早いもので、もう11月ですね。
ありがたいことにちらほらお問い合わせをいただき始めていますが、
今年も棘の菜食おせちの販売を開始したいと思います。

年の終わりに、来年の皆さんの幸せを願って包丁を握るのは、
何より幸せな恒例しごとになりつつあります。

今年も昨年同様の詳細になります。
昨年はじめてつかってみました国産杉のお重が、とても木目が美しく、木の香りも幸せでしたので、
今年もそちらをぜひと思っています。

昨年は枇杷の葉で柔らかな紅白に染めた風呂敷。
今年は何色にしようかな。

そしてそして、今回はとってもスペシャルなプレゼントもおつけする予定です。
こちらは開けてからのお楽しみで、内緒の内緒。

じっくり手をおかけしたいので、今年も限定10個くらいと考えております。
どうぞお待ちしています。



棘の菜食おせち

2〜3人分 6.5寸 二段 12,000円
1〜2人分 6.5寸 一段 6,000円
3〜4人分 6.5寸 三段 18,000円
それ以外の大きさをご希望の方はご相談を。
*一段~三段は量の違いで、お納めするお料理数は同じとなります。
*12/31 12時から18時まで店頭で引き渡し、代金はその際現金にて
*配送ご希望の方はクール便でお送りします。(到着は31日以降でご希望をお伝えください)
*アレルギー食材対応いたしますので、ご予約時にお伝えください。
*限定10個
*ご予約は12/16締め切り


     15781170_1281217381925200_5982991932701566450_n.jpg


     15780926_1281217561925182_1086848106006714971_n.jpg



スポンサーサイト


「今日からカカオライフ!」
一部二部ともとってもとっても盛り上がり、楽しいのはもちろん、未来に向けてたくさんの学びやワクワクをもらった1日でした。

キューバでカカオの魅力にとりつかれ、
そしてカカオ豆を求めてメキシコのジャングルへ。
現地の人とともに汗を流し、流通の現状を肌で感じ、そして強い信頼を得て日本に帰国したmaya cacaoの片山吾郎氏。

23244082_1575182732528662_4550968847866942948_n.jpg


ジャングル自然栽培のカカオ豆の魅力をお話ししてくれて、
後半はワイルドチョコレート作り。

23316272_1575182729195329_3933784114605768266_n.jpg


殻ごと挽いたカカオ豆とメキシコの黒糖を合わせて、艶が出るようにペタペタと。
火も加えず、カカオ豆の油分丸ごとで固めるチョコレートの簡単さには一同感動。
栄養や味わいが一番詰まっている殻ごと作ることで、今まで知ってるチョコレートとは深みもバランスも桁違いその美味しさにも!

23032664_1575182839195318_6761677353025790583_n.jpg


嬉しいチョコレート、でも危うい感じのない力強さ。
しっかり満足、満たされる。

香りとお味見とで
みんな会の途中からどんどん元気に陽気になっていって、そのパワーにびっくり。
食べ物の持つ力を改めて感じました。
何を食べるかってやっぱり大事ですね。

口溶けや艶といった、いわゆる嗜好のために途中で棄てられるたくさんの大切なもの。
そして、そんな、欲望のためにコントロールされた食べ物を口にし続けることで、どんな身体や心が作られていくのかな、ということなど、
いろんなことを深く考えさせられました。

今回はスペシャルで、片山氏が近くのお山で立派な松茸をとってきてくれたので、松茸づくしのお料理に。

23032496_1575182792528656_3222575908937394859_n.jpg


お食事タイムにはスペイン仕込みのギターの音色も。
彼の人柄を表すような、ゆるりと漂うような音楽でした。

23167572_1575182785861990_8330279372824466170_n.jpg


maya cacaoの極上のカカオ豆。
ぜひ全ての人に届いて欲しい!
そんな気持ちでいっぱいです。

今後、棘でも常に店頭にてお取り扱いしていく予定です。
(イベント参加者の方だけで売れすぎて、持ってきた分がほとんどなくなったそうなので、棘の入荷はまた改めて、11月中旬以降となります。)

入荷しましたらまたご案内いたしますね。
どうぞお楽しみに!

