秋ですね。

抜けるような青空が気持ちがよくて気持ちがよくて、
毎朝お店に向かう道すがら、「まるでカリフォルニアみたい!」と大きく深呼吸しながら足取りも軽いです。
(ここはカリフォルニアじゃあなくて、名古屋の昭和区なのですが・・・)

もうすっかり先月になってしまいましたが、8月のつきいち講座はローズマリーと夏の終わりのケアをテーマに行いました。

     8-1image

ローズマリーのリース作り。
生命力あふれるローズマリーの香りにお部屋中がつつまれて、
光の中で真剣な表情で手を動かしている皆さんを見ていると、
まるで中世ヨーロッパ、お祭りの準備か婚礼の準備か、
そんな気分になりました。

手仕事をする女の人というのはなんて美しいんだろう。

     8月




今後のつきいち講座
10月、11月、12月の内容をお知らせします。


10月 「ヘッド&ショルダートリートメント講座」

寒い冬が来る前に、しっかり体をほどいておいて、大きく秋のさわやかな空気を吸って今を味わうことができるように。
トリートメントの時にも訴えの多い肩周辺を、ご自宅で自分でもできる簡単トリートメントをお伝えします。

10/23(木)10:00~12:00頃 / 19:00~
10/26(日)10:00~12:00頃
3500円 
*シャツなど襟ぐりが大きく開けられる服装でお越しください。



11月 「和のハーブ、森のアロマ」

日本は緑あふれる島。そして古来からの薬草(ハーブ)が今も生活に息づいている島。
和のハーブや森のお話、そして国産精油を使った香りのスプレーづくり。
そして茜や春ウコンを使った染物も行います。

11/16(日)10:00~12:30頃
11/20(木)10:00~12:30頃 / 19:00~
3500円



12月 「女性の身体とリズムとハーブ」

‘女と男の身体は女と雌豚以上に違う’なんて言葉があるようですが、西洋医学では見落とされがちな女性の身体を知って
いくこと、そしてそれを整えていくにはアロマやハーブの自然のリズムの力に少し助けてもらうこと、
かねてからやりたいと思っていた、そんなテーマでいきたいと思います。
女性としての自分または大切な人の助けになる香りをブレンドして、練香水作り、
それから11月に染めた茜の布で布ナプキンをチクチク手縫いで作りたいなと思います。

12/18(木)10:00~12:30頃 / 19:00~
12/21(日)10:00~12:30頃
3500円


+木曜の午前と午後、日曜、と同内容で3回開催しますので、
ご都合のよい方でお申し込みください。




また、第2回目のアロマ基礎講座、
また新しく7名づつの皆様をお迎えして楽しく3回まで過ぎました。

傍で生きている植物たちに改めて心を向けて、
そこを起点に自分の暮らしを紡いでいくとき、支えあっている幸福感に満ちた毎日が始まる。
アロマテラピーを学ぶってそんなこと、
それが少しでも伝わっていくことは本当に喜び。
素晴らしい時間を私もいただいています。

アロマ基礎講座は、毎回よりよい講座になるようにと、反省と修正を加えながら進んでいます。
第3期生は春のアロマ検定をにらんでの、以下の日程になります。
ご興味ある方、少し先ですがスケジュールを調整していただければと思います。

薬草labo.棘 アロマ基礎講座 第3期生

【木曜コース】
2015. 2/26 3/12 3/26 4/9 4/23
【日曜コース】
2015. 3/1 3/15 3/29 4/12 4/26

10:00~12:30
19,000円 クラフト材料費込み

*アロマ検定1.2級に即した内容になっています。
ですが、講座内だけでは範囲をすべて網羅することは難しいですので、
受験される方はプラスご自分でもご自宅でお勉強していただくことが
必要となります。
資料はお渡しします。公式テキストをお求めの方は、講座内で
販売もいたしますので、どうぞお申し出ください。

*お休みされた場合の振り替えは、他コースで出ていただくことは可能です。
それ以外の日にちで設定する場合、振替料1,000円お願いいたします。
また、ご事情により続けることが困難になった場合には、残りの日数分から
キャンセル料として30%引かせていただいた分を返金致しますので、
お申し出ください。




