FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなバーンロムサイ展 始まりました!
7/6(金)〜15(日) 会期中無休
*12(木)のみランチなしカフェのみ

     36034265_1531168423696262_8018724703503908864_n - コピー


今年で4回目の開催。
嬉しいです。

バーンロムサイをご存じない方へ。
バーンロムサイとは、タイ チェンマイのHIVに母子感染した孤児のためにスタートした施設です。

設立したのは日本人の名取美和さん。
もともと海外のアンティークやアクセサリー作家として活動されていた彼女が、
チェンマイで出会った子どもたちのために、
突き動かされるように畑違いのこの事業に取り組まれました。

寄付に頼らず、自分たちで運営費を賄うこと。
子どもたちに、働いてお金を得ることを見せたい。
そこから始まった物作りは、
そのセンスの良さと仕事の丁寧さで大人気となります。

今では周辺の少数民族の方へのお仕事にもつながり、
まだまだ偏見の多い社会での、施設の卒業生たちの働き口にもなっています。

     36731541_1826582784055321_3222623363595763712_n.jpg


身体一つで向き合っている名取さんの大きな愛で、
大きな大きな家族のようなバーンロムサイ。

そこで生まれたお洋服や小物たちは、
愛に包まれたこの世界の美しさや、
働ける喜び、
そんなたくさんのことが、手に取っただけで伝わってきます。

日本人のためにデザインされたお洋服は、
優しい色合いで、丁寧で、軽くて、さらりと気持ちがいい。
リラックスの休日にも、街の中でも着られます。

     36652584_1826582810721985_608528236560777216_n.jpg

     36640262_1826582837388649_6447159057085104128_n.jpg

新しいものもいろいろ。

また、この展示の間はいつも、この時だけのカレーランチをお出ししています。
カレーはちょっとという方にはもう一つ、お豆腐味噌そぼろ丼も選べます。

     36791155_1828341903879409_9188379701343682560_n.jpg


カレーはお野菜をたくさん刻んでじっくり炒めて。
トマトとココナッツミルクをベースに煮込んだ夏カレー。
動物性脂はもちろん、小麦粉などとろみをつけていないので、さらりと重くないですし、辛さも控えめです。
スパイスの調合はライブなので、毎日少しづつお味が違うかも。

そしてお豆腐味噌そぼろ丼は、
ゴボウやカブの食感の効いたお豆腐をそぼろに炒って、黒大豆味噌で味付けしています。
そして、エゴマの葉の香りをアクセントに、召し上がっていただきます。

お豆腐丼はカレーに比べると手間が10/1くらいなんですが、
その手間は一年熟成させたお味噌、マルカワ味噌さんが担ってくれているのだと思うと、感謝でいっぱいです。

そう思って今度はカレーを考えてみると、世界中から届けられたスパイス。
さらに美味しいお野菜を作ってくれてる農家さん、
いろんな方に想いがいたってじんわりきてしまいました。