cacaolife2017.jpg

先日、嵐の日曜は、「kotorine autumn festival 唄と紡ぐケルトの調べ」でした。

雨脚が一番激しくなった昼下がり。
窓の外は妖しく青緑に光を鎮めてお庭を染めて、
叩きつける雨風が枝を強く揺らすのを大きな窓にうつす中、

お部屋の中では音楽が
この上ないほど優しく温かく、放たれるようでした。

「唄と紡ぐ」と謳われたこの会は、元宝塚花組、アイルランドで伝統的な歌唱法を学ばれたという奈加靖子さんを東京よりお迎えして、
棘ではもうお馴染みの、アイリッシュのハープとフルートのデュオ コトリネのお二人とのセッションでした。

奈加さんの歌声は、最初の一音から、おそらく通りすがりのどんな人でも生き物でも、手を止めて耳を傾けずにはいられないほど圧倒的で、
佇まいの美しさも相まって、本当に女神さまのようでした。

そしてコトリネのお二人は、切ないメロディも楽しいダンスチューンもクルクルと楽しませてくれる確かな演奏家でありながら、細やかな気遣いや可愛らしさに溢れていて、大好きなお二人です。

嵐の中お集まりくださったお客さんと演奏者の皆さんの作り上げる空気が、大人の楽しさに満ちていて、
とても豊かな気分になりました。

本当にありがとうございました。

奈加さんの歌声が耳に残って。あぁもっと聞いていたかった…。

     22851745_1571516192895316_7390336093193831793_n.jpg













来週より今年のアロマ基礎講座が始まります。
昨年までより少しカリキュラムを変えまして、
大切なところをじっくりと、
精油という小瓶の中にあるたくさんの物語を、より深く理解できるように。
そして、日常ですぐに精油を手にして取り入れていけるようにクラフトを少し増やして。

今年は全4回でテーマをすっきりさせました。
詳細の内容を書いていて、私がとてもとてもワクワク。
基礎講座ってやっぱりいいです!

4回通してでも、
ご興味のある回一回のみでも。

アロマの扉をひらくこと。
それはなによりも今生きていることの意味についての理解が深まることで、
毎日が、これからが、とてもうれしくなります。

どんな方にとっても、ぜひ一生に一度はアロマを学ぶ時を作られることを強くおススメします。

今年は少人数になりそうなので、いろんなおしゃべりしながら楽しく進めていけると思います。
お申込みどうぞお待ちしています。




第一回  essencial oil ~精油とはなにか~

 地球上で植物という生き物がどのように生きているのか。
 そして人をはじめとした動物という生き物は
 すべてが繋がりあって織り上げている美しい世界。
 植物が備えている精油という物質について学んでいきます。
  ・水蒸気蒸留法によるハーブウォーターづくりと、それを用いた化粧水づくり
  ・香りのバスボムづくり

     12687812_1014855048561436_8662941783153173194_n.jpg


第二回 香る

 香りは生き物間のメッセージ。
 ヒトは香りを感じ取る力があります。
 なぜ?どのように?
 そして一方香りを放つとは?
 嗅覚の仕組みを中心に、香りがつないでくれるその深い意味について学んでいきます。
  ・フットバス
  ・香りの石鹸づくり

     IMG_9330.jpg


     IMG_8691.jpg
  

第三回 先人たち、そして未来は

 すでに植物であふれていたこの星に誕生した人類は、その初めから薬草を使い、世界に守られて生きていくために香りを特別に 用いてきました。
 それはどんなに社会が変化しようと変わらず。
 科学という知恵が進んだ現代においてもきっとそう。
 そして未来は?
 香りを軸に、刻まれてきた世界中を眺めてみると、今いる私たちのこの場所と、受け取った香りがきっと違って見えると思います。
  ・精油を用いた化粧水づくり
  ・蜜蝋クリームづくり

