上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棘の夜は、光の降り注ぐお昼間とはすっかり気配を変えて、
静かに静かに
世界のここにだけ灯りがポットと持ったような、そんな場所です。

そんな秋の夜に、ホーミーと馬頭琴奏者の岡林立哉さんをお招きして、

棘の夜から悠久のモンゴルの大地へといざなわれていくような、
そんな時間をご用意しました。

素晴らしい夜を。


     stary_ger.jpg




 「ホーミーと馬頭琴の夜」 岡林立哉LIVE


10/26(金) 19:00開場 19:30開演
3000円 前日までの予約の方は1drinkつき


ホーミー(モンゴル語:Хөөмий (Khöömii)、フーミーとも)とは、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法のうち、西部オイラト諸族(モンゴル国西部と中国新疆ウイグル自治区北部に居住)に伝わるものの呼称。
歌い手が普通の声と高い声の2種類を同時に出すことで知られています。
モンゴルでは家畜を呼び寄せたり乳をとる時などに聞かせると、動物が心を寄り添わせてくれるのだとか。

馬頭琴、馬のしっぽの弦と馬のしっぽの弓で弾くモンゴルの楽器。
モンゴルでは馬は幸運を表し、この楽器を奏でるとその家には幸運が訪れるといい、お祝い事などで演奏されたりするそうです。


ホーミー・馬頭琴奏者  岡林立哉

khovd.jpg


モンゴルを訪れること数知れず、計2年以上の滞在期間中の遊牧民との生活、歌を求めての奥地への旅、それ以後の放浪生活で培った、
素朴で伸びやかな馬頭琴の音、繊細かつ力強いホーミーの音は、国家、民族を超えて、幅広い支持を得ている。
ホーミーの宇宙的響き。馬頭琴の素朴な暖かさ。「音」そのものの持つ力を表現することをテーマに演奏活動中。


岡林立哉 HP  
http://www.khoomiiman.info/index.htm



スポンサーサイト
「・・・ぼんやりとした狼狽のようなものが、かわるがわるきれいな桔梗色のそらにうちあげられるのでした・・・」
                    (「銀河鉄道の夜」宮沢賢治)



マツザカヤストアの裏の花屋さんで、ふと桔梗の苗をみつけたので、お庭に植えてみました。
桔梗の根は確か薬効があったはず。棘薬草園の仲間入りです。

     
     IMG_3221_convert_20120927184202.jpg


桔梗の青は清々しい青です。
ほんのり紫でありながら、お坊さんの袈裟のようなどっしりねっとりした感じはなく、そしてその清々しさを強調するようなスッスッと走ったライン。

秋の青です。

棘の庭は秋に移り変わっていっています。
小さな花がひっそりと咲くことができるくらいに日差しは和らいできていて。

  
     IMG_3222_convert_20120927184142.jpg

     

外に出て、
空気を胸一杯に含んでみたくなる。
風にカラダを包まれてみたくなる。

空も、
緑も、
身の回りの何もかもが気持ち良くて美しい。




ただいまえみおわすの服展が開催されています。


     IMG_3180_convert_20120927184242.jpg
 


藍、墨、アカメガシワ、カイガラムシ、そして木綿本来の色…

ラックに並んでいる色を眺めていて、
またはお客さんが手に取ったり観に纏ったりしているのを眺めていて、
しみじみ
なんて綺麗なんだろう…って。
自然の色。


えみおわすの服と秋の始まりの感じは何か通じるところがありそうです。

ヒトの手の生み出した物ではない、何色とも言えないような深い深い色。
そして、身にどこまでもなじむ気持ち良さがありつつも、
だらりとしない。

そう、だらりとしない。
背筋がピット伸びて、人をその服にふさわしいように引き上げさせてくれるような、そんなお洋服。
清廉といった言葉がふさわしい秋の初めの感じです。


