一周年を終えて、棘に静かな日常が戻ってきました。

 たくさんの人でワイワイにぎやかなのもいいけれど、静かな棘もまた。

 ポカポカした日には、大きな窓を開けて、
入口からみると、縁側に座ったお客さんが逆光の中、光に吸い込まれそうに見えることがあり、その美しさに一瞬ハッとすることも。


 
 先週の日曜日、ハチミツソムリエワークショップが行われました。

まずは 「honey test」。

     DSCN0263_convert_20120410234243.jpg

意外と難しい。
みんな…点数が悪い…(笑)
そして、回答と一緒に蜂のお話し。

蜂って、蜂って、
スゴイ。
面白い!
思っていた以上にその世界は深くて知らないことだらけ。
へ~、へ~なんて、かぶりついてお話に聞き入ってしまいました。



蜂は
生殖やら性別やらそのレベルから、組織のために素晴らしく発達、洗練されたシステムをもっている。
(とにかくオスが憐れで…笑っちゃいました。)
そしてそれに対応して植物も進化しているし、


これが蜂だけでなく、他の昆虫や、そしてそれに合わせた植物や。
自然の成り立ちや生物たちの生き残りをかけた工夫というか進化はすごいなって感心しきり。

大人になってからも、自然現象の深いいろいろを学ぶって面白いですね。期待以上に子供のようにワクワクしてしまいました。

     DSCN0268_convert_20120410234345.jpg


そして、ずらり、いろんな蜂蜜。

     IMG_1162_convert_20120410234435.jpg


蜂蜜のおともには棘から。プレーンスコーンを焼きました。
スコーンは、焼きたてのおいしさを知ってしまうとやっぱり焼き立てで出したくって。
オーダーだとそれができないので最近あまり作っていませんでした。

このワークショップの時は、何と言ってもその時間に合わせて焼き立てがお出しできるから、もううれしくて。
焼き立てで提供できるのなら、私はスコーンは大好き。
そして、久しぶりに焼いたスコーンはとってもおいしくできました。

     DSCN0265_convert_20120410234310.jpg

     

ハチミツの味の違いは花の違い。
ハチミツって、ハチじゃあなくてお花なんですよね。
昆虫を誘うために全精力を傾けて生産されているのであろうこのオリジナルの液体は、きっと花それぞれの出しうる魅力が最大限に詰まっているのでしょうし、そう考えると、いろんなハチミツを選んでいただくって、フラワーレメディみたいな効能もあるかもしれない。いえ、きっとあるでしょうね。
そこに蜂の労力が加わっているのですから。
もうこれは本当に、一口一口かみしめていただかないとですね。


主催してくれたラティルスのヒロコさんは、岐阜の渡辺養蜂場の娘さんだと以前ご紹介しました。
ヒロコさん…。
面白い方でした。
華奢でふんわり、かわいらしい方なんですが、
さすが蜂とはちみつに関する知識はとても深く、
衝撃的な蜂の社会の話しを淡々と語るその様子がとっても面白く。
私はもうすっかりファンになってしまいました。

渡辺養蜂場さんというのは、私は恥ずかしながら全然知らなかったのですが、
明治33年から100年以上続く老舗の養蜂場さん。
創業者の渡辺寛氏は、養蜂の歴史にもその名前が出てくるほどの人物で、
その歴史を読んでいると、今日私たちがハチミツを気軽に口にできるのは、この目の前にいらっしゃるヒロコさんのひいおじい様から代々想像を絶する努力と研究をされてきた結果ではないですか。

    日本養蜂はちみつ協会HP 養蜂の歴史(2) 

と、びっくり。

そんなことは露にも、えらそうにしたりもせず、しなりしなりと蜂の話しをしてくれたヒロコさん。

でも、
「養蜂を家業とする家に生まれたので、今自分が生きているのはミツバチの働きのおかげだと思っています。その感謝を形にしたいと、このワークショップを始めた」と話される彼女は、
やっぱり近代養蜂を引っ張ってきた血筋であることを自覚し、そして蜂への情熱と愛情が、裏にしっかり流れている。

だからみんなが「面白かった!」と心から楽しんだ会になったのでしょう。


のんびり、
おいしくて、
おもしろくて、
たのしくて、

そして、それぞれの心にしっかりと何かが刻まれた、そんな会になりました。


最後に渡辺養蜂場さんのこの時期だけの「さくら蜜」を使った、
カボチャとリンゴのタルトをお出ししました。
参加された皆さんほぼ初めて会った方々が、ワイワイ話しが尽きず。
良い出会いがいっぱいになりました。

     IMG_1158_convert_20120410234409.jpg





いま、環境の悪化からか、ミツバチが激減しているそうです。
特にこの数年、危機的状況なのだとか。

この世界を共有している人間以外の生物たちも、みんな必死に生きている。
その彼らのために私たちが今しなくちゃいけないことは何かな。
そんなことも改めて、今一度目を向けて。


ヒロコさん。
参加された皆さん。
ありがとうございました。


それから、渡辺養蜂場さんのおいしいハチミツをすこし棘に置いていってくれました。
ソヨゴ、トチ、百花。
でれもソムリエで人気のあったものばかりです。
そして、ハーブとハチミツの入ったプロポリスのど飴もあります。

そんなに数はないですので、ぜひぜひ、お早めに。





 
渡辺養蜂場 HP・・・お取り寄せもできます。

岐阜ラティルス blog・・・ハチミツ以外にもいろいろなイベントが行われています。





 








 
スポンサーサイト