そして、次回の魔女さんのワークショップは11/10(木).11(金)。

テーマは『風邪の予防と冬対策』です。

これもまた講師の柴田睦海さんによって綴られた、丁寧なお知らせ文を言葉そのままで載せますね。


     111019_1030~01
     


今回のワークショップでは、2日間の続きの授業の内容になります。
一日目では、アロマセラピーってなんですか?精油とはなんですか?なぜ香りで人はリラックスするのでしょうか?
アロマセラピーという言葉や、植物と人間の関わってきた歴史、アロマセラピーの基礎、作用の仕方などを丁寧にお話していきたいと思います。
そして実際に使っていただけるように、ローズとラベンダーの入ったバスソルトを作ります。
二日目は、植物はお薬にもなれば、毒にもなります。
実際にアロマセラピーを楽しむとき私達に精油の薬理作用や注意や、ポイント、実際の生活での使い方をお話します。
2日間、たくさんの学び、そして、精油に触れて自分の変化を感じてほしいのです。
皆さんが、精油の魔力で日々心癒され、そして、包まれる。そんな時間を持っていただけるようになったら私は幸せです。
精油は本当に心に響きます。
落ち込んだとき、そばにいてくれて包んでくれて。
緊張したとき、大丈夫だよ~と言ってくれ。
挑戦するとき、勇気を与えてくれます。
目で見ても美しく、香り豊かで、口にしてもおいしく、ぬくもりを感じ、そして、棘でのワークショップ中には、鳥さん達が窓の外で歌ってくれます。

一歩そこに入ると、まるで別世界のような、優しい時間を感じていただきたいのです。

薬草labo.棘 でだからこそできるワークショップ。

美輪ちゃんと柴田睦海、そして、看板娘のお母さんと、美輪ちゃんの女房役のえみちゃん。
私達の作り出した雰囲気を楽しみにいらしてください。

     1.jpg
  
     111022_1506~01



11/10(木) 11(金)  薬草labo.棘 
費用   5,000円/二日間 (やむをえず一日のみの方は3,000円となります。)
     お茶とおかしつき
時間  13:00~16:00
持ち物  テキストをこちらでお作りして当日お渡しします。2日目は同じテキストをお持ちください。
      筆記用具、タオル(2日目のみ)、もしご自宅で、今、お使いの精油などありましたらお持ちください。

 *レッスンの前にランチのご予約もおうけできます。いつもどおり玄米とお野菜のお料理を1,100円からです。お店は11時から開いていますので、ゆっくりお食事していただいて午後からアロマの世界にたっぷり入っていただくのもステキだと思います。          
  

いらしていただいた方と、皆さんの目を見て心をこめてお話したいので定員は5名様で締め切らせていただきます。
まだ、少しのご予約を受けることができます。
また、基本的には二日続きでの授業ですので、二日目は一日目を受けていただ方に受けていただきたいと思っています。
どうしてもという方は、直接ご相談ください。


10月のもう終了したワークショップ。『棘』という場所での初めてのワークショップには、棘のお客様らしい、すてきな個性豊かな方々が集まられました。
参加していただいた皆さまにあの場所でお会いできた事、そして、いらしていただいた事に心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
皆様との出会いがこれからも良きものとなりますように。

愛をこめて。

柴田睦海




スポンサーサイト
 10/22.23、柴田睦海さんという魔女さんがワークショップをしてくれました。

     
 朝から一瞬土砂降りがおこったり、人数が減ったり増えたり、何やら予測通りにはいかないことがいっぱい起きて、不思議な感じのする二日間でした。

いろんな方がそれぞれの期待でやってきて、そして、むっちゃんがゆっくりゆっくり話し始める、と、もうすっかり魔法が掛かってしまう。
本当に。

 参加された方が、ブログにとってもステキな感想を載せてくれました。
それをみてじんわり。
   
     blog おうちしょっぷのすすめ http://ameblo.jp/ouchishop/entry-11056086959.html



 そして、全力を出し切ったむっちゃんが、葉山に帰るバスの中で、冷めやらぬ想いをみなさんに向けて綴ってくれました。私のこともずいぶん美しく書いてあってちょっと恥ずかしくてためらわれますが、でもせっかくなので彼女の言葉そのままでご紹介しようと思います。