私は今年は、
藍の立ち襟シャツをいただくことにしました。
こんな色を身につけられることの贅沢さにうっとり。

さらに、昨日行ったstudio マノマノさんでのボタン展で、吟味に吟味を重ねて選び出し陶器のボタン。これを襟もとにつけてみようかな、と、ウキウキ思案中。


     IMG_3220_convert_20120927184304.jpg






お庭の紫式部がさらに色づいてきて、
何となく調べていたら、
学名のCallicarpa japonicaはギリシャ語で「日本の美しい実」の意味。とあり、なんだか嬉しい。

葉っぱには止血収斂効果があるらしいし、
この紫の実をつけた果実酒は赤褐色のおいしいお酒になるんだって。

もう少し色づいたら作ってみよう。
といっても、味見ができないのが私の最大の弱み。
味見してくれる人は大歓迎です。


     IMG_3225_convert_20120927184101.jpg


移り変わっていくお庭を観察し、
美しい服にそでを通し、
そしてすこしお裁縫。
秋の食べ物に思いをはせて、

それだけで幸せ。




 日を追うごとに秋の気配がつよまってきました。

お隣の庭を借景として、そこにある桜の葉はだいぶ色づいてきているし、
棘の玄関先の紫式部も徐々に紫色を帯びてきました。



     IMG_3146_convert_20120918181956.jpg



日本人はもともと、その繊細な感性で、
季節が移ろっていくのを肌で感じ、愛で、指標として、
暮らしを作っていっていたのだと思います。

この土地の全てのもの
太陽や月、空や天候の変化、
草花や虫たち、

そして自分の身体と心…

すべてはつながっていることを確かに感じていて、
それが暦というものにまとめられ、みながその認識を確かめあう。。。

日本で1300年もの間使われていた旧暦は、太陰暦に二十四節季などの季節変化をあらわす要素を組み合わせたもの。
そこにはそれぞれ美しい日本語の名前が付けられています。

今はちょうど、秋分直前、
草木に露がおかれ始めるという、白露の末候にあたり、「燕去る」という時です。

燕去る。

ぐんと澄んだ空に、まっすぐにとんでいく、キリリとした姿が思い浮かび、
ちょっと気持ちをキリリとしたくなる。



私はできるだけ、旧暦を意識しながら、
自然の移ろいに身を任せて生きていけたらなぁと。
と、思っています。


というわけで、
年に四度ある、お節句。
3月3日 5月5日 7月7日 そして、9月9日。
この節目をみなさまとぜひと思い、

以前から旧暦や季節を敬い、楽しみながらおもてなしの会を開催しているお二人を主催にお迎えして、
旧暦9月9日の菊の節句を味わう会を開催します。

Sachiブランドでも有名な、日本茶インストラクターの成田幸世さんも加わってくださって、
会にちなんだ日本茶を、美しい作法で煎れていただけます。

お抹茶の会ではありません。
どうぞお気楽な気持ちで(笑)、私たちの今の季節を味わう会、どうぞお待ちしております。
男性の方も大歓迎です。


     b2f4681c9b47ece50874eca0b3d1cae0_convert_20120918182030.jpg






菊の節句を楽しむ会(仮題)



 風の気配、雲のたたずまいに秋の深まる様子が感じられるようになりました。

みなさま、残暑の疲れを癒し、健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。

さて、9月9日はおめでたいとされる「陽」の数(奇数)の重なる日。この日は古くより「重陽の節句」として長寿を願い、祝われてきました。桃や端午の節句と比べるとあまり知られておりません。しかし、かつては最も大切な節句日として、人々は暮らしていたそうです。

旧暦9月9日にあたる10月23日を前に、季節のうつろいや自然の時の流れに目や耳や心を傾け、寄り添う会を開催するはこびとなりました。

この季(とき)を楽しむ食事、日本茶、しつらい、そしてそれらを彩る美しい和歌や古典とともに、ゆるやかな夕べをご一緒できましたら、とても嬉しいです。

みなさまのご参会を、心よりお待ち申し上げます。



  10/14(日) 17:00~

  会費 3200円 軽いお食事、お茶、お菓子つき
  
  *定員10名
  *9月中にご予約くださった方には、美しい招待状をお送りします。ご住所も併せてお教えください。
  *お洋服でも構いませんが、季節にちなんだお着物で来ていただいたら大変うれしいです。
  

