棘の茶週間、終了しました。

今村桂子さんによるお茶にまつわるさまざまを、日ごとに趣向を変えてお届けしたこのイベント。
毎日毎日素晴らしく、驚きの連続でした。

和はやはりいいですね。


桂子さんの手によって生み出されるお料理は、秋の彩満載でした。
実りの秋。
春夏と季節を経て、冬を前にしてその実りをあちらこちらで。
赤、黄、緑、茶。
お料理を出し終わった後の、作業台に残されたお料理のかけらですら、にぎやかに輝きを放っていました。


     IMG_6746 - コピー


     IMG_6739 - コピー

     IMG_6750 - コピー


     IMG_6761 - コピー

     

そして、日本茶の深い深い味わい。

今回、会期を通して出されるお抹茶やお煎茶などはすべて、Sachiブランドで活躍されている日本茶コーディネーターのサチさんに持ってきていただきました。
そして最終日の洋風懐石では、そのコースに合うお茶をワインのようにセレクトしていただいて煎れていただくという贅沢。


     IMG_6734 - コピー


     
     IMG_6797 - コピー



    IMG_6785 - コピー



     IMG_6773 - コピー




食前酒がわりの八女玉露。
二煎目はそれをオンザロックで、
まろやかで何層にも香り、苦み、甘味がやってくる日本茶の味わいの奥深さ。
ほかにも番茶スパークリングや、日本酒とお茶を合わせたものや、
驚きの連続でした。

お茶の木という植物は、ハーブティの中でもまさに別格といえるものですね。



     IMG_6796 - コピー




栗、カボチャ、銀杏、どんぐり、、、、
そしてお茶。
いつでもぐるりと見渡せば手に入るこれらそのものを丁寧に手をかけることで、
見事なおもてなしができる。



     IMG_6782 - コピー




和の世界
すなわち日本に住む私たちの世界。

人口の増加とともにあった経済成長を終えてしまった私たちの暮らし、特に震災後の日本は、もう、かつてのような目新しいものをどんどん求めてお金に換えていた時代ではなくなっているように思います。

これから私たちがどう豊かに生きていくか、
それはもう、こうして身の回りにある豊かなものに丁寧に目を向けて、手をかけていく豊かさしかなく、
それこそが確かで本物であろうと思うのです。

今回桂子さんとサチさんというお二人に、そのやり方を鮮やかに見せていただいて、
その考えに確信を持ちました。


     IMG_6738 - コピー


棘はそういったものを、日々淡々と、そして時にはパーッとお祭りのように、
楽しく豊かに皆さんと新しい時代の生き方を作っていきたいなと思っています。



今朝は
お庭にたくさんたくさんいた、緑のバッタが、
枯葉が増えるに合わせてか、
茶色のバッタになっていました。
そして、
モミジが一枚だけ、ひらりと鮮やかに色づきました。


     >

    






スポンサーサイト
本日10月25日(金)より27日(日)まで
Tijsの今村桂子さんによる
「棘のお茶週間 名残のお茶の愉しみ」イベントのため
通常のランチ・カフェ営業はしておりません。


通常の棘ランチ・カフェ営業は28日(月)からになります。
よろしくお願いします。


本日25日(金)は「プチ茶懐石作り教室&お茶会」の日。
台風の影響でにわか雨が続く中、朝早くから、お申込みされた
お客様が集まり、皆々様熱心に桂子さんの言葉に耳を傾け
銀杏の皮を向いたり、ひじきを煮たり。
いったいどんな茶懐石料理が出来上がるのか。
今から楽しみです。

そして明日26日は「季節を感じる素朴な茶懐石ランチ
とお茶タイム」
と題し、季節のお野菜、野草や旬のお魚を使った
素朴な茶懐石をランチとしてご用意します。
 ※12:00~14:00 限定15食
 ※予約の方多数。お問い合わせください。