     写真+4


     


棘という場所。

今回、初めてここへ訪れたのに、その扉を開けた時から、初めてとは思う事ができませんでした。

とても清らかで、しなやかで、それでいて、ただ柔らかいだけではない強さも秘めた、凜とした空気感を感じました。

そう、棘の雰囲気は店主の美輪ちゃんのよう。

美輪ちゃんの、すてきなお母様(棘の看板娘)とお父様が名付けてくれたとおり、きっと、この場所で美しい輪をつくり、たくさんの人を繋いでいるのだと思いました。
そして、お庭ではハーブが育ち、木々は秋への移り変わりを見せてくれる。昆虫達が楽しく過ごし、鳥が歌いにやってきて、猫さんたちは塀の上をするりとお散歩していく。

そう、美輪ちゃんの美しい輪は、人だけでなく植物や動物も繋いでいるのですね。

そして、美輪ちゃんを支えるお母様とえみちゃん。

この3人の持つエネルギーが、とても美しい、そして優しいハーモニーとなって、調和を生み出し、それが、棘。という場所作りだしたのでしょう。
そして、そのハーモニーが『棘そのもの』。私には、そう感じたのでした。


店主のみわちゃんとは、養生園で出会いました。

私達は、アロマセラピストとして精油の持つ癒しの力に共感しあい、その必要さに共感し、その可能性をもっと多くの方に知っていただきたい。と、夢を語り合ったりしました。
そして、私達をただのセラピスト仲間以上に繋げてくれたのが、植物さんや大地、そして、あの穂高の大自然だった気がします。畑へ行き共に作業をし、ハーブやお野菜、たくさんの事を話しました。

美輪ちゃんの手は、アロマセラピセラピストの手でもあり、土に触れ、植物を育てる人が持つ、傷つきそれでいて逞しい、美しい働き者の手でもありました。

そして、私も、アロマセラピストでありながら、ハーブやお野菜そして植物の持つ力を、本当に本当の意味で、深く深く知りたくなり、自然農や有機栽培、パーマカルチャーの畑などで、ウーフィング(作業を手伝い、学び、感じさせてもらうシステム)をさせてもらったり、お仕事をさせてもらったりしながら、たくさんの場所を訪ねていました。
そして、養生園で美輪ちゃんと出会ったのでした。

アロマだけでなく、野菜やハーブをより良く育てたり、人と自然との関わり方や、自然を愛する気持ちなどを共有できる、それらをセラピストとして捉え、刺激しあえる人に出会えた事を、私はとてもうれしく思っています。
そして、今回、棘でワークショップをさせていただく事ができました。
ありがとうございました。

私が、セラピストとして、いつも思っている事。

体・Body。心・Mind。魂・Spirit。
その、3つの調和ができたなら、人は、とても幸せに、生命力が溢れだし、きらきらと輝くのではないかと思います。

精油は人の心という部分だけでなく、もっと深い部分をも包み込んでくれると思います。

そして、地球が持つ素晴らしい、大きな大きな癒しの力。野生の動物や植物のように、地球と共に生きていけたら。

自然と人が、もう少し繋がる事ができたなら。そう願ってなりません。

     3.jpg


そのためには、まず、人の体をよく知る事。身体に対して、精油がどのように作用するのかを知らないと選ぶこともできません。

そして、自分達の身体の事を、時に解剖学的に知る事も大切だと思います。
例えば、風邪という大きな言葉で表現しがちですが、その時、身体の内側でどんな事がおこっているのでしょうか?