  ご予約は棘まで 
   052(880)7932 ←9月より番号変わりました。
   yakusoulabotoge@live.jp



     IMG_3145_convert_20120918182052.jpg







暑い中にも、秋らしいさわやかな風を感じる時が増えてきましたね。

棘はこれからもいろいろ盛りだくさんで、今はその準備準備です。


前回お知らせしましたポラリティセラピーですが、私の方で金額を間違えて掲載しておりましたので、
訂正させていただきます。

70分 7500円と書いてしまいましたが、70分 6500円の間違いです。
前回のブログ記事は訂正させていただきましたので、既にみてチェックされていた方、よろしくお願いいたします。
順調にご予約いただいていて、あといくつか枠が残っております。
どうぞお早めにお問い合わせくださいませ。




それから、お知らせですが、

14(金)15(土)の二日間は
店主がアロマの講習会で大阪に行っておりますので、臨時休業とさせてただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

そして、大阪から帰ってきた16日以降ですが、
9月からの新体制になり、本来ならば
16(日)はアロマの日
17日(月)はランチカフェの日、
18日(火)はランチとアロマの日で予約の方のみ

となるはずですが、
祝日があることと、ポラリティセラピーが行われる関係で、
16も18もアロマはお休み
16~18すべてランチとカフェの営業をしております。
(18は平日なので要予約)

つまり、整理しますと、

14(金) 臨時休業
15(土) 臨時休業
16(日) ランチ&カフェ (ランチは予約なし15食限定)
17(月・祝) ランチ&カフェ (ランチは予約なし15食限定)
18(火)  ランチ&カフェ  (ランチは前日までの要予約)



9月は元々決まっていた展示などもあり、変則的な営業が続きます。
どうぞよろしくお願いします。


 えみおわす展に先駆けまして、もう一つスペシャルなお知らせです。

以前7月にも棘で特別に行われました、カナザワエミのポラリティセラピーが、再び来てくれることになりました。

9/16(日)・17(月・祝)・18(火)の三日間です。
*この間はアロマはお休みさせていただきまして、アロマの日にあたる日・火もカフェ&ランチ営業いたします

前回たくさんたくさんの方にお問い合わせをいただきまして、定員いっぱいで受けていただけない方も多数ありました。
ご興味のある方、ぜひ。


前回受けられた方からは、終了後、
たくさんの驚きの反応をいただいています。

私も施術をしてもらいましたが、施術中に、今までに体験したことのない不思議な体験をしました。

なんとも不思議な感覚のこのポラリテセラピー。きっと受けた直後に自分で感じた以上の変化がじわじわと起こっていくんじゃないかなという気がしています。



     


ポラリティセラピー

9/16(日)・17(月・祝)・18(火)

11:00~ 14:00~ 16:30~

70分 6500円  
90分 8000円


ポラリティーセラピーとは…

1940年代にアメリカ人医師、ランドルフ・ストーン博士により発展した代替医療です。心と体と精神、そしてスピリチュアリティー(人間の霊性)を一つの生命体と捉え、それらが調和しエネルギーが自由に流れている状態(健康状態)を目指します。
人間関係や自分自身に悩んでいる方、肩こり、腰痛、疲労、不安感、不眠、神経痛、自律神経系疾患、ストレス、胃腸障害…など慢性的な症状を持つ方にも向いています。
☆動きやすい恰好でお越しください。
セッションでは、最初に椅子に座りながらお話をします。その後、服を着たままマッサージベッドに横になって頂きます。その中で、人生においても、肉体・感情、スピリチュアルな面においてもブロックになっている根源的な部位へのアプローチを丁寧に行っていきます。
ユニークな方法で、エネルギーの流れとバランスを整え、真新しく自然体でいる自分を取り戻す事を力強くサポートしていきます。(医療行為ではありません。)
初めて受けて頂いた方の感想は人それぞれなのですが、多くの方の声に、広がりを感じた。寝ているか寝ていないかわからない感じで不思議な感じ。内側がすっきりした。心地良かった。などなど。。。中には好転反応で痺れ、痛みなどを感じる方もおられますが、それも大体は身体が良くなろうとするプロセスの一部です。