また、この日は14:00~18:00までカフェタイムとして
秋のお菓子とお抹茶、この時期に美味しくいただける
日本茶などをご用意します。

先日、桂子さんにお菓子の試作の写真を
いただいたので、少しだけご紹介。

IMG_8844.jpg

葉っぱの中身は栗とあんこのきんとん。形は変更するかも?
いろいろな形のは秋の庭をイメージした黄粉のすはまです。
落雁みたいな感じ。そのほか、お持ち帰りできる栗粉の
クッキーもあり。あとは栗の渋皮煮。
甘味として秋の感覚のあんみつやいちぢくもお出しします。


とのことです。お楽しみに!


そしてそして最終日27日(日)は、18:30より
「洋風懐石と日本茶の楽しみ」と題して
季節の野菜や旬のお魚などの和の食材を洋風にアレンジした
お食事に合わせて、日本茶インストラクターの成田幸世さんが
食前酒から食後酒までお料理に合わせた季節のお茶を
ご用意してくださいます。
お茶の新たな楽しみ方や発見も。

さまざまなお茶やワインと供にゆったりと秋の名残を
味わっていただけたらと思います。
※定員13名/こちら受付終了しました!


図らずも雨に濡れ、緑深まる棘のお庭を眺めながら
お茶や懐石料理を交えて、季節の変わり目を静かに
感じていただけたなら。


Tijsの今村桂子さんによる
「棘のお茶週間~名残のお茶の楽しみ~」
各イベントの紹介文や、参加費など、詳しくは
こちらをご覧ください。
http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/blog-entry-254.html
 
 

--
また、私事になりますが、店主がアロマインストラクターの説明会参加etc.
のため東京へ行かなければならないので、11月14日(木)~16日(土)の
カフェ・ランチ・アロマトリートメントの営業をお休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
 
 
夜長に耳を澄ませば聞こえてくるのは
ただただ秋の声。

朝晩少々冷え込みますが、空は深く澄み渡り、
日増しに秋の深まる季節となりました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。


ここ薬草labo.棘では、来月11月17日(日)に
「いつでも、どこでも、おきがるに!」をモットーに
町から町へと旅を続け、影絵原画の制作から
影絵パフォーマンスと、様々な角度で光と影に取組中の
"影絵屋さんSAKURA"さんをお招きしまして、
『小さな影絵ショー』を開催します。

紙芝居をイメージした自家製の枠の中で
中国影絵を参考にしたというSAKURAさんの手で生み出された
愛すべき影のキャラクターたちが、ときに楽しく、
ときに切ない、様々な物語を紡ぎ出します。

今回の影絵ショーは、昼と夜の二本立て。

昼の部1回目の題目は、
お子様にも楽しんでもらえるように、と
お話影絵「のびる」を。

 主人公は小さな女の子ちいちゃん、
 魔法のことばでのびてのびて。。。
 ちょっぴり怖くてどこか可笑しい、
 SAKURAの創作童話です。


夜の部2回目の題目は、
お話影絵「野ばら(作:小川未明)」。

 日本のアンデルセンと呼ばれる童話作家、
 小川未明の短編を影絵にしました。
 2つの国の国境で出会った2人の兵隊さんたちの
 友情と運命は。。。平和を訴えるメッセージが
 心にしみる、切ない物語です。



どちらも静かな秋の日曜日に、ほっこりほっこり
心に響く、素敵な物語のようです。

今回はSAKURAさんのほかにアシスタントとして
Ambivalentのあゆなさんも同行してくれます。

皆々様、お誘い合わせのうえ、ぜひぜひこの機会に
光と影のファンタジーを堪能しにいらしてください。

当日は、ちょっとしたおやつとお食事もご用意します。
お楽しみに。


--

影絵屋さんSAKURAの
小さな影絵ショー


11/17(日)