それから植物をよく知る事。植物には、私達の身体に作用する様々な薬効成分が含まれています。
そして、気持ちや心に対する作用も様々です。
太古の昔、今よりもっと人と自然が共存していた頃、人は魂を慰めたり、儀式などで植物を用いたりしてきました。

人間の事、植物の事、そして、この地球の事をよくよく知ったなら、きっと植物は私達の身体の不調や心の疲れだけでなく魂まで癒してくれると信じています。

私自身も、更なる可能性を求めて学びの日々です。


     2.jpg
 




 落ち葉舞う季節に、オーガニックカフェ「薬草labo.棘」にて小さな上映会を行います…


こんな素敵な文から始まる紙を受け取りました。

11/19(土)20(日)、ここ、薬草labo.棘にて小さな上映会を行います。

出来上がった紙を渡しに来てくれたのはゆうちゃん。
この上映会は、ゆうちゃんと元くんという二人が作っているものです。

「GATE」というその映画。

彼らは三重の小さな上映会でその映画を見て、そしてそして・・・・
この映画の自主上映会を開こう!と思ったのです。
上映会はおろか、イベントの企画もやったことのない会社員と学生の二人です。

映画館では観られないこの映画をどうしてもたくさんの人に観てほしい、ただそのひとつの想いから、

GATE事務所に問い合わせ、上映できる場所を探し、何度も何度も練り直してフライヤーを作り、
棘にだって三重から何度も何度も足を運んでくれて、うちあわせや場所の確認や、
両の手で大事そうにフライヤーを手渡しに来てくれたり。

その度に二人のキラキラとしたその透明な熱さに胸打たれずにはいられないのです。


~この世に二度と同じ悲劇を起こさないと願ったある日本の僧侶たちは、アメリカ・サンフランシスコから、世界最初の核実験が行われたニューメキシコ州のトリニティサイトまで、砂漠、山、250以上の街を超え灼熱の中2500kmの旅をした。60年間、祈りとともに絶やすことなく燃やし続けた大切なものを運んで。それはヒロシマの原爆投下から採取した原爆の火。すべてが始まった悲劇の原点にその火を戻し、負の連鎖を永遠に眠らせる。
60年間一度も開かれたことのなかったトリニティサイトのゲイトは果たして開かれるのだろうか。~


ドキュメンタリーの持つ力、真実の持つ力。

h映画をどうしても、という彼らのまっすぐな熱を思う時、この映画を観る意味の大きさを考えずにはいられません。
私も上映を心から楽しみにしています。




 A TRUE STORY GATE

 11/19(土)20(日)
 [開場]  17:30~ [上映] 18:00~19:45
*上映後、21時まではお店を開放していますので、ゆったり過ごしていただけます。

 [チケット] 予約制 15名/日限定
       チケット+1drink 1400yen  または チケット+food 1800yen
       映画「GATE」や公式グッズは、核兵器解体基金の活動に使われます。

 [予約・問い合わせ]
    棘  052(753)4967 yakusoulabotoge@live.jp
元田 090(1785)9065 
    湯浅 080(5162)8720       

  
    IMG_0002_convert_20111025004536.jpg




今回は何事もなく、お料理教室を迎えられました。

前回は夕方からでしたが、今回は午前。
秋の澄んだ空気の下、みなさん晴れやかなお顔で集まってこられました。

かほりさんはやっぱり清々しくて柔らかい。

今回のレシピは、

  もちきびとマカロニのグラタン
  ソイミートボール
  さつまいものピクルス
  雑穀つぶフルのフルーツトライフル

でした。

かおりさんは雑穀にとっても精通されているので、その使い方がうまい。
そしておいしくできるコツをたくさん知っています。

110710_1719~01


簡単で楽しくて、体にいい。

途中いろんなお話をみなさんでしながら和やかに和やかに。

111013_1134~01

111013_1230~01


お料理教室という名前の、人が和やかに集うことで作られる時間のかたまり。
そしてそれは明るく未来に向かっていける何かを手に入れることができるかたまりです。

さてさて完成!