もし、質問などがあれば一度ご連絡下さい。
宜しくお願いします。

連絡先:カナザワエミ
e.wa.wa.wa.o-o.55@i.softbank.jp




ご予約は棘まで
052(880)7932 ← 番号変わりました!
yakusoulabotoge@live.j


棘ブログ 前回のポラリティセラピーのご案内記事




棘のお庭の水鉢では、念願だったメダカを飼い始めました。
水に放したとたん、今水鉢はミズガシワの根がすごいので、どこに行ったか全く見えなくなってしまいました。
そこで、二日目に仕方ないので根を少し切って中が見える場所を作りました。
そうしたら、5匹元気に泳いでします。

毎日暇さえあれば水鉢を覗きに行ってしまい、気になって気になって…
たいした動きをする訳でもないのだけど、どれだけ見てても見飽きません。

餌はやらないで水中の自然の微生物で循環するといいなあと思っているのですが、
いかんせん魚。
お腹がすいているのかどうなのか、まだ知りあって間もないこともあり、全然読み取れません。
そこで、とりあえず二日に一回くらいであげてみているんだけど、どうかな。


     IMG_3099_convert_20120911235606.jpg







 棘の新体制も決まり、ほっと一息。

まだご存じない方には来ていただいてお断りすることになったりすることも多々あり、本当に心苦しく思っています。
でも、新しい貸切形態のアロマも始まり、やっぱり一対一でゆったり向かい合えるのっていいな、アロマはこうでなくちゃなって、うれしい日々です。

新体制になって棘はますます良くなっています。

みなさまぜひ覗きに来てください。


そんな感じで、ゆっくり動き始めた新生棘。

えみおわす展が近づいてきました。


えみおわす展は、昨年も同じ時期に棘で開催され、私にとってもお客さんにとっても、とってもとっても素晴らしい時間となった展示会です。
だから、楽しみにしてくださっている方も多いのでは。

あれから一年の間、ちょこちょこと彼らのお仕事をブログ等で見続けてきて、あぁいい仕事するなぁと襟を正したくなる気持ち。
そしてまた、春には家族で遊びにも来てくれましたが、
大きくなったソウちゃんを囲む彼らのまなざしやたたずまい、いのちを育む家族の空気。
やっぱり人間性あってのこの仕事なんだな、と改めて感じずにはいられませんでした。


     008_convert_20120910012937.jpg


     009_convert_20120910013531.jpg



昨年の棘を知らず、えみおわすのことを知らない方のためにご説明。



「えみおわす」とは
アベナオキ ミズタジュンコの夫婦ユニット。
自然素材と手仕事にこだわったお洋服屋さんです。
タイやラオスの藍や草木で染めた手織り木綿や麻の布、
それらでシンプルで気持ちの良いお洋服を作っています。
他にも手紬手織りのショール、
手編みのウールの小物など。
最近は、地産地消、日本の良さにも目を向けて、日本で作られた素晴らしい布を使ったものも持ってきてくれます。

草木で紡がれ、草木で染められた布。
丁寧に作られた布はそれだけでとても力強く、気持ちの良いものです。
そしてそれをいかすシンプルな形。

全国にたくさんのファンを持つえみおわす。
展示会でしか販売せず、
しかも今まで東京、京都などでしか開催されていなかったため、遠くまで足を運んでいる方も多いのです。

ナオキ君がたまたま私の高校時代の同級生というご縁もあって、昨年名古屋の棘で初めて開催してもらいました。
私も昨年の会期中、じっくりここのお洋服や布たちと向き合って、しみじみ、その世界に脱帽。