     1959214_860345254018680_1914234722576265772_n.jpg


第4回 触れる

 アロマにはトリートメントというとても大切な用い方があります。
 植物のエッセンスを手に、自分に、目の前の誰かに触れること。
 生まれてずっと共にあるパートナーであるカラダは、自分の思いやこれまでや、取り巻く状況や、何もかもを知っていて、
 直接世界と交信している。
 そんなカラダに優しく話しかけてみる。そしてその声を聞き取ってみる。
 そんな風に意識を傾けてみたときに、愛にあふれたその存在に気づけたとき、
 きっと生きていく大きなヒントを得られると思います。
 ハンドトリートメントを実際に学んでいきます。
  ・香りの温湿布
  ・トリートメントのためのブレンドオイル

     13895314_1036543083065562_9207898841550080524_n.jpg






アロマ基礎講座
~精油の小瓶を片手に、豊かな世界の扉を開ける~

① 10/26(木) 10/29(日) 10/31(火)
② 11/9(木) 11/12(日) 11/14(火)
③ 11/23(木) 11/26(日) 11/28(火)
④ 12/7(木) 12/10(日) 12/12(火)

木.日 10:00~12:30
火   19:00~21:30

全4回 (各回の三つの日程は同じ内容ですので、ご都合に合わせてお選びいただけます)
各回の大まかな内容は追ってまたお知らせします。
4回通しての受講をおすすめしますが、各回でもお申し込みいただけます。

各回3800円
講義+ミニクラフト+ハーブティつき

お申し込みは棘まで。
メッセージまたはメールか電話にて、
ご連絡先を添えてお申し込みください。

yakusoulabotoge@gmail.com
052(880)7932

     IMG_9106.jpg




講師:  薬草labo.棘  原田 美輪
548576_406454776074399_1536815419_n.jpg


アロマセラピスト、NARDアロマインストラクター。
看護師として病棟、在宅、心療内科での勤務を経て、
安曇野にあるホリスティックリトリート「穂高養生園」にてアロマトリートメントとハーブに携わる。
「街暮らしの中にも、自然のリズムと力を取り戻せる場所を」との思いから、
2011より名古屋の古民家にてcafe&salon「薬草labo.棘」オープン。
本当に身体が喜ぶ食事づくりとアロマとハーブをライフワークに、
様々な人が行き交い、未来をよりよくしていくための上質なものが生み出される、
サロンのようなお店になればと日々精進中。
つきいち くらしの植物遊び


私たちの小さな日常を大切に。

高層マンションに住み、地下鉄に乗って街のオフィスでお仕事している方もいるかもしれない。
新興住宅地でやることに追われる毎日の方もいるかもしれない。

私たちの住むこのあたりは、大自然とは呼べない場所だけれど、
視線を止めれば沢山の小さな植物たちが、季節ごとにダイナミックに装いを変えて、
年ごとにその生命力をのぞかせてくれています。

そして、この大地の先の先の先にはいろんな土地があって、いろんな人たちが暮らしている。
みんなみんなつながっている。

月に一度
ここに集って、
草花の香りを思い切り吸い込んで、
その生きざまを学び取って、
そんな小さなくらしの一コマ一コマが、生きていくのに大きな力になってくれると、
それしかないと確信しています。

名前を変えたのは、私が先生になって教えるというイメージの「講座」ではなく
みんなで感じあう、学びあう、楽しみを分かち合う、そんな会だと思っているからです。

ハーブティや、ときにはおやつも楽しみながら、
いろんな方々のお話を交えながら、
手仕事に集中したり、香りを選んだりする穏やかな時間を。

毎月私が準備の時からとてもとても楽しみで、仕方ないのです。

どうぞご興味とご都合に合わせて、
ぜひぜひご参加お待ちしています。




2014年から「つきいち講座」という名前で続けてきましたお楽しみの会ですが、
これからは 「つきいち くらしの植物遊び」 と名前を変更して、2018年も楽しく続けていこうと思っています。
(呼び方は変わらず「〇〇月のつきいち」とどうぞ。)









つきいち くらしの植物遊び


2017
11月 縄文の暮らしとどんぐりクッキー
「大地を使って食べ物を育てる」ことと、「大地の食べ物をいただく」こと。
農耕以前の世界とは、世界に対する自分の身の置きようが、とらえ方がまるで違う世界。
与えられるものに感謝するという縄文のありかたに思いをはせて、縄文風どんぐりクッキーに挑戦してみます。
     ① 11/16(木) ②11/16(木) ③11/19(日)
    