111013_1232~02

111013_1218~02


みなさん笑顔で、会食です。

写真+5


毎回ながら遠くから参加してくださる方がいらっしゃって驚きます。
そして、土地の違いでの食べ物の話、こどもたちの様子。
子育て中の方や、仕事抜けてこられた方、それぞれがみんな自分のこと、そして社会のこと、環境のこと、
おおげさじゃなく自然に心に浮かぶ何かをそっと口にして、なにか共通の想いを確認し合う、そんなきれいな時間でした。


 月の庭  岡田桂織さん、また来月も棘に来てくださいます。
今回来られなかった方、ぜひぜひ遊びにいらしてください。



**************************************


 月の庭 岡田桂織さんのお料理教室

 11/9(水) 10:00~
 
  教室代:4200円
  持ち物:エプロン、手拭き、筆記用具、残ったものを持ち帰る用のタッパーなど

 ご予約は棘まで  tel 052(753)4967
          mail yakusoulabotoge@live.jp









 こんにちは

 ちょっと訂正です。

 前の記事の宮城愛ちゃんのライヴの詳細ですが、
ライヴ代の設定を少し訂正しました。

 もう見てしまった方は、今のものが正しいですのでもう一度ご確認くださいませ。

 どうぞよろしくお願いします。

     写真+2.JPクリ


     


 そうそう、最近お庭に小さな黄色い小鳥が訪ねてきます。
野球ボールくらいでお腹がポッコリ太っていて、まん丸くなって枝に止まっています。

      とり


 小鳥が好きだという秋の赤い実を狙っているのでしょうか。

   
  

     
 先の記事が、神山レポートだけであまりにも長くなってしまったので…

 もう書きたいことや伝えたいことはいっぱいあって、きれいな写真もまだいっぱいいっぱいあるのだけど、
またオイオイ。
そんな話もしたいですね。


 その宮城愛ちゃんが、また棘でライヴをしてくれます。

 11/13(日)  14:00からです。

 先日、7/30 夏の緑をバックに歌った愛ちゃん。
そのお庭には、大きな蝶や蜂や鳥や、たくさんの生き物がまるで吸い寄せられるようにやってきました。

 季節は巡って秋になりました。

 今はススキが光にまぶしい曲線をたくさん描いているし、
 小さな実は日に日に赤く色づいています。

 11月だと、楓が紅葉してるかもしれませんね。

 夏と冬の間。
しっとりと自分のことを見つめたり感じたり、私はこの季節はそんな時期です。
愛ちゃんの歌は、どう響くのでしょうか。

 とっても楽しみです。

    110906_1618~01

     梅干し2



 11/13(日)  13:00 開場
          14: 00 スタート
          
          1900円
       (前日までにご予約いただいた方はワンドリンクおつけします。)         

        当日は簡単な食べ物もご用意していますのでお楽しみに。

      ご予約は棘まで 052(753)4967
              yakusoulabotoge@live.jp
      
     
みなさま今から日にちだけ空けて準備しておいてくださいね! 。なんて。

 
7/29記事 宮城愛という人
 
8/4記事 あなたはほんとうにきれいで(ライヴ報告)


110626_1714~01


 【宮城 愛 プロフィール】
徳島県神山町在住のシンガーソングライター。
家族とともに薪生活の田舎暮らし。
神山の自然や生活を、澄み切った歌声で、
人と、地球、すべてに感謝し、
愛を込めて、今日を歌う。

 
 もうすっかり秋になっちゃいましたが、

 9月の頭に、私たち棘のミワとエミで徳島の神山町に行ってきました。
7月末に棘でライヴをしてくれた、宮城愛ちゃんのところを逆訪問です。

 宮城愛ちゃん一家のおうちは、「楽音楽日」という名前のスペースです。
山奥で自給自足に近い暮らしをしていて、ときにイベントやライヴや、食事を出したり、宿泊を受けたりといろんなことをされています。 
ぜひ遊びにおいでと言ってくれて、それだけでなく、せっかくなら何か面白いことをということで、
 「棘 in 楽音楽日」という名前でイベントを企画してくださいました。
それは、私たちが神山町のお野菜を使って棘らしいお料理をお出しする予約制のお食事(ランチとディナーと)、
そして、それ以外の時間を使ってアロマトリートメントや、クレニオセイクラル(頭蓋仙骨療法と呼ばれる療法で、エミちゃんが担当しました)の施術をお受けしました。

