アイルランドの音楽は、力強い音楽でした。

力強いとは、楽しくて温かいということなんだって、そんなことを思っていました。

それは、貴族の優雅にひらひらとした音楽でなく、労働の音楽、厳しい自然や暮らしの中で人とのふれあいからわき上がる楽しさ、苦しさ、喜び、
それはもう、すべてがごっちゃまぜになっちゃって、
いいも悪いも、生きてることそのもののような音楽。






3/20春分の日、棘の午後、アイリッシュのライヴが行われました。


窓の外は、はげた山。
お庭の治療中のため、植物がみんなどかされて、はげた山が茶色い肌を見せています。

それを背景に、音はどんどんと重ねられます。
休むことを恐れるような、そして、前へ前へとつんのめるような衝動や、
鼓動の高鳴りであったり、胸を揺さぶる切なさや。

なんだかその、窓の外の、荒れた景色がアイルランドそのものみたいに思えてきました。
なんていうのか
エミリーブロンテの「嵐が丘」・・・みたいな。
ヒースクリフ、そんなふうに生きなくてもいいんだよって、
音は強くて温かい。

窓の外のはげ山を、そんな思いで眺めていて、
そして、バンドの皆さんに視線を戻すと、
もう、音を鳴らすことそのものが、楽しくて楽しくて仕方ないといった様子。
こんなに楽しそうに演奏する人たちを、初めて見たかもしれません。

長い指がピラピラと動きまわって
足はもうじっとしていられないとばかりにリズムを刻んで、
そして、感情と一つになったかのような、フルートが奏でられて。

素晴らしい時間でした。


またこの空間で、素晴らしい時間が重ねられること楽しみに祈っています。

「ull glas」のみなさん。「O'Jizo」のみなさん、ありがとうございました。


     DSCN0183_convert_20120322203627.jpg
         (ull glas)

     DSCN0187_convert_20120322203702.jpg




     DSCN0191_convert_20120322203729.jpg
         (O'Jizo)



     DSCN0200_convert_20120322203756.jpg
         (最後にスペシャルで二組一緒に。)



     DSCN0202_convert_20120322203820.jpg
         (アンコールは私の大好きなサリーガーデン)



ライヴで購入した、O'Jizoさんのアルバムがまたとってもよくて、ずっと聴いてます。

 O'Jizo 「Highlight

O'Jizoでアコーディオンなどを弾いてる中村さんは、別グループ「John John Festival」で、4月にまた名古屋に来てくださるようです。
こちらもよさそう。私も何とか行きたいなぁ…。
 
  John John Festival HP : http://www.johnjohnfestival.com/



















スポンサーサイト
  
コメント
やっぱり音楽っていいなぁ
本当、力強くて楽しい音楽でしたね。
その中に時々ちらりと
暗い部分が見え隠れするのが好きだなぁ。

私の脳内には
種から芽が出るまでの様子を早送りしてる
映像が浮かんで。
一面に緑の植物の世界が広がってました。
どうやら今回はラスカル達は
どこかで休憩してたようですw

ちょうど今、私も美輪さんのようにCDかけながら
「はいはい、今ご飯作ってますからね。」と
少しだけさかされてる感じで
味噌ジャガきびご飯を炊いてます。
tasha│URL│03/23 18:51│編集
tashaさんへ
ありがとうございました。

本当に、
力強くて。

そして、tashさんの言葉を読んで、そうそう!なんだかあの、裸の土に音をしみこませているような、そんな気がしていたのを思い出しました。

また素晴らしい時間を共有できてうれしいです。

あのCDかけると、仕事の手が早くなりますよね!(笑)
薬草labo.棘│URL│03/25 00:17│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/tb.php/117-b2e4c568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)