上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「fujii+fushikino展 モスリンの服 」始まりました。



     IMG_1199_convert_20120415003231.jpg


     IMG_1195_convert_20120415003156.jpg



 モスリンという布の名前は、私はその昔赤毛のアンで知りました。

私はもう、赤毛のアンが大好きで、その中でアンが憧れる「モスリンの袖の大きく膨らんだドレス」というものに同じように猛烈に憧れて、モスリンってどんな生地なんだろう…と覚えていたのです。
(余談ですが、その憧れやまず、みんなが袴で出席する卒業式に、自作の「袖の大きく膨らんだドレス」を着て出席したほど…)

モスリン。さぞかし豪華な生地なのかと思っていたら、当時調べた時に庶民的な生地とあって、イメージがいまいち結べずにいたのです。

まさかこんな形でモスリンと対面できるとは。




fujiiさんによって染められたモスリンの布は本当に美しいです。
これが、他の布ではやっぱりこの風合いは出ないだろうなと思うのです。
他にたとえようのない、独特のこの質感。
シルクのようにツルツル、どうだ!という感じではなく、かといって綿のような素朴一辺倒でもない、
親しみやすいんだけれど上質な高級感もあって…。

そこに一枚一枚色を乗せていくのだそうです。
刷毛の跡。滲み。色の移り変わり。

その色は、夕焼けや、桜や、海の青や、
時々驚くほどの美しい色を見せる自然。
それに思わず目を奪われた時のような感動がよみがえる、そんな布です。

     IMG_1207_convert_20120415003357.jpg



この布をつかってパターン作製をしているのがfushikinoさん。
fujiiさんの布を本当に本当に大切にしているのが、とても伝わってきます。
「せっかくの布をできるだけ切り落としたくないなと思って、今のデザインになっている。」と話すことばそのままに、その形はとてもシンプル。
でありながら、見に纏ったときに、身体にラインに合わせてうねるドレープやライン。
そして一枚の布の色の移り変わり。

布を眺めているだけでも信じられないくらい綺麗なのですが、
これが、人の体に纏わることで、さらに布が美しさを増す。
そして、人も。

すごいことです。

そしてそして、
これがきっとモスリンという布だからこそだと思うのですが、
ツルツルのシルクのように布だけが主張し過ぎたりしない。
色が鮮やかながらも不思議と素朴に抑えられていて、
派手かななんて心配しながらも、着ると驚くほどよくなじむのです。
そして、元気な色、淡い色、シックな色、その人それぞれに必ずなじむ色がある。

     IMG_1203_convert_20120415003307.jpg



4mの布からは、お洋服はほぼ2枚しか作れないそうで、
ということは、ある美しい一つの絵柄から、たった2枚しかそれを身につけられるチャンスがないということ。
しかも、どう布取りをするかで印象は大きく変わってくるので、
実際はたった一つのお洋服。


今日のお客さんが「出会っちゃった」と言っていましたが。
私もそんな気持ち。
fujii+fushikinoのお洋服に。自分の一枚に。そして、こんなモノづくりをしている二人組に。
出会っちゃった。



美しい布。
そしてそれを見に纏い、
人をより美しく見せるように寄り添ってくれる。
おしゃれ、とか、洋服をお買いもの、とか、そんな今までの概念が覆される体験。

fujii+fushikinoの服はそんな服だと思います。



対面で、お客さんと一緒に選んだり作製したりすることを大切にしているお二人。
15.21.22は二人とも京都から来て在廊してくださっています。
その日は既にあるお洋服だけでなく、
生地を合わせて、パターンをオーダーで作ってもくださいます。


     IMG_1205_convert_20120415003330.jpg


連日興奮してため息つきっぱなしの私。

本当に、みなさんにぜひぜひご紹介したいのです。




















スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/125-0ae1f875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。