よるの棘は 闇にひっそりと浮かび上がります。

 8/27(土)に棘で行われた水墨画教室に参加しちゃいました。

 今から初めての水墨画を描くのだと思うと、ワクワクするやらワクワクするやら…。

TS3G0011_convert_20110828223620.jpg



 まずは雪ウサギを描いてみます。
マルと線と点でできた単純な形 だから。

 だから。なんていって、そんなに簡単にはいかない。

 細い線を描こうと思っているのに太くなってしまったり
 薄くしようと思っていたのに濃くなってしまったり

 墨や筆の扱いが全く思うようにいかなくて、苦戦する私。

 ふとお隣を見ると、エイミーちゃん。
「次は猫を描こ~っと」と早くも猫へ。
そのお隣のもう何度もレッスンを受けているYさんは、すでに抽象画の域に達している…細胞(!)やらパンダやら好きに好きに描いていらっしゃいました。

 う、う、完全に置いていかれているのだけど、もう少しやりたいかな。

 とにかく納得いくマルが描けるように
 とにかく納得いく色がひけるように

なんて、マルばっかりの練習、線ばっかりの練習、点ばっかりの練習を半紙にひたすら繰り返すことにしました。
これ、私のピアノの練習スタイルでもあり

     TS3G0017_convert_20110828223830.jpg


なんて話をしたら、「え~わたしはね」ねんて。
そこにいたみんなのピアノの練習スタイルも様々だったようで面白かったです。

 まぁ、とにかくそれぞれ性格が出るよねなんて。

エイミーちゃんは鼻歌まじりにの~びの~び描いていて、しかもうまい!
水墨画初めてとは思えない!
天才…じゃないかな。田中芙弥佳先生に弟子入りしなよぉ。なんて。

和気あいあい。

     TS3G0015_convert_20110828223731.jpg



私に関しては、こう見えて意外とこうだよね。だなんてみんなの評をもらったり。
なるほどねぇ。
エイミーちゃんはそのわりと逆だったりして、全くよいパートナーです。と再確認。

絵はその人が出て面白いです。


「とにかく楽しむことが一番ですから。」

芙弥佳先生のクラスは本当に楽しい。
それぞれの、本当にそれぞれのものを楽しんで見て、進めさせてくれて。
スタイルにあった楽しみ方を後押ししてくれる。

「描きたいものを描きたいように

 絵に正解なんてありませんから

 その人の見た世界がその紙の上に表現されているだけですからね。」

って。


私はさんざんさんざん時間いっぱいまで練習して、
最後に本気の一枚。雪ウサギ。

そこに小さなお花を添えました。

     TS3G0014_convert_20110828223708.jpg

雪ウサギは難しかった。
でも練習するってのもわりと好きなんです。

雪ウサギの横に小さな植物を添えてみたら、
芙弥佳さんに
「ミワさんはやっぱり植物がいいですね。」って言ってもらいました。
たしかに 。
動物の顔がね、力入っちゃってうまく描けないのですよね

まァ、今回いっぱい練習したので、次回はこれを踏まえてなにか自由に描いてみたいなと楽しみにしています。


とにかく、筆を持って、色(濃淡)を調整しながら、何かを描いていくことは、言葉にならない解放感とワクワクする想いがありますね。

次回も楽しみ楽しみ。




 次回は9/29(木) 9:00~10:45 朝のクラスになります。 

(他にも希望の日時がありましたら可能な限りでセッティングお受けしますので、ご相談くださいませ)


    
    *** 水墨画教室のご案内 ***

絵が初めての方でも大丈夫。
お好きなものでも、お手本を見てでも、
自由に描いていただけます。

絵を描くのに大事なのは、
イメージすること。

木を描くときは木の気持ちを持つこと。

鳥をかくときは鳥の体を手でなでるように感じること。

技術はあとからついてきます。


経験者の方は、ご希望があれば事前(一週間くらい前)までにいってくだされば
それにのっとって指導いたします。

持ち物
1)雑巾
2)筆洗い(小さいバケツなど 、水がためれればなんでもOK)
3)浅いお皿3つ(後で洗うので陶器の食器 でOK やりやすいのは白っぽくて、5センチくらいのものなど)