12月 年を収めて 年を迎える
年の終わりのために煙をいぶして浄化するためのちいさなドライブーケ作りと
年の初めのためにお屠蘇の元「屠蘇散」調合。
そして恒例のハーバルクリスマスティーパーティです。
     ① 12/14(木) ②12/14(木) ③12/17(日)

2018
1月 心に触れる 身体に触れる
生きているとは肉体を持っているということ。心がどうにもならないと感じた時、助けてくれるのはきっと肉体。「触れること」という切り口で再び鬱について考えていきたいと思います。
精油やオイルを使った小さな触れる会です。
     ① 1/25(木) ②1/25(木) ③1/28(日)

2月 香りと音と
香りを表現するのは難しい。言葉でなく音で表現してみたら?
ピアノや太鼓を使って、音で伝え合ってみる。
そして、指一本でできて、絶対に合わせられる黒鍵連弾の楽しみも。
     ① 2/22(木) ②2/22(木) ③2/25(日)

3月 野草料理の会
春がやってきました。この時期恒例の野草料理の会です。  
どこにでもある身近な雑草を使って、みんなでお料理してテーブルを囲む。
とっても楽しい時間です。
     ① 3/22(木) ②3/22(木) ③3/25(日)

4月 ハーブの基礎
ハーブがなぜ人の役に立ってくれるのか。植物の持つ薬効成分について、実際に試食試飲をしてみながら、その力をひとつ    づつ学び、感じていけたらと。
     ① 4/19(木) ②4/19(木) ③4/21(日)

5月 バラの世界
乙女のためのバラの会。世界中のいろんなバラを並べて香り比べ。
バラだけのブレンドティ、そしてローズウォーターの化粧水づくり。
     ① 5/24(木) ②5/24(木) ③5/27(日)

6月 真夏の世の夢 ~夏至の前夜のハーブ摘み~ 
妖精パックが作った惚れ薬は思いもよらない大騒動に…夏至の前夜、薬草には魔法が宿る。
そんな伝説や物語を追ってみます。
ハーブの花冠を作って、そしてそしてシェイクスピアの謳う惚れ薬をちょっと試してみたいと思います。ドキドキ。
     ① 6/21(木) ②6/21(木) ③6/24(日)

7月 野の花のトントン染め
ツユクサ、サクラソウ、藍の葉、…小さな野の草花を紙にトントンたたいて、カードや便せんを作ってみようと思います。
紙には繊細に、その姿が写し取られるのです。
そして香りを閉じ込めた文香づくりも。
夏のお便り。
     ① 7/26(木) ②7/26(木) ③7/29(日)

     ① 10:00~12:30頃
     ② 19:00~21:30頃
     ③ 10:00~12:30頃

受講料:3500円(ハーブティつき・材料費込み)
①~③は同じ内容となります。ご都合の良い日程でお申し込みください。
連続でも各回ごとでもお申込みいただけます。
持ち物は基本的に筆記用具で大丈夫です。
お申し込みは棘まで FBメッセージ・お電話・メールにて、ご連絡先を添えてお申し込みください。
Tel:052(880)7932  yakusoulabotoge@gmail.com
お支払いは当日、開始時にお願いいたします。


     8月

     20663936_1499410270105909_5550402564069410424_n.jpg


    13932841_1036543146398889_2328956535858874804_n.jpg



     20638809_1499410303439239_7173669454633232570_n.jpg


     1931227_988486801198261_3614523379747992692_n.jpg


 薬草labo.棘  原田 美輪

アロマセラピスト、NARDアロマインストラクター。
看護師として病棟、在宅、心療内科での勤務を経て、
安曇野にあるホリスティックリトリート「穂高養生園」にてアロマトリートメントとハーブに携わる。
「街暮らしの中にも、自然のリズムと力を取り戻せる場所を」との思いから、
2011より名古屋の古民家にてcafe&salon「薬草labo.棘」オープン。
本当に身体が喜ぶ食事づくりとアロマとハーブをライフワークに、
様々な人が行き交い、未来をよりよくしていくための上質なものが生み出される、
サロンのようなお店になればと日々精進中。