スポンサーサイト
あなたの心地よい光は何色ですか?
光につながって、呼吸する・・・・。

         *

子供が自分の気持ちを整理するかのように
ごくごく自然に絵筆をはしらす森下聡子さん。

宇宙との繋がりを強く感じ、産まれたままの魂に
近づけば近づくほど自然とインスピレーションが降りてくる、と
話す彼女の作品を何点か見せていただいたときに感じたのは
絵で何かを表現している、というよりは、その、あるがままの姿を
そのまま絵に置き換えているような感触。

それは混ざり合う色や、線や形そのものが放つ
温かさや冷たさ、柔らかさ、時間の流れ。

その絵が控えめに語るごくごく自然でありふれた感覚は
彼女自身が生み出すものなのか、彼女を通過する別の何かなのか。

出産という大きな命のうねりに呼応するがことく
作品にも少しずつ変化が見え、古い作品と昨今の作品を順に追えば
きっとそのうねりの片鱗にふれることができるでしょう。

ここ、薬草labo.棘は、なぜか力強い生命力に
溢れる不思議な場所。

古い家の柱ひとつ。お庭に広がる植物たち。
たびたびこの場所に腰を下ろす小さなものたち。
そしてお店に出入りする様々な人々。

命のうねりを経て、日々変化し続ける森下聡子さんの
秋の個展がこの棘で始まります。


          *


S_Morishita_DM1c.jpg

光の中へ 森下聡子展

2014年9月25日(木)~10月7日(火)
11:00~18:00


◎会期中10月1日・2日はお休みをいただきます。
◎9月28日・10月5日の営業時間は12:30~18:00となります。


【森下 聡子】

1979年 地球に生まれる
1歳から絵を描き始める
16歳から自分で初めて画材を購入し独学で絵を描く
20歳で初の個展
27歳まで個展を5、6回開催
30歳 新たな命を授かり 引き続き楽しく絵を描いています


RIMG4275.jpg


unnamed_mori.jpg


 月が替わって9月になって、
すっかり季節が変わったのを感じます。
季節だけでなく、全体的な雰囲気ががらりと変わったような、私個人的にはそんな感じがしています。

激しい時間の流れの中で、おぼれないように必死にもがいて息をしていたような、8月はそんな感じ。
今思えばですけれど。
そんな中でもいろいろなことを前に進めてこられたのは、棘、頑張ったなぁ…。

9月になって、急に涼しい風が舞い込んできて、
とても心穏やかに、感謝と幸せな気持ちで満たされていて、あれ、と。

強い日差しによって蒸発された水が激しく大気をうごめいていたのが落ち着いたからかな。
人間も動物の一部だと、本当に感じます。

9月に予定されていた増田佳子さんのデトックスワークショップは、彼女の身内の不幸があったためシアトルに戻らなくてはならなくなり、急きょ中止とさせていただきます
すでにお申込みいただいたみなさま、申し訳ありません。
増田佳子さんのほうからご連絡がいっていると思いますが、ぜひ10月の回にご参加いただけたらこちらとしてもうれしいです。

10月のワークショップは2回とも予定通り開催です。
ひとつ乗り越えた彼女はきっと、清々しい思いで皆さんと素晴らしい時間を作ってくれるんじゃないかと思います。

こちらはまだ少し空きがありますので、ご希望の方は棘までお申し込みください。

増田佳子 DETOXワークショップのお知らせ


棘のお庭も秋のお花が咲きつつあります。
ミズヒキソウ、ワレモコウ、バラ、松虫草・・・
秋のお花は素朴で味わい深くてまた好きです。

     IMG_9132.jpg


先週からのランチでは、イチジクの生春巻きをお出ししていました。
試行錯誤の上で生まれたこのメニューがとても好評だったのでとてもうれしいです。

     IMG_9118.jpg


カボチャもホクホク甘くておいしい。

イチジクがまだあるから、こちらは引き続き来週までやろうかな。
など考え中。


徒然つれづれ・・・