会期中はこのメニューで。
副菜は途中で変わるかもしれませんが、その時はまたお知らせします。

     36719750_1828341740546092_6294012613642682368_n.jpg


いつも開いていない水や日も営業しますので、
普段来られない方もぜひぜひ!
お待ちしています。

夏のベジカレー/お豆腐味噌そぼろ丼
レモンバームの春雨サラダ
紫キャベツのコールスロー
厚揚げバジル煮
キノコスープ


ぜひ足をお運びください。

お待ちしています。
スポンサーサイト
   
   kaori_2018_dm_s.jpg



新年最初の薬草labo.棘は
「かほりとともに、」の沙里さんをお迎えしての吉祥香初からでした。

名を外し、
輪に囲み、
目に見えないほどの小さな小さな香木のカケラは、
炭でほんわり温められた嬉しい熱とともに
カラダと心に広がっていく。

香りの違いは、
植物が他の微生物たちと重ねてきた年月のプロフィールで、
たった一つ一つのもの。

お道具の細やかで可愛らしいこと。
所作の気持ちのいいこと。
そして「香りを聞く」ときの広がった袂の美しいこと。

     26239465_1637722702941331_1938661852694093265_n.jpg


武家風と公家風と、流派の違いや歴史の話も楽しくて。
豊かな文化を知らずにきたことを恥じ入る思いでした。

素晴らしい新年の時間となりました。

     26229506_1637722656274669_542137952977251494_n.jpg


沙里さま
ご参加くださったみなさま
ありがとうございました。

    26220231_1637722669608001_8236782818531628571_n.jpg


ご希望の方への吉祥弁当。
店内で食べられた方には七草の澄ましを添えてお出ししました。

    26196105_1637722799607988_8510677103570064969_n.jpg


そして、お香の席ではお茶を炒って
その香りでお迎えしたとのこと。
まずは嗅覚を覚醒し、そしてお茶をいただいて喉鼻を潤しながら香を楽しむのだそうです。
そうお聞きしたので、ストーブで失礼して
焙じ茶を焙煎。
冬をイメージしてネトルとヒースを合わせたお茶とともに、お香席を楽しんでいただきました。

      26230706_1637722742941327_3145693870308687101_n.jpg


     26239336_1637722772941324_8999181673629767081_n.jpg


     26230849_1637728059607462_4868336592811433593_n.jpg


「今日からカカオライフ!」
一部二部ともとってもとっても盛り上がり、楽しいのはもちろん、未来に向けてたくさんの学びやワクワクをもらった1日でした。

キューバでカカオの魅力にとりつかれ、
そしてカカオ豆を求めてメキシコのジャングルへ。
現地の人とともに汗を流し、流通の現状を肌で感じ、そして強い信頼を得て日本に帰国したmaya cacaoの片山吾郎氏。

23244082_1575182732528662_4550968847866942948_n.jpg


ジャングル自然栽培のカカオ豆の魅力をお話ししてくれて、
後半はワイルドチョコレート作り。

23316272_1575182729195329_3933784114605768266_n.jpg


殻ごと挽いたカカオ豆とメキシコの黒糖を合わせて、艶が出るようにペタペタと。
火も加えず、カカオ豆の油分丸ごとで固めるチョコレートの簡単さには一同感動。
栄養や味わいが一番詰まっている殻ごと作ることで、今まで知ってるチョコレートとは深みもバランスも桁違いその美味しさにも!

23032664_1575182839195318_6761677353025790583_n.jpg


嬉しいチョコレート、でも危うい感じのない力強さ。
しっかり満足、満たされる。

香りとお味見とで
みんな会の途中からどんどん元気に陽気になっていって、そのパワーにびっくり。
食べ物の持つ力を改めて感じました。
何を食べるかってやっぱり大事ですね。

口溶けや艶といった、いわゆる嗜好のために途中で棄てられるたくさんの大切なもの。
そして、そんな、欲望のためにコントロールされた食べ物を口にし続けることで、どんな身体や心が作られていくのかな、ということなど、
いろんなことを深く考えさせられました。

今回はスペシャルで、片山氏が近くのお山で立派な松茸をとってきてくれたので、松茸づくしのお料理に。

23032496_1575182792528656_3222575908937394859_n.jpg


お食事タイムにはスペイン仕込みのギターの音色も。
彼の人柄を表すような、ゆるりと漂うような音楽でした。

23167572_1575182785861990_8330279372824466170_n.jpg


maya cacaoの極上のカカオ豆。
ぜひ全ての人に届いて欲しい!
そんな気持ちでいっぱいです。

今後、棘でも常に店頭にてお取り扱いしていく予定です。
(イベント参加者の方だけで売れすぎて、持ってきた分がほとんどなくなったそうなので、棘の入荷はまた改めて、11月中旬以降となります。)

入荷しましたらまたご案内いたしますね。
どうぞお楽しみに!