1ドリンク500円+投げ銭制
簡単なおやつとお食事もご用意します。

1回目/14:00~15:00
お話影絵「のびる」

2回目/19:00~20:00
お話影絵「野ばら(作:小川未明)」


★影絵師SAKURA
ダンス、映像、生演奏と影絵を組み合わせたパフォーマンスユニット、
Ambivalent代表。2008年中国へ渡り伝統的な影絵「皮影戯」の技法を学ぶ。
2009年より単独影絵芝居「影絵屋さんSAKURA」をスタート。
首都圏を中心に幼稚園や保育園、やライブイベント等で活動中。

f84bcb7f20f6cd933d070f51ba69efd92098f7b7_82_2_9_2.jpg



影絵屋さんSAKURAさんのblog「影絵のいおり~桜庵~」
http://plaza.rakuten.co.jp/shadowart5sakura/

  
 そういえばご報告が遅れましたが、秋に受験した、NARDアロマインストラクター試験、合格しました。

思えば、棘をアロマ資格認定校にしようと本気で動き始め、受験を宣言してからはや1年。
昨年秋の試験は私のまさかの手続きミスで受けられず。
半年後の今春、なんとしてでもここで受かりたいと、9か月のお腹で大阪まで出向き一次の筆記、二次の口述試験に挑みまして、何とか合格することができました。
応援して下さったみなさま、ありがとうございます!

来月11月に、認定校開校の手続きで東京へ行って、準備が整いましたら、1月より棘のアロマクラスは始まります。

NARDアドバイザーという基本の資格対応講座をはじめ、様々なクラスを開いていきたいと思っています。

取り組み始めてから一年もかかってしまいましたが、その間に妊娠・出産を経たことで、マタニティのトリートメントや、分娩時、そして今授乳中もアロマやハーブにたくさん助けられ、よりその魅力を感じることができたのはかえって良かったと思います。

アロマとハーブのある暮らしの楽しさ、素晴らしさをみなさんに伝えていけたら。


1月からの認定校に関しては、11月の手続きが完了した時点でまたお知らせしていきますね。

その前に、プレ講座として10月、11月、12月と、アロマやハーブの小さな講座を開きます
10月はハンドトリートメント。
ハンドトリートメントは難しいテクニックなんて何もいらない、いつでも簡単にしてあげられる、とってもとってもいいものです。
11月以降はまた内容お知らせします。

お気軽にご参加ください。




心に届く 優しいハンドトリートメント講座


アロマテラピーのは3つの大きな力があります。
植物の持つ薬効、与えられた土地で生き抜こうとする力。
その植物の放つ自然の香りによるココロとカラダの反応。
そして、人の手の持つ力。
温かな気持ちを胸に、植物を手に取って、大切な人に触れたとき、
あなたが思っている以上に優しく力強く、その相手に届くでしょう。
誰にでもすぐにできるハンドトリートメント。
その方法と、大切なエッセンスをそっと教えます


10/17(木)19:00~
10/27(日)13:00~

二日とも同内容です、ご都合のいい日をお選びください。

2100yen お茶とお菓子つき
講座前にお食事つきにもできます。3100yen 要予約 1時間半前からおはいりいただけます。




講師 原田 美輪


d0181861_8205034.jpg


薬草labo.棘 主宰。
AEAJアロマセラピスト、NARDインストラクター、看護師。
看護師として病棟、在宅、心療内科での勤務を経て、
安曇野にあるホリスティックリトリート「穂高養生園」にてアロマとハーブに携わる。
「街暮らしの中にも、自然のリズムと力を取り戻せる場所を」との思いから、
2011より名古屋の古民家にてcafe&salon「薬草labo.棘」オープン。
本当に身体が喜ぶ食事づくりとアロマとハーブをライフワークに、
様々な人が行き交い、未来をよりよくしていくための上質なものが生み出される、
サロンのようなお店になればと日々精進中



 前回お知らせしました、「棘のお茶週間~名残のお茶の楽しみ~」ですが、
27日のSachiさんとのコラボレーションによる洋風懐石のディナーですが、参加費など未定だった部分が固まりましたのでお知らせいたします。

