意味なども、お話したいと思っています。



素敵な一日を♡






スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/133-899cd4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。