 車に荷物をいっぱい詰め込んで、神山町へ。
意外と近くてびっくりです。

 人家が途切れた後、ものすごい山道をぐんぐん登って行った先に、楽音楽日はありました。

 出迎えてくれたみんな。
素晴らしいところ。

     写真+5


 徳島の神山町はすだちの里です。
楽音楽日でもすだちはたくさん作っています。
なかなか市場には出てこない無農薬のすだちです。なので、皮まですりおろせて使えます。
もう香りが全然違う!
すだちって改めてこうして素晴らしい香りのものを味わってみると、香り高いのにユズほど主張がなくて何にでも合う感じ。とっても好きになりました。
すだちをたっぷり絞ったうどんをいただいてのんびり。

     110906_1407~01

     110906_1529~02


愛ちゃんたちは干している梅干を一つ一つ確かめています。

     梅干し3


 それから産直所のようなところに買い出しに連れて行ってもらいました。
明日は何にしようか、考えるのがとっても楽しい。

 夜は、なんとあこがれの蚊帳!で。

     写真+1.JP蚊帳




 朝。

 いいお天気。

     写真+1


 そして、楽音楽日のお台所。これが本当に素晴らしいのです。

 水は山の湧水。
 そしてたくさんのかまどやおくどさん。

     写真+1


 起きてきた宮城家の皆さんが、慣れた手つきで次々に火をおこしてくれて、米を焚き、だしをとり、焼きナスを焼くのを手伝ってくれました。

 こんなところでお料理できるなんて…なんて幸せなんだろう。

 火で作られたお料理はおいしさが全然違う。

     写真+4



 さて、予約された皆さんが続々と集まって来てくださいました。
この日のメニューは、

*いなりずし
*おにぎり
(宮城家から分けていただいた、黒潮町の加熱処理を一切せず、天日だけで一日に二度手揉みを繰り返し作られたというお塩。と、先ほどの宮城家で丁寧に作られている梅干で)
*焼きナスの和え物 
*ゴボウとトマトのさっと煮
*カボチャのソテー、ソバ米のソース
*神山の美味しいお豆腐を使った赤だしのお味噌汁
(お母様の万里子さんが、名古屋に来たときに「無為自然」という赤味噌をお土産に買っていってとってもおいしかったと言われたので、これを使って何か名古屋らしいものをと思い…)

     写真+3


 神山町は、知ってる方も多いかと思いますが、アートの街なのです。
アーティスト・イン・レジデンスという、街のあちこちを使って国内外のアーティストが作品を制作して発表するというもの(これがとってもレベルが高い!)も、12年目となっているようですし、
他にも神山塾という、田舎暮らしに必要なモノづくりのあれこれなんかを学ぶものがあり、1その為に全国から自然志向のいろんな人がやって来たり、なかなか面白いところです。

 お客さんともたくさん話してとっても楽しくて刺激をもらいました。

     写真+2

     写真+5


 
 最後の日は、お礼をこめて宮城家の皆さんにアロマとクレニオの施術をします。

 開け放った縁側に向かってベッドを広げ、蚊帳を吊り、セミの合唱をバックにゆっくりゆっくりオイルトリートメントしていきます。
 時々犬がワンワンと吠えたり、
愛ちゃんが外の椅子で気まぐれにウクレレをポロんポロンと鳴らしながら何か口ずさんでいたり。

     110906_1401~01


 こんなに気持ちのよい何もかもの中で施術をしたのは、今まで何年もアロマをやってきて一番です。
文句なしに。
もうこの美しい何もかもに何だか涙が出そうでした。
短期間にたくさん方に声をかけて予約を集めてくださったり、買い出しに連れて行ってくれたり、私たちのために懸命に動いてくれた宮城万里子さんにはどれだけ感謝してもしきれない。
その想いを直接ふれて返していけるなんて、私はとっても幸せだなって思っていました。

 しかもこんな平和で光溢れる美しい場所で。


 たくさんのお土産を持って、神山町から帰ってきました。

 楽音楽日は、宿泊や滞在も受けられているようです。(宿泊料は直接お問い合わせください)

楽音楽日HP
  
全てが美しいこの場所に、ぜひぜひ行ってみてください。
10月末まではちょうどすだち狩り!
宮城家の無農薬のすだちをたくさんとることができます。

     写真+1
(お風呂は湧水の横に作られた薪で沸かす五右衛門風呂。本当に気持ちよいです。この為だけにまた行きたいくらい)