27日は、参加費5500円となりました。
著名な料理研究家の方の営む料亭(?)和食のお店での板前修業をはじめ、フレンチやマクロビなど様々なお料理を修業されてきた桂子さん。
それらがすべて生かされた本気のお料理はとってもとっても楽しみです。

ぜひぜひ。

 
27日(日)18時半~
洋風懐石と日本茶の楽しみ
  季節の野菜や旬のお魚などの和の食材を洋風にアレンジしたお食事に合わせて、日本茶インストラクターの成田幸世さんが食前酒から
食後酒までお料理に合わせた季節のお茶をご用意してくださいます。
お茶の新たな楽しみ方や発見も。
さまざまなお茶やワインと供にゆったりと秋の名残を味わっていただけたらと思います。
定員:13名様
 参加費:5500円(幸さんのお茶のコーディネート付き)

成田幸世さん:茶処「東陽園」勤務にしながら、日本茶インストラクターとしてさまざまな活動をしながらお茶の楽しみを伝え、
またお気に入りの茶園から直接仕入れたお茶を販売する、オリジナルブランド「Sachi」を立ち上げています。



前回の記事も、各イベントの紹介文や、参加費など、追加情報を踏まえて訂正してありますので、詳しくまとめてはそちらをご覧ください。

http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/blog-entry-254.html


お店を再開して10日がたちました。
以前から来てくださっていた方とのうれしい再会や、新しく近くから遠くから来てくださった方。
赤ちゃんのことを知ってくださっている方や、お店に来て赤ちゃんの存在を認めてニッコリ言葉をかけてくださる方、
みなさまとのやり取りが楽しくて、毎日幸せです。
ありがとうございます。

そうこうしているうちに、すっかり9月も終わり10月に入りました。
棘のお庭も秋の気配が色濃くなってきました。
紅葉はまだまだ緑ですが、
ウメモドキが赤い実をつけ、ススキが咲き、そして、昨年まで見たことのない可愛いお花もひっそりと咲いています。

     IMG_6574.jpg


たびたび棘でイベントを開いてくださっているTijsの今村桂子さんが、3か月のフランスやヨーロッパでのお仕事を終えられ、しばしの帰国をされています。
そして10月末に棘でイベントを開いてくださることになりました。

今回は「棘のお茶週間」とタイトルをつけ、
表千家講師でもある桂子さんによる、お茶菓子作り教室や茶懐石教室と簡単なお茶の会。
そして気軽なランチやSachiさんとのコラボによる洋風懐石ディナーなど、お茶をテーマにした様々な企画がたくさん盛り込まれた4日間となります。

いつもファンですぐに定員いっぱいになってしまい、なかなかブログ告知まで至れず事後報告になってしまいがちなのですが、
今回は会期も長いですので、ぜひぜひご興味ある方ご参加ください。
桂子さんのお料理や人柄に触れられる、楽しい時間を過ごせると思います。

*土曜日の午後のお茶の時間以外はすべて予約制となります。
*土曜日ランチは12:00~14:00(L.O)でお好きな時間で、日曜日の洋風懐石ディナーは18:30です。

ご予約は棘まで
052(880)7932
yakusoulabotoge@live.jp

      IMG_6573.jpg





棘のお茶週間 名残のお茶の愉しみ

秋も終盤にさしかかる10月の終わり、冬の気配が強くなって少しもの淋しい気持ちにもなってきます。
茶の湯では10月は名残と呼ばれます。
11月に口を切った茶壷のお茶も残り少なくなり、なんとなく心細く、お茶の名残が惜しまれる気持ち
からこう呼ばれています。

茶壷のお茶はなじみがない方が多いですが、季節の移り変わりを感じて名残惜しい気持ちになるものです。
草木の色が変わり、葉が落ちて、冷え冷えとした風はもの淋しい思いをつのらせる、まさに「侘びさび」
の趣を愉しむのも日本人ならでは。