    刺子


     服
昨年のえみおわす展より


ぜひたくさんの方に、出会って欲しいです。



期間中はアロマはお休みで、えみおわすを長く味わっていただけるような、変則的な営業となります。
何卒よろしくお願いします。





えみおわす展


     IMG_convert_20120910012859.jpg


     IMG_0001_convert_20120910012919.jpg



9/21(金)~30(日)

会期中9/26(水)のみお休み
11:00~18:00 金土日は~19:00まで
Lunch 11:00~14:00 (平日は前日までの予約制)


初日ともしかしたら二日目も、えみおわすのナオキ君在廊しています。
彼の魅力もえみおわすの魅力の一部。ぜひ会いに来てください。


えみおわす HP http://emiowasu.com/emiowasuhanten/emiowasu_menu.html

えみおわすで昨年、棘を紹介してくれた記事



棘ブログ 昨年のえみおわす展の記事

棘ブログ 昨年展示の前にえみおわすのことを紹介した記事





あ、それから、
先日もお伝えしましたように、9/10から電話番号が変わりましたので、
よろしくお願いいたします!

052(853)4967 → 052(880)7932







最近しみじみ思うこと。
私は、アロマのトリートメントがやっぱり好きです。


セラピストになって、他のセラピストさんと交流することも多くなり、いろんな療法があることを知ってみて、
改めて。
鍼灸、整体、タイマッサージ、他いろんな療法があって、どれもそれぞれいいとは思うのですが、
自分が受けるならやっぱりアロマが特別です。



まず植物の香りがあること。
それも「何となく」ではなくて、ほのかでありながらとても力強い香り。


そして、オイルが肌を滑る感触、じんわり加えられる圧。
身体が何の抵抗もなく、喜んで受け入れていって、
一体寝ているのか起きているのか、
日常では到達しえない状態に至ります。

それが終わった後にじんわりじんわり、
幸福感とともに体中に沁み渡るような感じ。


「喜び」
こんな喜びは他になく、それは本能が感じる喜びで、
この「喜び」によって、確実に体と心は変化していく。
人間にとってなくてはならないものだと思っています。

そして精油の持つ力。
植物のしくみ、成分、身体のこと、
勉強すればするほどに、使っていけばいくほどに、
精油の持つ力の大きさを感じています。



薬草labo.棘は、
アロマを含めた本当に心と体が気持よく休まり、整う場所を作ろうと、
1年半前に始めました。

1年半の間、夢中でやってきましたが、
やっていくうちに少しづつ見えてきたこともあり、
ここで一度リニューアルしたいと思います。

アロマはただパッと来て治療を受ける、ということではなく、
施術を含めた「喜びの時間」を受け取ることだと思っています。
その時間を提供できるように、
私も状態をしっかりと整えて、
貸切で、一人のために集中したおもてなしをしたいと思います。


それに伴って、料金も少し改定させていただきます。
今まで、良質なオイルを用い、トリートメント自体はよいものを提供できているという自信はあったのですが、
お部屋がなかなか納得のいくよいお部屋ができなかったことや、
営業時間も短かったこと、
ザワザワバタバタしてゆったりした時間を思うように作れなかったことを考慮しての値段設定をしておりました。
今後はこの辺りを整えて、より質の高い時間を提供できるようになると思いますので、
なにとぞご了承くださいませ。






ご来店後はまず、デトックスのハーブティをお出しします。

そして、お庭を眺めながら、ハーバルフットバス。
足先をギュッと温めることで勢いよく全身の血流がめぐり、老廃物を排除する準備が整います。
お湯に溶かされたヒマラヤ岩塩と、たくさんのハーブ(冬季はドライハーブとなります)。
これだけで足先がすべすべとします。

頭をからっぽにしてゆったりした後で、コンサルテーション(カウンセリング)
今、必要な植物の精油を、薬効成分や、香りを確かめながらご一緒に数種類選んでいきます。
 *精油は、オーガニックで徹底して厳しい品質管理がなされた私の信頼するメーカー、プラナロム社、プリマヴェラ社、高山のYUICAのものを使用しております。