     写真+5


 また、宮城家で作っている徳島の「阿波晩茶」。
番茶ではなくて晩茶。
世界でも珍しい乳酸菌の後発酵のお茶だそうです。
茶摘み、釜ゆで、茶すり、茶つき、樽付け、天日干し、と、気が遠くなるような工程を一枚一枚手作業で揉んだり広げたりしながら宮城家の皆さんが作っているお茶。
もちろん無農薬。
棘でも販売しています。
ノンカフェインで、深くやさしい独特の香り。
どんな時にもホッと飲めるそんなお茶です。
今、食後のお茶としてランチにつけています。ぜひぜひ味わいにいらしてくださいね。

 

 
 参加を申し込まれていた皆さんが楽しみにしてくださっていた、月の庭の岡田桂織さんのお料理教室は、
先月末、ちょうど台風の真っただ中にあり、泣く泣く中止させていただきました。

 私もとっても残念でした。

 あの桂織さんの、ぐっと芯の通った清々しい優しさが恋しくなっていた頃だったから。

 台風が明けたら季節は秋になりましたね。



 来週10/13(木)、再び棘でお料理教室が開催されます。

 お料理はもちろんのこと、今の桂織さんにどんな言葉が聞けるのかな。
 
 元気な文面とともに、送られてきた今回のレシピもとってもとっても心惹かれるものです!
人数にまだ空きがありますので、ぜひぜひ皆様ご参加くださいませ。

 桂織マジック、本当に心にしみるよい時間になると思います。

   もちきびとマカロニのグラタン
   ソイミートボール
   さつま芋のピクルス
   雑穀つぶフルのフルーツトライフル


 2008年の天然生活で特集された桂織さんの記事。
それを読んでからずっと桂織さんの教室に来たかった、と話していた前回のある参加者さん。
その方が感銘を受けたという一節があって、
それを私も改めて読んでみました。


 「牛は本来、草を食べて生きるものですが、牧草の確保が難しかったり、脂分を増やしたりするために、今では世界の穀物の約40%が家畜にまわされています。
 牛肉を消費しているのは、私たち先進国の人々がほとんど。この一部の人のために使われている穀物を途上国の人々と分け合えれば、世界中で植えている人を少しでも減らせる。それが桂織さんが肉を控えるようになった理由です。「かといって、何かを捨てたり、あきらめたりってことではなく、新しい料理法を獲得できる、と思えたらいいと思って」・・・」



 お金を出せばいいじゃなく、有機や採食にガチガチにこだわるんじゃなく、あくまで目の前のものにありがとうといただく姿勢。
そして、できる範囲で楽しみながら少し気持ちを傾けてみる。

 そんな桂織さんの食への姿勢は、私はとっても好きです。


     111007_2135~01



 雑誌に写った桂織さんの笑顔が本当にきれい。



 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 月の庭   岡田 桂織さんのお料理教室

 10/13(木)  時間:10:00~13:00ごろまで?
        代金:4200円 材料費込
        持ち物: エプロン、筆記用具、手拭き、持ち帰りたい方は持ち帰り用のタッパーなど。

        お車でいらっしゃる方は駐車場の空きを確認したいので、お申し込み時にお知らせください。






        
        
  

 
 少し前から、急に空気が変わり、秋になりました。

 暑い暑い名古屋の夏を越えて、お庭の植物たちも幾分かホッとしているような穏やかに様子を見せています。
夏は蚊が多くてなかなか庭に出るのも勇気がいったのですが、
秋にさしかかったので、少しづつお庭も整えて行きたいなと思っています。

 楓も少しづつ緑を弱め始め、ススキが秋の空に光っています。

     庭


 

 何だか私の周りには、特筆すべき魔女さんがたくさんいます。

 蓼科ハーバルノートの萩尾エリ子さんを東の魔女とするならば、徳島のの宮城愛ちゃんのお母様、宮城万里子さんは西の魔女。

 そして、つい先日、カナダから戻ったばかりのピカイチの魔女さんがいます。

 柴田睦美さん。むっちゃんです。

    