そんな秋の名残を惜しむ気持ちをお菓子や茶懐石、お茶と供にしみじみと味わっていただけたらと思います。
今回は秋の味覚を作る愉しみ、しみじみ味わう、華やぎを添えて味わう、そんないくつかの愉しみ方を
企画させていただきました。

お時間やご興味に合わせて参加していただけたら幸いです。





24日(木)13:30~17:00ぐらい

お茶席の和菓子2種(主菓子、干菓子)作り教室&お茶会
秋を感じる和菓子作りとそれをいただきながらお茶会をしましょう
お茶席でのお菓子のいただき方、お抹茶のいただき方もお伝えしますので、初めての方もお気軽に。
季節を感じるお茶会の雰囲気を気楽に愉しんでいただけたらと思います。
定員:8名様
参加費:3500円
      持ち物:エプロン、手拭タオル、ある方はお懐紙と黒文字などの楊枝(ない方はご用意します)、替え用の白の靴下か足袋



25日(金)10:00~15:30ぐらい

プチ茶懐石作り教室&お茶会

お茶会ではお花やしつらい、お料理などに季節を感じるものを盛り込んでお部屋の中でも自然を愉しみます。
茶懐石は和食の基本。
今回は気軽にいただける小さな茶懐石を季節の野菜や旬のお魚、身近な野草なども取り入れて季節のおもてなしを学び、
それをいただきながらお茶会をしましょう
茶懐石のいただき方の基本や、お菓子、お抹茶のいただき方もお伝えしますので、初めての方もお気軽に。
季節を感じるお茶事の雰囲気を気楽に愉しんでいただけたらと思います。
定員:8名様
参加費:5000円
持ち物:エプロン、手拭タオル、ある方はお懐紙と黒文字などの楊枝(ない方はご用意します)、替え用の白の靴下か足袋




26日(土)

季節を感じる素朴な茶懐石ランチとお茶タイム

12:00~14:00(ランチ) 
季節のお野菜、野草や旬のお魚を使った素朴な茶懐石をご用意します。
2000円(限定15食)
14:00~18:00(お茶)
秋のお菓子とお抹茶、この時期に美味しくいただける日本茶などをご用意します。
    


27日(日)18時半~

洋風懐石と日本茶の楽しみ
季節の野菜や旬のお魚などの和の食材を洋風にアレンジしたお食事に合わせて、日本茶インストラクターの成田幸世さんが食前酒から食後酒までお料理に合わせた季節のお茶をご用意してくださいます。
お茶の新たな楽しみ方や発見も。
さまざまなお茶やワインと供にゆったりと秋の名残を味わっていただけたらと思います。
定員:13名様
 参加費:5500円(幸さんのお茶のコーディネート付き)

成田幸世さん:茶処「東陽園」勤務にしながら、日本茶インストラクターとしてさまざまな活動をしながらお茶の楽しみを伝え、
またお気に入りの茶園から直接仕入れたお茶を販売する、オリジナルブランド「Sachi」を立ち上げています。

   



Tijs 今村桂子  http://tijs777.blog.fc2.com/
   料理人(自然の恵みをありがたくいただけるお料理 )
   表千家講師
愛知県出まれ。いくつかの飲食店の経験後、「ティス茶房」を名古屋で友人と営む。
その後長野のオーベルジュ、名古屋の和食店、安曇野のホリスティックリトリートの宿の料理担当、箱根の料理旅館の板前などと料理を続けつつ、自然の恵みをありがたくいただける、
身体にも優しいおもてなし心がけて出張料理やケータリング、料理教室などの活動中。
現在はフランスを中心に野草ワークの料理担当などをしながら、フランスと日本を行き来しつつ、日本の良さをフランスに伝えること、またフランスでの自然の楽しみ方を日本にも伝えて
いけたらと思っている。