cacaolife2017.jpg

アイルランド・ケルト音楽デュオkotorineの秋祭り in 薬草labo.棘。

東京からはアイリッシュハープ弾き歌いの奈加靖子さんを
ゲストに迎え、唄、ハープ、アイリッシュフルート、アコーディオン等の楽器で、
薬草茂る庭のある古い一軒家のカフェで
秋の麗らかな午後のひと時を鮮やかに彩ります。


     ea6d22_e7a922ac50dd43eea5505d0d61375185~mv2



2017年10月29日(日)
14:30開場、15:30開演

Charge:2500 yen (飲み物付き)

要予約。
ご予約は棘にメッセージまたは電話メール(052-880-7932)yakusoulabotoge@gmail.com
または kotorine.music@gmail.com まで


奈加 靖子
元宝塚歌劇団花組。退団後、舞台女優・ダンサーとして活躍。
1998年、子どもの頃より慣れ親しんでいたアイルランド音楽を本格的に始める。
また本格的な歌唱法をアイルランドでも学ぶ。
2007年メジャーデビュー。大使館を始めとし公共のイベントに多数出演する傍ら、アイルランドの魅力を伝えるイベントを企画、出演。
伊勢神宮で奉納舞台を務め、両国の国歌を歌唱。
日本ケルト協会会員。


コトリネ
ケルティックハープの長屋梨沙とアイリッシュフルートの望月敬子のデュオ。
二人共アイルランドやスコットランドで伝統音楽を学び、ケルト音楽を中心として独自のスパイスをアレンジして演奏する。
これまでに万博アイルランド館、大学講師講演、美術館、博物館、アイルランド関連イベント、カフェなど様々な場所で演奏活動をしている。
またそれぞれ音楽講師としても活躍している。
小鳥と猫が好き。
コトリネ HP
http://lisanagayajp.wixsite.com/kotorine

     ekotorine2017_02.jpg





candelalia 5周年 福田ハジメpiano live 「NOCTURNE」9/9

nocturne2017_01.jpg


candleブランド、candelalia の5周年の節目の夜。
活動を始めたばかりの頃に知り合って以来、
一人で生み出すが故の、ブランドをどう育てていくのかという、悩みもがきや、光が射した喜びや、新たなものが生まれるエネルギーや。
そんな姿を棘はずっと近くで見させていただいて、
高みを目指すクリエイターmasaqiさんに、いつも視線を上にあげられる思いでいます。

5年の活動の中で、素晴らしい出会いも重ね、活躍のフィールドも広がっていくのを目を細めて見送る思いでしたが、
「5周年を棘さんでやりたい」と言ってくれたことが思いがけず嬉しくて。

高いものを追い続けているmasaqiさんの普段の姿勢と、
5年の区切りを大切にしたいというその想いが伝わるから、
棘もそれに応えられるようにと背筋を伸ばし、精一杯の準備を進めてきました。

器、お料理、
candelaliaと、世界的なピアニスト、福田ハジメさんの世界観に融合するものを。と。

植物の色合いや食感の美しさ、
自ら畑で育てたお芋やハーブ、
そして、ふと香りで語りかけてきた葛の花を主役に据えて。

最高の夜になりました。


この夜のために新しく作られたという、
パームワックスのテーブルキャンドルは、
焔の周りが星屑のようにキラキラと自然な影を作り、
柔らかく柔らかく時を溶かしていました。

こんな夜を共にできたこと。
ご参加くださった皆様に心から感謝します。


19731928_1405888082823498_8244985893604112549_n.jpg

21462531_1527988863914716_8999732139122550506_n.jpg


21616276_1527988937248042_3034096002873986792_n.jpg


21558689_1527988877248048_2401654859474793151_n.jpg


21616095_1527988940581375_5045720448956668560_n.jpg


21433213_1527988933914709_55018397935236427_n.jpg


21430543_1527988873914715_9170476956968097695_n.jpg


21558922_1527988880581381_2149238871672687160_n.jpg





  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。