 アロマセラピストとして某有名ホテルのサロンで働いたのち、彼女は旅に出ました。
自然を本当に体で感じる旅に。
 森や海や、自然以外何もないところに身を置いて、体を地球に委ねてみる。
彼女を見てると、そんなふうに心も体もすべて自然の必然の中にあり、確かに生かされているということを身をもって感じながら調整しながら生きているようです。

     IMGP0560_convert_20111007020339.jpg


 彼女とは穂高養生園でしばらく一緒に働いていた仲です。
彼女と出会って、彼女ほどの自然療法家はいないと私は心から思っているのです。   

 そんな彼女が、カナダから連絡をくれました。

 「日本に戻ったら棘でワークショップをやりたい。」と。

 葉山出身の彼女、棘にはもちろんまだ来たことはありません。
にもかかわらず、ワークショップのイメージがぐんぐん浮かんできているようで、カナダで学んだものをまずこの棘という場所を使って伝えて行きたいと思ったのだとか。

 きっとそれはこの場所と、彼女の今とが何かピタリと呼応しているのだと思わずにはいられません。

 セラピストとして、自然療法家として、知識だけでなく身をもってその素晴らしさを知っており、
そんな彼女が「今伝えたいのだ」と名古屋にやって来てくれる。

 アロマのこと、ハーブのこと、興味のある方もなかった方も、
本当に本当に、彼女に会って、話をして、ワークショップを受けられるこのチャンス。
心からオススメします。

 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 柴田睦美 アロマ&ハーブ ワークショップ

 10月22日(土)。23日(日)。  「冬の肌のトラブル。ナチュラルスキンケア。」
 11月10日(木)。11日(金)。  「風邪の予防や冷え性。」

  13:00~16:00
  お茶とお菓子つき

  1回¥3000-  2回連続で¥5000-

*二日連続で一つの講座となります。一回ごとのお申し込みも可能ですが、ぜひぜひ二日通しての受講をお勧めします。  

ご予約は棘マデ。
  
     052(753)4967
     yakusoulabotoge@live.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アロマという言葉多くの方がご存知と思います。

エッセンシャルオイルは、植物の薬効成分をぎゅっと集めた、自然からの贈り物。
身近にハーブガーデンが無くても、植物のやさしさがあなたを包み込んでくれるはず。。。
秋の夜の時間に、その日、私を助けてくれるオイルを自分のために選んで、キッチンで、お風呂で、ベッドサイドで。
やさしい時間を自分で作り出すためのワークショップ。


アロマセラピーってなんだろう?
エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いはあるのでしょうか?
何で香りで人は眠くなったり、リラックスできるのでしょうか?
オイルは持っているのに、あまり活用できていないなど。。。


こんな基礎的なことから、精油の選び方、使い方。毎日の生活に取り入れ方などをお話していきます。


実際のクラスでは、アロマセラピーの基礎概論。精油学。実習。
難しくなってしまいましたが、アロマセラピーについての座学と実際にアロマを使った楽しい実習をしようと思います。

     IMGP2133_convert_20111007020311.jpg
   
     

多くの方にアロマセラピーを知っていただいて、実際にたくさん使えるようになっていただけたら。と思っています。





<セラピスト紹介>


    IMGP0380_convert_20111007020213.jpg 

柴田睦美


英国IFA認定 国際アロマセラピスト


社会人時代、ちょっとした体の不調からアロマセラピーやヨーガ、マクロビオティックに出会い、少しづつその良さを実感し、セラピストの勉強を始める。
学校卒業後、ホテルサロンでセラピストをしていましたが、本当の自然療法を学びたくていろんな場所へ行っています。
今は、ホリスティックやオーガニック文化の進んでいるカナダで、ホリスッティクな妊娠、出産などのスタジオを営んでいる方の所で、ハーブを育てたり、調合したりとお手伝いしながら、こちらの文化を学んでいます。
今回のワークショップでも、こちらの植物や、ネイティブインディアンの方の使っているハーブなども紹介できたらと思っています。


 
      IMGP2221_convert_20111007020435.jpg