※筆を購入希望の方も予め教えてください (3150円程度)

お持ちの方(ある方だけで大丈夫!)書道用具(紙と筆以外)とのフェルトの下敷き、墨汁をお持ちください。
お洋服が汚れるのが心配な方は黒っぽい服装がおすすめです。

レッスン代; お茶つき 2100円

水墨画家 田中芙弥佳 blog




スポンサーサイト
 今日は一日雨でした。

 最近連日続いていた天気、カ~っと日差しが照りつけ、蝉がミ~っと鳴き、そこに突然雨がザーと降り。
こんなのやっぱり疲れるね。

 今日涼しい空気の中でしとしと降る雨を見ながら改めて思っていました。

 棘もまた、違った気配。


 この家でいろんな時間を過ごしていると、本当にいろんな顔を見せてくれます。

 植物も、光も、空気も、時間も。

 楽しそうに若いお友達同士が大笑いしながらおしゃべりしていたり、
 年老いた女の人が一人お庭を眺めていたり。
 遠くから夫婦と3歳児でお友達が訪ねてきてくれたり。
 
 靴をはいて出ようとするとき、
 そこはまぶしくて暑い外だったり。思いがけず強い雨だったり。

 今日はしっとりとした雨で、「ありがとう」と別れのあいさつを残したまま薄グレーの水の中に消えていってしまいそうな錯覚。


 私はずっとここにいて、そこで起きる様々を見ていく管理人のような気持ちでいるのです。


 7月に第一回が行われた水墨画教室。

 まっ白な紙の前に正座して待つ皆さん。

     110724_0905~01

 芙弥佳さんのやわらかぁい声。
「みなさん。イメージが大事です。ふんわりまぁるいものを書くのです。フワフワフワフワ…。」

 キッチンでその声を聞きながらついつい微笑んでしまいます。

     110724_0921~01



 進行状況はどうかな。とのぞいてみると。

 光の中、真っ白な紙にイメージを染めていく。楽しそうに楽しそうに。

     110724_0912~01


 同じものを書いても全然違うものになる。

 そして、クラス自体もその時その時でいろんな方向へ進んでいく。


 今日はこんな時間がここに生まれたのですね。

 と、管理人ニンマリ。


 お茶をお出しして少しみなさんに交じってみると、みなさん興奮冷めやらぬよう。

 白い紙で墨で描くという、このシンプルな楽しみがなせる業か、はたまたイメージを外に出したという小さくて圧倒的な解放感からか。


 さてさて次回は、

 8・27(土)18:45~ 夜の棘もまたよい雰囲気です。


 *** 水墨画教室のご案内 ***

絵が初めての方でも大丈夫。
お好きなものでも、お手本を見てでも、
自由に描いていただけます。

絵を描くのに大事なのは、
イメージすること。

木を描くときは木の気持ちを持つこと。

鳥をかくときは鳥の体を手でなでるように感じること。

技術はあとからついてきます。


経験者の方は、ご希望があれば事前(一週間くらい前)までにいってくだされば
それにのっとって指導いたします。

持ち物
1)雑巾
2)筆洗い(小さいバケツなど 、水がためれればなんでもOK)
3)浅いお皿3つ(後で洗うので陶器の食器 でOK やりやすいのは白っぽくて、5センチくらいのものなど)

※筆を購入希望の方も予め教えてください (3150円程度)

お持ちの方(ある方だけで大丈夫!)書道用具(紙と筆以外)とのフェルトの下敷き、墨汁をお持ちください。
お洋服が汚れるのが心配な方は黒っぽい服装がおすすめです。

日時;8/28 日曜日 18:45~20:45
価格;お茶つき 2100円

     110724_0905~02



  水墨画家 田中芙弥佳 
       田中芙弥佳ブログ


*追加のお知らせ
棘ブログ右のプロフィール欄で、今後の予定をざっと載せました。
詳細はまた近日中に。

8月は暑くてボーっとしちゃってましたが、9月はいろいろ盛りだくさんです。








 
 墨って不思議なものです。

 だってあの焦げた墨なんですから。

 墨で絵を描くんですよね。水墨画って。


 黒は光を吸収し、墨は匂いを吸収したりする。

 墨という物質でこの世界をとらえてみる。

 あらゆるものを弾き寄せ、吸収し、閉じ込めた、墨という物質で。
黒い絵、なのですが、その中に宿る躍動する命、や、愛らしさ、溢れる何かだったり。

 面白いですね。


 先日「棘」で水墨画展を行ってくださった、
 田中芙弥佳さんの水墨画教室、開催です。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 芙弥佳さんの言葉でのお知らせを載せようかな。

