FC2ブログ
 5月に入り、お庭の緑がぐんぐん濃く大きく深くなっていっています。
このお庭の勢いは本当にすごいです。本当に名古屋市内?と疑いたくなってしまうほど。

 4月ももっとお庭のことを書きたかったのですが、お知らせに追われて書けなかった(涙)
そう言ってるうちにどんどん変化してしまうので、急いで急いで!5月のレポートです。

 まずはアップルミントの目覚ましい勢い!デザートに飾れない程葉っぱが大きくなってきました。
そして、そんなアップルミントの勢いに負けちゃいそうになっていた他の子たちが、最近巻き返しを図っており、完全に勢力争い、戦争状態です。ちょっと前までこじんまりと可憐に咲いていたネモフィラが、根本からはるか離れたところまで広がって元気にいっぱい花をつけています。

     110517_1745~01

 ワイルドストロベリーも小さな実をつけ始めました。二株しかないのであんまりとれないだろうけれど、ラッキーな方はこれを使ったデザートが食べられるかも。

     110517_1641~02


 こちらは先日行ったtraibal Arts 虹のまつりで、出店していた自然農のCHADOさんから購入したトゥルシーの苗。トゥルシーは、ハーブの中でもその香りの高さはピカイチ。浄化の神聖なハーブなんてインドの伝説を信じなくともそんな気分になる香りです。
 買った後に友達から「CHADOさんのトゥルシーのお茶はすごくいい香りだよ。」と聞いたので、そうなんだ!と。お茶にするのが楽しみです。

     110517_1011~01


 奥にちらっと見えているのがレモンバーム。少しづつ少しづつ大きくなっているのですがまだまだ。レモンバームはやっぱり生葉が一番なので、早く大きくなってフレッシュハーブティを出したいな。
先日のプログラムでは待ち切れずに特別に少しだけ摘んでフレッシュミントと合わせてお出ししました。もうこの力強いさわやかなレモンの香り!大好評でした。

 以前ブログで打ち捨てられて枯れていた紫式部っぽい苗を植えてみたと書きましたが、こちら!葉っぱがぐんぐん出てきています。生きてたぁ。こういうのがうれしくて、お庭仕事の醍醐味ですよね。

     110517_1641~01


 これは母が家からローズマリーといって持ってきてくれた鉢。ちょっと葉っぱが黄色くなっていて、下の方が枯れてしまっていてひょろひょろしています。少しおいていたら下から新芽が出てきたので、思い切って上の方を剪定しました。
     110517_1646~01

切った枝は挿し木にします。

     110517_1654~01

(水揚げ中)
それにしてもこれ、本当にローズマリーなのかな、全く香りがしませんが…。

 地植えしてみていたラベンダーもじめっと日当たりが悪かったせいか元気がなくなってきたので、鉢上げして日当たりのいい軒下に置いてみました。地表に見えているのはベニシアさん直伝、卵の殻。土のPHが分からなかったので、卵の殻で軽くアルカリにむかうように。
元気になるといいな。

     110517_1639~01


 養生園でお世話になっていた、長野県富士見のハーブの生産者さん「サムデイ」板村さんはとってもとってもステキな大好きな人です。映画「西の魔女が死んだ」のお庭の監修もされていたので、セットを案内していただいたり、いろいろ遊んでいただいていました。
 清里清泉寮など、サムデイさんの作るお庭は本当に素晴らしいしその苗も他と全然違う。たくましくて香りが強いのです。
 ちょっと遠くだけどサムデイさんとこれからもお仕事していきたいので、棘はサムデイさんから苗を仕入れることにしました。入ってくるのは6月かな。もしご希望の方がいたらみなさん向けに苗の販売もしてもいいかなとも思っているので、どうぞ声をかけてくださいね。

 サムデイblog
   ↑4/25と5/12に棘のことを紹介してくれていました。昨日までシラナカッタ…。
 サムデイ紹介ページ

 ではでは、ためて書くと書きたいことがいっぱいでずいぶん長くなっちゃいますね。

 あしからず。

スポンサーサイト



 5/15、棘でミニプログラム「やさしいハンドトリートメント」を行いました。

 これは今まで養生園で何度も行ってきた大好きなプログラムです。
誰かにトリートメントしてあげることって、そんなたいしたことじゃないんだよ、いつでもどこでも誰にでもできて、自分にとって相手にとってとっても深いものを受け取りあえる、そんな素晴らしいものなんだよっていうことを実感として伝えることのできる時間だと思っているからです。

 私は最初、アロマの中でも精油に興味があったので、施術に関してはあまり積極的な思いを持っていませんでした。カリキュラムにあるからやる。そんなレベルで。
それが第一回目の授業で、着衣のままでただ触れる、触れられるということをしたときに、その変化に心から驚きました。
 体は本当に面白いです。
相手のたくさんのことをちゃんと受け取れるし、反応も変化もする。

 触れる喜び、触れられる喜びは他のものでは変わりが効かないのだと私は思っています。
もっともっと触れ合っていきたいですよね、実際の意味で、やさしい気持ちで。
幸せな香りでそっと触れてあげること、そんなプレゼントはないと思います。

 参加された方は、お一人で来られて少し緊張していた方、ふらりと来て(半ば強引に)引っ張られて出てみた方(私の友達)、などなどハンドトリートメントっていったい何?なんて方も。
最初はおそるおそるで、お互い「よろしくお願いします」なんて他人行儀に挨拶していても、終わる頃にはすっかりお顔が和らいで、感想や、他のお話もいっぱい口から飛び出してきたり、仲良く一緒にお茶を召し上がられたり、タッチの力ってやっぱりすごい!って私は今日もニンマリ。

 2階のお部屋は柔らかい風がカーテンを揺らし、和やかな和やかなプログラムでした。

 参加された方々、どうもありがとうございました。

 このプログラムは私の一番大切にしているプログラムなので、今後も定期的に続けていきたいと思っていますので、今回参加できなかったみなさまもぜひ次回、ご参加いただけることを楽しみにしております。

      110517_1556~02