それから、選んだ精油でブレンドオイルを作り、2階の土壁と畳の温かく包まれるような空間でアロマトリートメントを行います。

トリートメント終了後は、1階のカフェにて、
コンサルテーションや実際にトリートメントで受けた様子から、ハーブをチョイスして、
その時オリジナルのブレンドでのハーブティをお出しします。
ちいさなデザート付。



     IMG_3055_convert_20120904214122.jpg


     IMG_3068_convert_20120904214214.jpg


     110517_1556~02


          

やっと、私が受けたい形でのアロマトリートメントを提供できる環境が整ってきたように思ってうれしいです。


心と体にとって必要な、「喜びの時間」をうけとりに、
ぜひいらしてください。


     IMG_3063_convert_20120904214144.jpg




<menu>

70分コース   9500yen

あまり時間が長くとれない方のため。
 
90分コース   11000yen
  
 全身に加え、気になる部分をより念入りに、オススメです。



背中、足、腕、デコルテ、お腹、頭(頭はオイルはつけません) 

どちらもハーバルフットバス+コンサルテーション+ハーブティ+ミニデザートつき 
コースの時間は施術のみの時間ですので、施術の前にプラス45分程度のお時間の余裕をちょうだいしております。




miniコース ハンドトリートメント   1200yen

miniコンサルテーション+ハンドホットタオルつき 全部で30分くらい
 +800円でハーバルハンドバスをおつけいただけます。




火・木・日

10:00~22:00
レッスンやイベントなどでお受けできない時間もありますので、お問い合わせください。
また、ランチやディナーも時によってはおつけすることも可能ですので、こちらも併せてご相談ください。


*要予約
*男性の方は紹介の方のみとさせていただきます。




アロマセラピスト
 

原田 美輪

110605_1650~02


薬草labo.棘主宰
AEAJアロマセラピスト、NARDアロマアドバイザー、看護師。
看護師として病棟、在宅、心療内科での勤務を経て、
安曇野にあるホリスティックリトリート「穂高養生園」にてアロマとハーブに携わる。
「街暮らしの中にも、自然のリズムと力を取り戻せる場所を」との思いから、
2011より名古屋の古民家にてcafe&salon「薬草labo.棘」オープン。
本当に身体が喜ぶ食事づくりとアロマとハーブをライフワークに、
様々な人が行き交い、未来をよりよくしていくための上質なものが生み出される、サロンのようなお店になればと日々精進中。









説明書やらガイドやらというものを熟読する人間と、全く読まない人間といるかと思いますが、
私は完全に後者。(胸を張るほどではないですが・・・)

手続きはとっても苦手分野です。


9/3から電話番号の変更ということでお知らせしておりましたが、
9/10からの変更に延期させていただきます。

というのも、
工事も済み、回線もつなぎ直し、よし!
と、NTTに解約の連絡を。
すぐにしてもらえるのかと思ったら、なんと10日以降でないと止められないとのことを言われてしまいました。

止めてからでないと、万が一前の番号にかけてこられた方に新しい番号のお知らせを流してもらうことができないので、そうしたらご迷惑をおかけするなぁ・・・。

ということで、当日になって申し訳ありませんが、


10日までは 052(753)4967

10日からは 052(880)7932 となります。



どうぞよろしくお願いいたします。



IMG_3021_convert_20120903164506.jpg

水鉢のミツガシワが、小さな黄色いお花をつけました。




‎9月に入りました。
先日お伝えしましたように9月から新体制となりまして、本日(9/2)日曜​日はランチ、カフェの営業はしておりません。

よろしくお願いいたします。

また、本日(9/2)は14:30からアコーディオンデュオ momo椿と、​アイリッシュの ull glasのライヴがあります。
まだ若干でしたら余裕がありますので、ご希望の方は是非。
ランチはやっておりませんが開場後はドリンクとともにちょっとし​た軽食はご用意しております。


ライヴの詳細はこちら↓

http://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/blog-entry-162.html



     IMG_2965_convert_20120902091525.jpg





  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。