 それがいいですね。だって私、まだ水墨画やったことないのですし。

 あぁ、楽しみ楽しみ。

 新しい世界って、ふと扉を開けているものですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     20110715130640567s.jpg




「 つながるご縁 」



薬草labo.棘さんで、水墨画教室が始まります。

日曜日の朝。
しずかな緑に囲まれた古民家カフェ。
朝の空気を吸いに、水墨画を描きにいらっしゃいませんか?

絵が初めての方でも大丈夫。
お好きなものでも、お手本を見てでも、
自由に描いていただけます。

絵を描くのに大事なのは、
イメージすること。

木を描くときは木の気持ちを持つこと。

鳥をかくときは鳥の体を手でなでるように感じること。

技術はあとからついてきます。


経験者の方は、ご希望があれば事前(一週間くらい前)までにいってくだされば
それにのっとって指導いたします。

持ち物
1)雑巾
2)筆洗い(小さいバケツなど 、水がためれればなんでもOK)
3)浅いお皿3つ(後で洗うので陶器の食器 でOK やりやすいのは白っぽくて、5センチくらいのものなど)

※筆を購入希望の方も予め教えてください (3150円程度)

お持ちの方(ある方だけで大丈夫!)書道用具(紙と筆以外)とのフェルトの下敷き、墨汁をお持ちください。
お洋服が汚れるのが心配な方は黒っぽい服装がおすすめです。

日時;7/24 日曜日 朝9:00~10:45
価格;お茶つき 2100円




* 棘まで、ご予約くださいね。

ただいま水墨画「あめつちを繋ぐ 田中芙弥佳個展」開催中です。

芙弥佳さんの水墨画は、個展を行うまで私は印刷された小さなものや、サイトの中や、「これ今描いてるんです…」なんてバッグから取り出して見せてくださった折りたたまれたそれをみるのみで、それでもそれでも「こんな水墨画が!」って十分な驚きをもたらせてくれたのですが、

 いまこうして立派な軸になって堂々と飾られているのをみると、もう圧巻です。



     110626_1714~01
 こちらは日曜日に行われたライヴペイントで生まれた作品。まるでお庭から飛び出してきた妖精か神様のよう。
あのときの雰囲気のまま、引き続き展示しています。



 棘は古い古い一軒家です。

 私たちよりも長い年月を生きてきた木のおうちというのは、何か私たち以上のものを持っているような気がしませんか?
 でも、おうちは語る言葉を持たないので、私たちはその建物の語る深遠な世界をかすかに感じ取ることしかできません。

 水墨画のかけられたこのおうちは、とたんに言葉を持ったかのようです。

 右を向いても左を向いても、絵の中のまっすぐな瞳が何かを語りかけています。
そのさまざまな世界は、そのままこのおうちが知っている様々な世界と通じる窓のような感じさえしてしまいます。

 静かな情熱。

 それはそのまま芙弥佳さんの印象そのままです。

 墨の濃淡だけで描かれた世界は生き生きと躍動していて、その中で生き物はどこまでもまっすぐな優しい瞳の光を放っている。


 墨という植物の最後の姿が持つ究極の色、黒。
 そして、植物でできた古いおうち。

 それが共鳴し合って私たちを彼らの語る物語の世界へと連れて行ってくれます。

 田中芙弥佳展。
7/3 日曜 20:30までです。
まだ来られていない方はぜひぜひ足をお運びください。

 そして明日の朝はその作品に囲まれての美紗さんのヨガ。
とっても贅沢なヨガになりますね。



 明日のランチ

 おそうめんのカッペリーニ風
 キャベツとわかめの白和え
 ズッキーニとお茄子のステーキ 玉ねぎ味噌のソース
 ポテトといんげんのローズマリー
 麦玄米ご飯
 山東菜のみぞれすまし
 香